アニメ

ノーガンズ ライフ/動画/4話3話2話1話をフル無料視聴アニメ/見逃し配信/再放送

ノーガンズ ライフ/動画/4話3話2話1話をフル無料視聴アニメ/見逃し配信/再放送

 

2019年10月31日25時30分からTBSテレビで『ノー・ガンズ・ライフ「引き金」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話
 

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話 /番組内容

 

身体を機械化された「拡張者」。自身も頭部が銃の拡張者・乾十三は、拡張者が引き起こす問題を解決する処理屋を生業としていた。硝煙漂い銃口が語るSFハードボイルド!

番組内容
アンとエンデの二人の少女はベリューレン社の命を受けた拡張者だった。カニンガムは二人が役割を果たせなかったことに不満を持つが、そこに現れた鉄朗の姿を見て、十三の「中」が鉄朗だと知り、歓喜に身をよじる。十三に対する本来の目的のため、カニンガムはエンデの自我を奪うことで、暴走させる。暴走拡張者となったエンデを、鉄朗はハルモニエで遠隔操作しようと試みるが、彼自身も限界を迎えていた。

 

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話 キャスト

 

乾十三:諏訪部順一 荒吐鉄朗:山下大輝 メアリー・シュタインベルグ:沼倉愛美

 

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話ストーリー性

 
多分…普通に生きてると”興味が無い情報”って目の前を横切る事ってあるよねぇ。

そんな、日常で”弾にある”ケースですと。

「NO・眼中・ライフ!?」

見過ごすケースって…多いかも知れないけれども。

「ノー・ガンズ・ライフ⤴」

ミスGO素では済まない…異色で”頭に移植された銃の男”には、ハートボイルされる中年となる今ってさぁ。

「YOU出る!?」

もう…ムシは不可能なる”ガン見のガンマン”が、アニメで出ると驚きなんでねぇ。

「無視じゃない蒸し!?」

料理の手順を習うみたいに、銃の頭を持つ彼に”両立の手銃”も…習うより慣れよで教わりますぞぃ。

疑問が生まれる世界観ですが…記憶が埋もれる過去にしない粋様がカッコイイっす。

「身体機能拡張技術!?」

戦時中に開発されたと言う技術でさぁ。

「体の一部を機械化!?」

主人公・乾十三…彼もまた”拡張者”と呼ばれる存在なんだけれども。

「頭が銃!?」

普通思考では生きてはいけない気がする…即”独特の存在”に疑問が湧いたおじさんはさぁ。

「速読!?」

原作を読んでみる…速読風だけど”速度ふぅ”で、遅い読みではあったけどねぇ。

「成るホント!?」

未来では…不思議じゃない気がしてる”成るほどTHE悪い度”の世界観に馴染んでしまったからさぁ。

「己が生き延びる術も⤵」

おのれ~で…入り込んだ危険な世界を生き抜く術を知りたい”弾丸=願い”も込めた乾燥としますぞぃ。

…感想じゃない乾燥は意味シーンがあるから⤵。

放送地域、放送時間

TBSテレビ
3019年10月10日(木曜日)深夜1:38~

人間思考部分が残るから…ストーリーに”魅力&無力”を感じる不安・ファン心理になるぞぃ。

 

波乱が…おじさんは”マッチ受け入れそうな”ストーリー展開ではねぇ。

「生身と拡張者が共存する!?」

非常に興味が湧いてくるし…生身の人間って”直観では弱者”とも言えそうですけどね。

「強敵なのか!?」

互いを煙たがる存在とする流れは吸い寄せられる魅力となるし…一見、不利に感じる生身の戦術的思考なんさぁ。

「墓行き兵器⤵」

破壊平気そうな肉体でも…人の弱さを知る戦術なんて”完全武装”しても、勝ち目がない流れも覗いてしまったからさぁ。

「完敗武装にも!?」

なるかもと予想してる…拡張者とは”魅力と無力”を兼ね備えた存在と認識してますぞぃ。

となると⤴。

最強の敵とは…生身の思考を駆使する”拡張者の存在を駆逐する”世界の人間が敵になると想像しますと~。

「応援するのは乾十三⤴」

ぜひ…顔は銃だが”柔軟思考”で応援して欲しい、見た目に騙されない世界の行く末を知って生きましょうぞぃ。

十三と友になり⤴。

ハードボイルドを”撃ち出した”魅力を…「弾丸=魂」に込めて演じる声優さん達っす。

  

乾十三(諏訪部順一さん)

荒吐鉄郎(山下大輝さん)

メアリー・シュタインベルグ(沼倉愛美さん)

オリビエ・ファンデベルメ(日笠陽子さん)

クローネン・フォン・ヴォルフ(内田夕夜さん)

ヒュー・カニンガム(上田燿司さん)

クリスティーナ松崎(江原正士さん)

スカーレット・ゴズリング(高野真理佳さん)
 

拡張者が存在する社会を魅せる…我々に思考の拡張性を存分に体感させる製作者っす。

 

原作:カラスマタスクさん 主人公の衝撃のビジュアルに、違和感より”良い話巻”で愛読者を増やし続ける漫画家さんです。

監督:伊藤尚従さん

シリーズ構成:菅原雪江さん

キャラクターデザイン:筱雅律さん

メカニックデザイン:出雲重機さん

プロップデザイン:竹内杏子さん

総作画監督:筱雅律さん・土屋佳さん

色彩設計:堀川佳典さん

映像演出・VFXスーパーバイザー:加藤道哉さん

CG監督:設楽友久さん

撮影監督:川上裕樹さん・井関大智さん

編集:木村佳史子さん

音楽:川井憲次さん

音響監督:郷文裕貴さん

音響効果:山谷尚人さん

OPテーマ:浅井健一さん「MOTOR CITY」

EDテーマ:DATSさん「GameOver」

妄想で拡張者になってみる…腕のケースは”コブラ”であるから、笑いの腕・拡張者になるっす⤴。

どうせなら…イケメン顔の拡張者になるのも考えたけれど。

「美容調整者!?」

どうも…アニメの世界感とは言えない”美のカリスマ頼み”なら、リアル且つ勝者に成れそうなんでねぇ。

「腕を最高願に⤴」

サイコガンだと…皆が迷惑すると感じる”危険と隣り合わせ”の人生になるからさあ。

「笑い腕が拡張者に!?」

こうなると新展開でして。

笑いの意見と隣り合わせ…いや”笑いの意見は左手任せ”となり、永遠なる笑いの帝王として君臨デキる男が完成なんでねぇ。

「やるか!?」

…いや出来ない⤵。

そんな妄想する位なら…地道の笑いネタ拡散者になる事を目指すべきと”己の笑いの腕に言う”寂しき独り言でしたっと。

表情が分かるキャラから…乾十三の怒りや悲しみを味わえそうな魅力で、ふと涙は”乾”かないかも。

  

このタイトルに込めた重要人物って。

「荒吐鉄郎!」

あえては説明はしない今…ストーリーで会えれば分かる”乾十三の涙の代弁者”にも捉えて頂けるとさぁ。

「乾無量!?」

泣くことが無いと感じる男…心の叫びが染み渡る魅力をサポートする”犬いる13歳”の少年時代の中年でしたっと。

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話視聴者の声

「ノー・ガンズ・ライフ」ちょっと奇抜に見えますが、結構オーソドックスなタイプのドラマなのではないかと思います。
依頼人と契約して事件を解決するタイプのトラブルシューターの話。

ハードボイルドな私立探偵が奮戦する話。

物語の背景は見てみないとなんとも言えませんが、人間よりも大幅に強い人達が跋扈する世界の話。少しサイバーパンクを思い出しました。SFが少し混じったハードボイルドミステリ。

男らしい、かっこいい主人公が見られる話は貴重です。この話には萌えキャラみたいな存在が出てこない様子。

昔の時代を感じさせる世界では萌えキャラみたいな存在は扱いに困るでしょうからね。

少し主人公の頭部のデザインは奇抜ですが、その分冷徹な感じがしてかっこいいです。

一体何を隠しているのか分からない凄みがあります。

乾十三の声は諏訪部順一さんで、ムービーを見たところ重厚感のある声がぴったりとはまっていました。

ムービーを見た感じではとにかく強いです。私は原作を読んでいませんが、弱い部分を見せないタイプの主人公なのでしょう。掲載誌はウルトラジャンプだと言うことです。

昔から作品のビジュアルにかなりこだわるタイプの作品を掲載する雑誌です。

絵の技術とスタイルに力が入った作品がアニメ化されてどうなるのか気になります。

制作はマッドハウスです。

アニメに詳しくない私でも知っている製作会社で、品質の高い作品を作ることが多い印象があります。

ムービーを見ましたが、少し気温の低さを感じさせる内容でした。

このアニメのちょっと良いところは乾十三が喫煙をするところです。

頭の形状が拳銃に近いので本当に吸うのかどうかは分かりませんが、タバコに火をつける動作にはきちんとしたリアリティーがありました。私は今は喫煙者ではありません。色々うるさくなる中でもタバコの描写などは大事にして欲しいと思います。あれはあれは小さな悪徳で、人間の不合理な面を表すのにぴったりですから。

それにしても「ノー・ガンズ・ライフ」の背景は相当昔の時代を思わせますね。

住人たちがあまり快適に暮らしているとは思えません。私はレイモンド・チャンドラーなどのハードボイルドをどうしても思い出してしました。

ムービーを見る限り乾十三はちょっと超人過ぎますが、この作品が品良くかっこいいハードボイルドに仕上がっていたら嬉しいです。

最後に浅井健一さんが音楽ををやっているみたいですね。

私はブランキージェットシティーの時代から浅井健一さんが大好きなので、どんな曲が仕上がってくるのかとても楽しみにしています。

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話ネタバレ/感想

日本アニメの誇れるところとして挙げられるのは、「登場人物の心理描写が上手い」というところだとおもいます。

海外のアニメの場合、例えば、主人公がイライラする場面だと、「ちくしょう、あいつめ」といったニュアンスのフレーズが入ります。

つまり、誰が観ても、主人公はイライラしているんだな、とわかります。

しかし、日本アニメの場合、多くを語りません。

顔のパーツの動き、例えば唇を噛み締めたり、で表現したり、または、路上の空き缶を蹴飛ばしたり、はたまた、背中だけで苛立ちを表現したりします。

つまり、観る人に「より多くを想像させる」のです。主人公は、誰にイライラしているのか、悲しみに似たような感情なのか、誰にも言えないものを心に押し殺しているのか、そのような事を想像させてくれます。

これは、日本アニメだからというだけでなく、日本文化から来ているとおもいます。

日本人は、相手に敬意を表し、多くを語らず思いやりの心を持って行動する、そして、相手の立場に立って考えること、を大切にしてきました。

自己主張を良しとする海外文化とは違うのです。

そんな繊細な日本の国民性が、「必要以上に、感情の描写をしない」という日本アニメの特徴に現れているのではないでしょうか。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズライフ/動画/4話3話2話1話