スポーツ

クイーンズ駅伝/動画/ネット中継/2019 年11月24日/第39回インターネット配信ライブ配信/スマホ配信/無料視聴/パラビ

クイーンズ駅伝/動画/ネット中継/2019 年11月24日/第39回インターネット配信ライブ配信、スマホ配信/無料視聴/パラビ

 

2019年11月24日11時50分からTBSテレビで『女子駅伝日本一決定戦・クイーンズ駅伝2019~第39回全日本実業団女子駅伝』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信

 

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
/番組内容

 

11月24日(日)号砲の『クイーンズ駅伝2019』。東京五輪マラソン代表前田穂南や鈴木亜由子が出場する女子駅伝日本一決定戦

クイーンズ駅伝
コース:松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台 6区間42.195km 出場:22チーム シード権;上位8チームに来年度の出場権が与えられる 配信:動画配信サービスParavi(パラビ)でLIVE配信

みどころ
東京五輪マラソン代表前田穂南(天満屋)や鈴木亜由子(JP日本郵政グループ)をはじめ、日本トップクラスのランナーが女子駅伝日本一をかけ襷をつなぐ。 パナソニックの3連覇か、前田を中心に9年ぶりの日本一に挑む天満屋か、鈴木亜由子&世界陸上代表鍋島莉奈&スーパールーキー廣中璃梨佳を擁するJP日本郵政グループの女王奪還か!? 福士加代子が健在の名門ワコールか? 大混戦の女子駅伝日本一決定戦の行方は!?

 

クイーンズ駅伝2019 キャスト

 

実況・解説
解説  増田明美(放送センター)     千葉真子(1号車) 実況  新タ悦男ほか    

 

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
みどころ

一番の注目点はパナソニックの3連覇が実現するかどうかです。

パナソニックチームの中では特に3年目の渡邊菜々美選手が注目選手で、彼女は新人の一昨年、昨年と2年連続で区間賞を獲得していますが、今回新人から3年連続区間賞を獲得すれば日本人初の大記録となります。

昨年は、MGCで東京五輪マラソン代表となったJP日本郵政グループの鈴木亜由子選手に勝っての価値ある区間賞でしたが、今年も再現なるのか大注目です。

 また、MGCでマラソン代表となった、天満屋の前田穂南選手、JP日本郵政グループの鈴木亜由子選手がどんな走りを見せてくれるのか、も見逃せません。

彼女たちが所属する天満屋、JP日本郵政グループとも優勝を狙うメンバーの揃ったチームであり、どのように優勝争いにからんでくるのかという視点でも楽しみたいところです。

 変わったところでは、外国人選手が数多く走る4区で、日本人選手が活躍できるのか?という見方で注目するのも面白いです。

昨年は第一生命グループ飯野摩耶選手の区間5位が日本人最上位でしたが、今年はどうなるのでしょうか?

 そして、最後にシード権争いです。上位8チームにシード権が与えられますが、本大会で優勝経験があるものの今回シード権なしで出場する名門・三井住友海上、第一生命グループ、ユニバーサルエンターテインメントなどはシード権を獲得できるのかが注目されます。

 数々の見どころがあるクイーズ駅伝、楽しみに応援してまいりましょう。
 

クイーンズ駅伝動画2019年/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
視聴者評価

クイーンズ駅伝2019が24日に仙台の杜の都で開催されますが、実業団に所属する女子のトップランナーが出場し、駅伝女王をかけて熱い戦いをしてくれることを楽しみにしています。優勝候補として、まずは現在2連覇中のパナソニックがあげられます

。若いメンバーが揃っており、勢いと経験がついてきているパナソニックがどんなレースをしてくれるのか楽しみにしています。そのパナソニックに対抗するのが、トラック&マラソンで日本のトップランナーが在籍している日本郵政グループとマラソン選手が多く在籍し、昨年2位の天満屋が初優勝を飾るのかが注目されています。

優勝を狙うチームは実力は拮抗しているだけにレース展開次第で結果が大きく変わってくるのではないかと思います。駅伝は強いチームが勝つのではなく勝ったチームが強いので駅伝女王がどのチームになるのかとても楽しみです。

クイーンズ駅伝では、9月のMGCで東京オリンピックの出場を決めた前田穂南選手や鈴木亜由子選手、ルーキーの廣中璃梨佳選手、クイーンズ駅伝でおなじみの大ベテランの福士加代子選手がエントリーされており、区間賞をかけて彼女たちがどんな走りをしてくれるのか、また彼女たちを上回れるようなスター選手がでてきてくれることを期待したいと思います。

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
視聴者感想

 
今年はクィーンズ駅伝に限らず、実業団、箱根、高校駅伝ともどこが勝つのかわからない、まさに「戦国駅伝」だと思います。大学は青山学院大学が未だ勝てず、かわりに國學院大学が優勝したのが印象的でした。

クィーンズ駅伝も優勝争いと合わせて、シード争いも非常に厳しい戦いになると思います。

強豪・常連でもシード落ちする可能性もあるので、出遅れることが一番の痛手。

そういう意味からも、各チームの1区が非常に気になるところです。そのような点で注目している選手は日本郵政グループの廣中璃梨佳選手。

昨年は無名の長崎商業の高校生でありながら、全国都道府県女子駅伝の1区で区間賞を取ったのが印象的でした。

長崎県チームはそのあとも頑張りはしたものの、結果は入賞には届かず。それが余計に廣中選手を印象付ける結果になったと思います。

社会人になって、どれだけ強くなったか、見るのが楽しみであり、一番の楽しみです。個人的に頑張ってもらいたい選手はヤマダ電機の西原加純選手です。

クィーンズ駅伝に出場できるが、正直わかりませんが、彼女が佛教大学時代の大学女子駅伝の強さは今でも覚えています。

社会人となって、最初は順調でしたが、その後は怪我なのか、イップス?なのか、表舞台に出ることはなくなりました。

彼女も既に30歳。以前の強い走りでなくとも、まずは走れる姿を見たいと密かに期待しています。

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
結果など予想

今回の女子駅伝の注目は東京オリンピック女子マラソン代表の前田穂南と鈴木亜由子の走りにどうしても目がいってしまいます。

前田穂南は天満屋代表としてチームを引っ張る存在のようですが19年MGC1位の実力がどれほどのものか楽しみにしたいです。

ちょっと暗めな雰囲気の前田穂南は余計な事をあまり喋らないし淡々としてるところもマラソンランナーらしいのかなと思います。

MGC2位の鈴木亜由子もJP日本郵政グループとしてどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

ただ前田穂南、鈴木亜由子には注目するとしても今回は駅伝なんで総合力での勝負なんで今回は前回、前々回優勝しているパナソニックに注目しています。

史上4チーム目の3連覇を目指していてモチベーションも高そうだし総合力を含めても気になる存在で楽しみにしたいです。

パナソニックの安養寺監督もチーム全体の底上げが進み3連覇に向けて手応えを掴んでいるとあるんで今年もパナソニックの強さがみれそうな雰囲気です。

この駅伝の面白いところは42.195キロを6区に分けていますが、それぞれ走る距離が違うところです。

極端に違うんで1番短いのが3.6キロ、長いのが10.9キロということでチームの策略がものをいいそうで楽しみです。

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
ファンの声

女子駅伝の最高峰の大会で今年39回目を迎えます。

歴代の優勝回数は三井住友海上が7回、ワコールが5回、京セラが4回、OKIとデンソーが3回、リクルート、第一生命、パナソニックが2回となっていて、現在はパナソニックが2連覇中です。

3連覇を狙うパナソニック、新人の広中璃梨佳選手が加入したJP日本郵政グループ、長距離が強い天満屋、MGC出場の安藤友香選手がいるワコールの4チームが前評判が高いようです。

過去にはオリンピックのマラソンに日本代表で出場した選手も、出場したことがある伝統的な大会だけに、盛り上がりを見せています。

現在のコースは宮城県に移されました。宮城県では10月末に全日本大学女子駅伝も開催されているので、女子のトップランナーには宮城県は相当なじみの舞台と言えるのではないでしょうか。2000年と04年には、高橋尚子選手と野口みずき選手でオリンピックのマラソン連覇を果たしました。

長距離選手はたくさんいるので、来年のオリンピックではそれ以来のメダルが期待されております。

この大会を機に羽ばたく選手が出てほしいものです。もう一度、長距離王国を築いていただきたいです。注目のレースが間もなく開始されます。

クイーンズ駅伝2019/動画/11月24日/第39回/無料視聴/ライブ配信、スマホ配信
まとめ

 
女子実業団の駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝ですが、私は個人的に予選にあたるプリンセス駅伝をテレビで見ていたので、そこで出場権を獲得したチームがどのようなレースを見せてくれるのか楽しみにしています。

個人的な注目チームを挙げるとプリンセス駅伝優勝チームの積水化学を挙げることが出来ます。

チーム全体のバランスが取れており、大崩れしないレース運びで予選を制しました。

突出したエースは不在ですが、チーム力で上位進出をしてくるのではないか、と見ています。

また、常連チームでいうならば三井住友海上がチーム力、層の厚さは確かだと思います。

エース岡本をはじめ、プリンセス駅伝二区区間賞の田邊、同じく4区2位のカマウと実力派が揃うチームです。

プリンセス駅伝では3位に甘んじましたが、クイーンズ駅伝では優勝候補と言えると思います。

個人を注目していくと日本郵政グループの鈴木選手、第一生命グループの上原選手といった代表候補選手の走り、また起用される区間も気になるところです。

有力な選手の走りで大きく順位変動が起きるのが駅伝の面白いところ、当初の予想を覆してしまうような波乱は起きるのか?

はたまた有力チームが勝つのか?期待して見たいと思います。
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

クイーンズ駅伝2019