ドラマ

相棒18/5話 動画/5話/11月6日/感想やネタバレ/無料視聴2019/見逃し配信再放送

相棒18/5話/動画/5話/11月6日無料視聴2019/見逃し配信/再放送

 

2019年11月6日21時からテレビ朝日で『相棒 season 18 テレビ朝日開局60周年記念』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

相棒18/5話/動画/5話/11月6日無料視聴
 

相棒18/5話/動画youtube/5話/11月6日番組内容

 

 

殺人犯は冠城亘がかつて愛した女!?行方をくらました謎だらけの“元恋人”の正体に特命係が迫る!!

◇番組内容
第5話
「さらば愛しき人よ」 『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が毒殺され、なんと現場から亘(反町隆史)の写真が発見された。捜査一課に事情を聞かれた亘は、スノウの正体は別人で、竹田ユキ(佐藤江梨子)という元恋人だと証言。ユキが姿を消していることから、捜査一課は行方を追い始める。亘はユキと出会ったコーヒー店を数年ぶりに訪れる。事件に興味を持った右京(水谷豊)も、そこに合流し…

亘の元恋人である竹田ユキの秘密が解明されるようです。殺害されたのは人気覆面詩人「スノウ」を名乗る女性でしたが、その女性は本当の「スノウ」ではなく、亘の元恋人のユキこそが「スノウ」であることが明るみに出たことから話が始まるようです。

そもそも「覆面詩人」という肩書きが謎ですが、なぜ殺害されたユキの同居人がそれを名乗っていたのかが第一の謎です。

そして第二の謎は、当の本人が行方不明になっていることです。

そのせいでユキは、容疑者として行方を追われる事になってしまうようです。

さらに、殺害現場から亘の写真が見つかったことが第三の謎で、これらのことからユキという人物がとても謎めいた存在であるといえます。この人物の本当の姿を、右京と亘が解明していく様子を見るのがとても楽しみです。

亘はロマンチストなプレイボーイのイメージがあります。そんな亘がユキとの思い出のコーヒー店を訪れる場面があるようですが、二人が当時どのような恋人同士だったのかということにも興味があります。

はたして本当にユキは殺人を犯してしまったのでしょうか。

この殺人事件の裏に隠されたもう一つの事件とは何なのでしょうか。放送を見るのが今からとても楽しみです。

 

相棒season18 キャスト

 

水谷豊、反町隆史 川原和久、山中崇史、山西惇、浅利陽介、田中隆三

ゲスト
佐藤江梨子、水橋研二

 

相棒18/5話/動画/5話/11月6日無料視聴ストーリー性

5話では亘の元カノの話になります。スノウというペンネームを持つ人気の覆面詩人が青酸カリで中毒死してしまう事件が発生します。しかしながら、本当のスノウの正体は亘の元彼女である竹田ユキだったのです。

亘の元彼女であったのは、現場で亘の写真を発見されたからで、それによって亘が捜査で色々、聞かれるはめになるのは当然のことになります。

もっとも青酸カリの中毒死で殺された女性と竹田ユキは同居の関係があり、しかも事件後にユキが行方をくらましていることから捜査一課は容疑者で指名手配を行っています。

亘もユキの居場所を掴むため、よく行っていた馴染みの喫茶店に足を運び、店主に連絡先を教えて貰いに行きます。

そこへ右京も合流し、中毒死した女性がなぜスノウを名乗っているのか不可解な点もありますが、それは出版社とのトラブルがあったと判明します。実際に亘の過去の恋話も事件に関係をしていそうで、モテる男の辛さが感じられそうです。

また右京もどのように推理力を発揮し、この不可解な事件の結末をもたらすか目を離すことができないのは言うまでもありません。

たとえ自分の相棒である亘であってもその推理力と洞察力は失われずに、大いに発揮されるに間違いと楽しみにしています。

冠城の元の恋人が、殺人容疑者として浮かびあがることで冠城のかつての恋が見る事が出来ると言うのがとても楽しみです。

今までの相棒の中でも冠城の恋というようなテーマも回もありましたが、今回はとても謎めいた感じでどんな恋をしていたのかが気になります。
殺人現場になぜ冠城の写真が落ちていたのかも、気になります。

冠城に対して未練があったというような単純な理由ではなく、もっと深い訳がありそうで右京さんが落ちていた写真の謎をどう解明してくれるのかも楽しみになります。

事件と冠城のかつても恋がどう繋がって行くのかも、気になってしまいます。

相棒は、常に右京さんが名推理で解決してくれますが今回は右京さんの名推理に対して冠城がどんな反応をするのかも楽しみになります。

元恋人も覆面詩人という設定になっており、そもそも覆面詩人というのがどんな詩を書く人なのかも謎で早く見たくなってしまいます。

元恋人はどうやら、詩集の発行を巡ってトラブルを抱えていたのは分かりましたが、そのトラブルとは何なのかや今回冠城さんが元の彼女と最終的にどうなってしまうのかも早くドラマを見たくなります。

冠城の写真が殺人現場に落ちていたという面白い事件の結末が、早く知りたくなりました。
 

相棒18/5話/動画/5話/11月6日感想

テレビ朝日系列で放送されている『相棒 season 18』。

「テレビ朝日開局60周年記念」と銘打たれていますが、それ以上に凄まじく思えるのは「Season18」という数字ですね。

単発の2時間ドラマのシリーズ作品でも、18作品も作られる人気シリーズはなかなか出てこないものです。

そんな中、通常3ヶ月間にわたって放送される連続ドラマで、18作目が制作されるなんて凄まじすぎますね。ありえない話ですが、もし全話がぶっ通しで放送されていたら、4年と半年かかることになります。

1年間かけて放送されるNHKの大河ドラマをはるかに超えてしまっています。

「Season1」の放送開始が2002年ですから、もう17年にわたって続いていることになります。

それだけ持続して安定した人気を得ていることはもちろん、主演の水谷豊さんの安定した演技も驚異的です。

相棒役となる俳優さんは何人も入れ替わっていますが、それぞれに個性的な「相棒」を演じており、それが持続した人気に一役買っているようにも思えます。

今回の第5話では、反町隆史さん演じる亘の元恋人だった女性が事件に関わってくるということで、なかなか面白く目が離せないストーリーとなりそうです。

相棒18/5話/動画/5話/11月6日ネタバレ

毎回結末まで見ないと真相がわからないのが相棒でシナリオが秀逸で毎回楽しみです。

今回は冠城(反町隆史)の元彼女が出てくるようでいつもとはすこし違う展開になりそうですね。

青酸カリの中毒死で「スノウ」というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が殺害され現場から冠城の写真が発見されたため伊丹たちに冠城が事情を聞かれるとあります。

この事情聴取みたいなのは嫌味言われたりしながら聞かれそうで楽しみですね。伊丹(川原和久)が右京(水谷豊)と冠城の弱味を握りたいようなところがあるんで気になる場面です。

スノウの正体は遺体で発見された女性ではなく竹田ユキ(佐藤江梨子)という別人だった。

冠城が数年前に別れた恋人だった。ここからユキの連絡先を聞きに言ったり、スノウの正体であるユキの犯行の可能性を含めての捜査は面白くなりそうです。被害者がスノウを名乗っていた理由を含めても謎を説くのが多くて楽しみですね。

今の状況なら冠城の元恋人のユキが犯人になるのがセオリーかなとは思います。

ただ相棒がそんな簡単に見抜けるパターンはないんで新たな関係者が出てきて、その人が犯人じゃないかと予想していますが、ドラマを楽しみにしたいです。

相棒18/5話/動画/5話/11月6日

11月6日放送の『相棒シーズン18第5話』の見どころは亘の関係者から始まるちょっと違った角度も盛り込んだどこかミステリアスを感じさせるような構成、構図、亘がどういう風な展開を見せてくれるのかということ頃だと思います。

沈着冷静な右京さんも彼の頭脳や推理力などを駆使して事件の真相と出版社と被害者と姿を消したユキという人物との関係と亘と元恋人とのこと。

別れたのにどうして亘の写真を持っていたかという謎がどうい風に解明されていくのか、背景に何があったのかなど予告を見るだけでも見たいという興味を沸かせてくれるところが見どころの一つとまた、捜査一課の面々がどいう風に右京の手のひらで踊らされながら、振り回されながらも彼によって事件の解決と手柄を立てさせてくれる手段としても絶妙なやり取りも見どころの一つだと思います。

また、時々捜査2課の面々も顔を出していったりとその微妙かつ綿密な計算された演出がどうされるのか、シーズン1のような捜査一課と右京との不思議なかつ時々コミカルさがあったやり取りがされるのかなどシリアスな面とコミカルな面のバランスをどういうふうに織り込みながらも事件の解決の糸口を彼らがどうやって見つけていくのかというところも見どころだと思います。

まとめ

相棒はシーズン18ということで普通は長く続くと段々クオリティが落ちてくるんですが相棒は全く落ちないでまだ上がってるくらいじゃないかと感じます。

前回からの続きで北海道の天礼島での連続殺人事件はどう展開するのか楽しみです。

信頼と友好の館のメンバーが次々と殺されていき犯人が船越英一郎演じる岩田で間違いないという方向に向いていきます。

状況や周りの声から考えても岩田なんですが相棒がそんなセオリー通り決まるんだろうかと思っています。

相棒の面白さはどんでん返しなんで岩田は犯人ではないと考えます。

右京と冠城が信頼と友好の館の内部を捜索していたら片山雛子(木村佳乃)がとある協会の顧問を伝える週刊フォトスを見つける。

また面白くなる展開というか一筋縄ではいかない流れになってきてこれが相棒の真骨頂だと感じますね。ストーリーが深いというか何重にも重ねてくるのが見ていて面白い理由だと感じます。

右京と冠城は館のメンバーが利用していた漁師小屋で海上の船から発せられているモールス信号を目撃、解読の結果それがロシア語を意味するのではないかということに行き着く。

モールス信号がロシア語を意味するというまた新しく事件に関連するような証拠が出て来てまたややこしくするのが相棒です。

片山の顧問就任だけではなくロシア語のモールス信号まで入れてきて事件を複雑化するのが見てる視聴者を翻弄するように感じます。

特命係を追って天礼島に到着した捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)が合流。伊丹がまた右京に嫌味を言うのか1週間音信不通だったことから心配したという声をかけるかはちょっとした興味があります。

基本的には嫌味なんで死んだと思ったのに流石にしぶといですね的なコメントかなと予測しています。

右京と伊丹の絡みが結構好きなんで楽しみにしています。

このあと連続殺人事件の事態が急変し、岩田が館のメンバーの前に姿を現すとあります。

ここからがどうなるか楽しみですね。岩田がこのまま犯人ということは無いだろうし、事件の背景にある巨大権力やロシアからのメッセージというのもかなり意味があるということで相変わらず難しいですね。

ただ犯人は岩田の娘ミナ(北香那)じゃないのかなとは思っています。

船越英一郎と水谷豊、反町隆史の共演というのは良いですね。

3人で会話している場面が楽しみで期待しています。

バックナンバー

『相棒元旦編』ですが
右京の相棒だった神戸尊と現在の相棒である亘が、共演するので右京について二人であれこれと話すのが、楽しみです。ゲストの大地真央さんも楽しみです。

年齢を感じさせない若さもありきれいな女優さんだと思います。

歌姫の役ですが、大地真央さんは、宝塚の男役トップスターでありミュージカル女優としても活躍しているので歌を聴けると嬉しいです。今回の相棒は、世界的歌姫が、事件に巻き込まれるという設定が、面白そうです。

事件の話にマスコミなども騒ぎ右京達も事件を解決する前にマスコミ対応に追われそうです。

注目は、伊丹刑事です。伊丹刑事は、相棒シリーズで登場人物を好きになることが、あるので今回も歌姫である神崎に惚れてしまうシーンもありそうで楽しみです。神戸と伊丹刑事のトークも面白そうです。

相棒のお馴染のメンバーもスペシャルという事でそれぞれの見せ場もあると期待します。

右京と亘のアクションシーンもあると面白いです。右京は、強くて事件の際に戦う事もあるのでスペシャルでも亘と一緒に戦う所もみてみたいです。

今回は、青木も部屋にいるので神戸から話しかけられると思うのでその対面も楽しみです。
 

 
相棒18/5話/動画/5話/11月6日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)では見れないです

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

相棒18/5話/動画/5話/11月6日無料視聴