バラエティ

ソーイングビー 見逃し配信/再放送/第6回/11月7日/ /ジャケット対決/フル全話無料視聴/ nhk/eテレ/

ソーイングビー 見逃し配信/再放送/第6回/11月7日/ /ジャケット対決/フル全話無料視聴/ nhk/eテレ/

 

2019年11月7日21時からNHK Eテレで『ソーイング・ビー 第6回「ジャケット対決」』が放送されます

 

ソーイングビーnhk/eテレ/見逃した配信/再放送/見逃した配信//無料視聴/11月7日/第6回ジャケット対決~

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 第6回 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/11月7日/第6回ジャケット対決~~
 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/11月7日/第6回ジャケット対決~番組内容

 

英BBCで放送された、裁縫バトル番組「ソーイング・ビー」の日本語版。全土から集められた出場者が、アマチュアいちの裁縫名人の座をかけて次々と課せられる難題に挑む。

番組内容
イギリス全土から集められたアマチュアの裁縫自慢たちが腕を競い、厳しい審査を勝ち残ってチャンピオンの座を目指す。今回は「既製品のドレスをリメイク」に続き、採寸したモデルにフィットする「ジャケット」を作る。そして、前回からの3アイテムを総合評価して脱落者が発表され、いよいよ決勝進出者が決まる。▽英BBCで放送された「裁縫バトル番組」の日本語版。放送2回ごとに3つの作品を作り、総合評価で退場者が決まる。

ソーイング・ビー キャスト

 


四宮豪,小松由佳,庄司まり,中務貴幸,山口協佳,伊沢磨紀,池田朋子

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 /11月7日/第6回ワンピース フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ対決~の視聴者評価

 
ソーイング・ビーの6回目の放送はジャケット対決ということです。

この番組ははっきり言って見る人を選ぶ番組であり、万人受けはしないと思います。

しかし裁縫に興味がある人や、バトルを見ると燃えるという人にとってはハマる番組であることは間違いありません。

段々課題が難しくなって来たように思います。

ジャケットって作るのが難しいと思いませんか。

裁縫名人たちにとっては別にそうでもないのでしょうか。

私は人形の服を趣味で作っているのですが、ジャケットはどうしても作れません。

型紙を見てもちんぷんかんぷんなので、結局自己流のやり方でテーラードジャケットなどを作ってしまいます。

ただ自分の好きなジャケットを作るのではなくて、モデルさんにフィットする物を作らなければならないということで、そのような部分も細かく点数が決まるのでしょうね。

勝手ながらイギリスの人ってセンスが良さそうですよね。

私はイギリスのパンク系のジャケットに胸がときめきます。

どんなジャケットを作るのかはまだわからないですが、素敵なジャケットが見れたら嬉しいです。

ソーイング・ビーは洋服作りの世界のオリンピックだと思います。

みんな優勝者になる為に全力で勝負しているのが格好いいです。

これはまた面白いところに目を付けたなと思って、タイトルを読んでいました。裁縫というと、地味なイメージがあったからです。

でも内容を読んでみてびっくりです。

ドレスやジャケットを縫うということは、もう裁縫っていうレベルではないじゃないですか。

まず、このネーミングと実際の内容のギャップが面白くて、それだけで興味を抱いてしまいました。

前回は既製品のドレスをリメイクしたとのことで、これは見たかったなーと思いました。

全英から集まったアマチュアということで、おそらく日本でいうお洒落なファッション系の専門学校生的なタイプも出場したりして、その奇抜なアイディアで凄く素敵なものが作れたんだろうなあと思います。

そのイメージのまま、ジャケットですから、これはまた良いものが作られるのではないでしょうか。

ジャケットって、なかなか既製品だとフィットするものってないですもんね。

それを装飾も含めてモデルに一番合ったものを作るわけですから、どんなアイディアが飛び出てくるのかとワクワクします。

プロ並みの裁縫ができる人たちが作るものって、本当に魔法みたいで、芸術的だと思います。

特に人間のカーブに沿ったラインが出来上がったものを見るだけで、ぞくぞくします。それが30分間も見られるのはとても良いです。

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信/11月7日/第6回ジャケット対決~みんなの感想

 

イギリス全土から、アマチュアの縫合自慢が集まって縫合名人を競う番組です。

課題を3つ与えられ、それをクリアできるか否かで、縫合の腕を競い合います。

第1回は「スカート対決」、第2回は「ワンピース対決」、第3回は「スラックス対決」、第4回は「ブラウス対決」、第5回は「こども服対決」でした。今回の6回目は「ジャケット対決」です。

過去の4回目と5回目は「NHKオンデマンドで視聴する」で見ることができます。

BBCで放映された「ソーイング・ビー」であることから、しっかりとした放送番組が放映した番組であることが分かります。

縫合に興味のある方は、外国人の縫合自慢はどんな縫合技術があり、どんなデザインの物が出来上がるのかという点で見ると面白いでしょう。

縫合に興味がなくても、ファッションに興味のある方は商品とは出ていない世界で一つのデザイン、ジャケットとはどういうものかに注目してみると面白いでしょう。

縫合やファッションに興味がなくても、課題をどう克服するかという感じで見るのも面白いです。

日本の番組のフードバトル対決という感じで、「すごい人が世界にはいるものだ」と感心しながら見るのも面白いです。
 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信まとめ

 
イギリスで放送されたものをわざわざ日本語に吹き替えをして、日本語版で放送するくらいなのですから本土ではかなり人気があり面白いと評判の番組なんだろうなと期待してしまいます。

30分と短い時間だが21時からスタートなので時間的にも見やすいですし、30分の間にどのようなドラマが繰り広げられるのか、想像するだけで楽しそうです。

戦っているのがプロではなく裁縫の腕に自信のあるアマチュアの人たちであるというところも、戦う人たちを身近に感じられて感情引入しやすく見入ってしまいそうです。

ジャケットなんて作ったことなどないけれど、アマチュアの人たちが作るのを見てすごいなとその技術に関心し、裁縫の魅力や楽しさをテレビを通して知ることができそうです。

また、今回の第六回目で決勝進出者が決まるので、番組的にも非常に重要な回でいろんなドラマが生まれそうな点も楽しみです。

きっと見ているうちにこの人を応援したいという人ができて、知らず知らずのうちにテレビに釘づけになって、テレビの中の人と一緒に泣いたり喜んだりしてしまっているんだろうなと感じます。

自分にはできないだろう次元の事を一生懸命やっている人たちを見て、応援したり感動したりできる面白そうな番組です。
 

第6回「ジャケット対決」で一番楽しみなのは、もちろん「皆さんがどんな柄や性質の生地を選び、どんなこだわりを持ってジャケットを作られるのかな」という部分です。

裁縫の心得がない私でも「そういうもんなんだ〜」と思いながらドキドキして見ています。一方、陰で期待しているのは「今回も何か”番狂わせ”があったら面白いのにな」ということです。

過去のワンピース対決の時にも、皆がそれぞれにテーマとスタンスを定め、こだわりを持ち、生地を選んだり、工夫したり、ひと手間かけたり、各々が持っているものを活かして制作されていました。

けれど時間が経過すると、余裕のある方、余裕のない方「経験の差」も現れてきて、結果が想像できてきた…と思っていました。

ところが蓋を開ければ、モデルの体型に合わせて型紙を作り替えなかった、当時落選候補になっていたマークのワンピースが一番の評価だったんです。

なので、ジャケット対決でもこういう番狂わせが起きると面白いなと期待しています。

また、もちろん第5回目の最後で途中になっている「既成のワンピースのアレンジ」対決の行方も気になります。「既製品のリメイク」はシロウトの自分は簡単そうに考えてしまいますが、実際に見ていると意外と難しいんだろうなと思います。

限られた時間の中でどれだけの作業を盛り込めるか、しっかり見極める必要があるようですね。

さらに、数回視聴を重ねてくると、それぞれの登場人物のキャラクターがハッキリしてきます。

割と辛辣な言葉をかけてくる審査員の方と、それをかわしたり、おしだまったり、ユーモアで返したりする挑戦者との掛け合いも見ものです。

日本だったら、心が折れてしまって素になってしまうこともあるだろう状況の中で、ソーイングの実力の点ではプロとアマチュアという差があるとしても、人間としてはどちらにも優劣があるわけではない空気を感じます。

もちろん審査員の方は辛辣な言葉だけではなく、称賛の言葉やフォローの言葉もかけてこられるので、そうしたものとのバランスがあってのことだと思うのですが。

その背後には挑戦者の方がこれまでソーイングにかけてきた情熱というか、どれだけソーイングを愛しているかという部分も番組の中で取り上げられてきたのも大きいと思います。

視聴の回数を重ねるとそのような勝負の背景にある人間ドラマも意識して見られるのでより面白くなってきました。

バックナンバー情報

「スラックス対決」をするようですね!

うーん、難しそうですね!

スラックスの一番の難しいところは、やはりファスナーの部分でしょうね。

さすがに集められた参加者たちも、男性スラックスのファスナー部分の工程には、頭を悩ませるようですね。

スラックスどころかスカートでさえ作ったことのない私でも、きっとその部分は難しいだろうなぁと推測出来ますからね。

挑戦者たちなら尚更難しいことに、直ぐに気づくでしょう。

溜め息 が会場内を覆うような気がします。

しかしチャンピオンの座を勝ち取るためには、溜め息ばかりをついていても仕方ないですよね!

奮起して挑戦者たちは、スラックスを作り始めるようですが、果たしてうまく作れるのでしょうか?

しかし途中で失敗したときは、やり直せるのでしょうか?
もうそこで試合終了?

いやいや制限時間が設けてあるので、再度作り直せるのでしょうね。

もう一つの課題は、「既製品のスカートにポケットをつける。」だそうですね。

うーん、簡単なような、そうでないような、、。

取りあえずポケットを作るために、既製品のスカートの縫い合わせ部分の糸を取るところから始めるのでしょうか?

いや、そうしないとポケットをつけても使えませんものね。

やはりそうでしょうね。

それから新たにポケットの生地を型抜きしたものを、スカート生地ともう一枚のスカート生地の間に入れ込んでから、縫製すれば良いのかな?と想像は出来ますが、そんな単純な作業なのでしょうか?

もっと複雑な工程をするのかもしれないですね。

何たってチャンピオンの座をかけてですから。

あ!単にポケットをつけるだけでなく、何かしらの工夫をすることで、ライバルたちと差をつけるということなのでしょうか。

なかなか裁縫でも、奥が深い!

まさか日本で、裁縫の番組が出来上がってくるとは思わなかったので、驚きですが何だかんだとトラブルが起きて、面白い展開になっていきそうなので、視聴者を飽きさせないような番組作りになっていそうですね!

男性用スラックスでどうしたものか?と頭を悩まして、今度はスカートにポケットを作るのに制限時間内で、どれだけの工夫を凝らせるのか?で、焦らされて非常に挑戦者にとってはストレスマックスになるような番組内容になっていますね

是非、第三回目の「ソーイング・ビー」を見たいなぁと思いました。

楽しみにしています。
ソーイングビー/無料視聴/見逃し配信/再放送/ 11月7日/第6回ジャケット対決~youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信無料視聴/11月7日/第6回ジャケット対決~