スポーツ

NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴

NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴

 

2019年11月23日19時30分からNHK総合で『2019 NHK杯フィギュア「男子シングル フリー」』が放送されます

 

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴につきましては

下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴
 

NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴 /番組内容

 

出場予定選手 羽生結弦(日本)、島田高志郎(日本)、山本草太(日本)、オーゼル(カナダ)、サドフスキー(カナダ)、エイモズ(フランス)、ビチェンコ(イスラエル)、イグナトフ(ロシア)、ボロノフ(ロシア)、シュレポフ(ロシア)、ブラウン(アメリカ)、樋渡知樹(アメリカ) <副音声は場内音声のみ> ~札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナから中継~

 

NHK杯フィギュア キャスト

 

解説
本田武史,

アナウンサー
船岡久嗣

 

NHK杯フィギュア/2019年動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴ストーリー性

2019年NHK杯フィギアが11月22日23日24日までの二日間行われる。フィギアスケートという名前を目にしたり耳にしたりするとどんなイメージを持つだろうか。

数あるスポーツの中でも勝敗がわかりにくいスポーツの一つという印象を個人的には持つ。

美しさ、知性、持久力、そういった要素を兼ね備えるスポーツにプロの審査員によって点がつけられ競われていく。

それを鑑賞する観客や視聴者は果たしてどんなものが芸術性にあふれるスポーツなのかという事を目にする機会に恵まれる。

コスチューム、音楽の選曲、パフォーマンス、身体の柔らかさ、美しさ、表情そういったことも審査の対象となるフィギア、ここ数年の日本のフィギア界で
大体の人が知っている日本人選手は2014年に行われたソチオリンピックで一位、その四年後に行われたピョンチャンオリンピックでも二連覇を果たした
羽生結弦選手だろう。

2017年に引退した浅田真央さんの如くフィギア界を盛り上げてくれる女性選手にも期待が溢れる。

様々なプレッシャーの中で戦い美しい空間を作り上げていくためにトレーニングを重ねてきたであろう、8人の日本人選手の努力に期待をし演技の美しさに魅了されたいと思う。
 

 

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴者の意見

羽生結弦選手の期待できるところはやっぱり怪我を負ったとしても這い上がってくる強さです。

それにかなりの確率で実力もあるので優勝してもらいたいです。

今は宇野昌磨選手のような次世代の若手がいる中でも決して埋まってしまう事なく今まで通り個人での実力を発揮してもらいたいなとも思っています。

まず1番に思うことは優勝してもらいたいことですが、優勝になるべく近い形にまで結果を残してもらえたら嬉しいです。

今年の平昌オリンピックの時のように宇野昌磨選手と一緒にワンツーフィニッシュというようにみんなが納得できる演技が出来ていたらいいなと期待しています。

特に羽生結弦選手は日本国内だけでなく、海外の方からの人気も絶大なのでその方たちの期待にもこれからもずっと期待にこたえてもらいたいとも感じます。

どんな状況下においてもましてや練習中での大怪我においても演技をやめることもなく大会に欠席することもなくファンにこたえている姿にも胸が打たれました。国民栄誉賞を受賞させたのにも誰も文句は言わないのも頷けるほどの努力家なのでまだ引退するにも時間がかかることはあるとは思いますが最後までずっとそして近いうちに行われる今季の大会での期待を今から膨らませようと思いました。

NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ファンの声

男子NHK杯「フィギュアスケート2019」の注目選手はやはり、羽生結弦選手です。

日本のいや世界の中心選手と言われる羽生結弦選手。日本のみならず世界のユズファンが彼の演技に期待をしていると思います。私もその1人です。高難度のジャンプをいとも簡単に跳んでいる姿は羽の付いた天使のように見れることもしばしば

今回の試合はどれほどの難易度の高い演技プログラムを見せて来るのか、そして4回転のコンビネーションが成功し、得点がどれほど伸びるのかがとても期待しています。

日本での開催ともあれば羽生結弦選手を応援するファンも多いですし、その声援も彼の演技にとってとても後押しするものとなるでしょう。また、羽生結弦選手の持ち味はジャンプだけではなく、スピン・ステップなど常に満点のレベル4を確実にとっている選手です。ジャンプ以外の演技力も注目したい点だと思います。そして羽生結弦選手の演技後のリンク内に大量に投げ込まれる黄色いプーさんがどれほど多いのかも注目の1つです。

また、羽生結弦選手以外の日本人選手も出場するとのことですし、応援していこうと思います。海外の選手ではジェイソン・ブラウン選手が個人的に好きなので彼の演技にも注目したいです。

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦選手について

 
羽生結弦選手は王子様みたいですね。でも、長年彼のドキュメンタリーなどを見ていて、東日本大震災のことや葛藤、怪我なと、計り知れない苦労があったことを知りました。人の気持ちや心の痛みに寄り添い、たくさんの人たちを励まし、支えている姿、人間性に惹かれます。

周りの人たちに与えたパワーが羽生結弦選手に戻っていることを試合などで感じますし、やはり持っている人だなと思わされる演技に毎回引き込まれてしまいます。

大きな怪我から8月にやっとジャンプ練習ができるまでに復帰してくれました。

周りの選手も目覚ましい成長をしている中での怪我は、悔しくて焦りもあったでしょう。

羽生結弦選手は、そんな自分を客観的に見て分析する能力があります。だから、試合の時には修正力が大きなドラマを引き起こします。

みんなに絶対王者と期待され、苦しい時もあるでしょう。怪我を乗り越えてフィギュアスケートが楽しいと思える演技をのびのびしてほしいです。

演技が終わると、闘いの顔つきから一人の青年の顔に戻り、ライバルを讃え、スポーツマンの真の魅力を見せてくれる羽生結弦選手を次世代の子供たちも見習っていくと思います。ユズルスマイルで、がんばってほしいです

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/みんなの感想

 
羽生選手の1番凄いところは「熱意」だと思います。

冬季オリンピックで2度も金メダルを取ったのに、まだまだチャレンジを続ける「熱意」。

目標としていた4回転半のジャンプも成功させて、年齢的にもそろそろ落ち着いていくのかな?と思いきや、
プログラムを完璧なものにするためにどんどん挑戦を続ける…根っからのアスリートです。

彼なら5回転でも跳べるんじゃ!?と思わせるほどの「熱意」を感じさせます。

ファンとしては彼の活躍が嬉しくもあり、無茶をしすぎるのが心配でもあり…

どうかケガなどせずに、長く長く素敵な演技を見せてほしいと願っています。

「表現力」これも羽生選手の魅力の1つだともいます。

羽生選手の最近のプログラム、去年に引き続いて演じている「秋によせて」と「Origin」はとても素晴らしいです。

ですが、私が1番好きなプログラムは2011年と2012年に演じていた「ロミオとジュリエット」。

ダントツに好きです。

当時はまだ16~17歳だった羽生選手ですが、この時から「表現力」は群を抜いていました。

美しいジャンプ、キレのあるステップ…表情、演技の全て…

後にも先にもこんなにも情熱的なロミオは見たことがありません。

ソチオリンピック、ピョンチャンオリンピックからファンになった方が多いかと思いますが、この頃の羽生選手もぜひみていただきたいです。

NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴まとめ

彼の魅力は絶対王者とも言うべき実力に裏付けされたスケートというのが魅力になっています。

見ての通り見栄えも良いのでそちらばかり目が行くということがあるでしょうが実際問題実力がなければこの手のスポーツというのは人気が出るということはありませんし、スポンサーがつくということもないわけで世界が認めた実力があるからこその存在感、といえるわけです。

彼は4歳の時からスケートを始めたそうです。

まさに人生がスケートと言うべきスポーツ選手であり、実力に裏付けされた評価と振る舞いをしているという点が人気になっているわけであると言えるでしょう。

近年になっていきなり実力、頭角を現してきたということではなく、ジュニアの頃から数々の表彰台に上がってきたわけです。

2012年にフランス・ニースで開催された世界選手権では、初出場で3位に入るという快挙を成し遂げたというほどの実力者です。

衝撃的なデビューと共に今後のフィギュアスケート界を引っ張っていく極めて重要な選手であるというのは間違いないことでしょう。

そうした実力に裏付けられた魅力となっているわけです。

そうしたことがあるからこそ、多くの人を惹き付けているといえるわけです。

 

総括

どんどん大人の魅力が増していく羽生結弦選手から目が離せません。今のところ、向かうところ敵なし、の状態なので、自分自身をどう高めていくかが見どころで、期待できるところだと思います。

カナダのトロント郊外オークビルで行われたオータム・クラシックで、ショートプログラムは2度のジャンプ失敗をしましたが最終的に優勝し感動しました。平昌五輪後、初めての実戦でSP・フリー共に新しいプログラムでした。

この2度のジャンプ失敗に対して「自分の実力不足」と感じている羽生結弦選手なので、これからきっと、この新しいプログラムに対応できる体づくりや技術向上を目指していってくれると思います。これを完璧に仕上げて、完璧な演技を披露してくれるのではないかな、と期待しています。

今や、日本男子のフィギュアスケートの代名詞である羽生結弦選手なので、これから先も先頭に立って、フィギュアスケート界全体を引っ張って行ってくれると思います。フィギュアスケート以外でも、何かと話題になり注目を浴びる羽生結弦選手なので、その姿をテレビたくさん見れることも期待しています。

これから始まる、フィギュアスケートグランプリシリーズを楽しみに、寒い冬を乗り越えたいと思います。

ペアについて

日本は男子シングル、女子シングルは世界のトップクラスを争うレベルにありますが、
ペアとアイスダンスにおいては目覚ましい活躍をする人がなかなか出ません。

これは男女シングルの隆盛を考えれば不思議なくらい、長い間出ていない。

ペアでは、1992年の世界選手権で銅メダルをとった高橋成美とマーヴィン・トラン組が唯一のメダリストです。

この高橋成美とマーヴィン・トラン組は、銅メダルも取ってこれから!という時に
オリンピック代表としてのマーヴィン・トランの日本国籍取得のハードルもあり、高橋成美の怪我もありで解散してしまいました。

私はこのペアの解散が当時残念で残念で……。今でもしつこく残念がっています。

その後、高橋成美が短期間ペアを組んだのが木原龍一。木原龍一はそれまでシングルスケーターだった人で、
全日本選手権などで見おぼえていた人なのでペア転向に驚きました。

しかしパートナーとしてしっくりくる組合せというのはなかなか稀有な存在なんでしょうね。

解散。お互いにパートナーを変え、再挑戦。を繰り返した後、高橋成美は引退してしまいました。

こういった経緯をたどっているので、期待という意味ではこれほど期待している存在はありません。

日本のペアの礎を築いて欲しい。これは期待というよりも願いです。

シングルとペアとでは体の使い方もだいぶ違うでしょう。ぺアでは女性をリフトしてスローしてという筋肉も必要とされる。

最初からペアをやっていた人よりもさらに木原龍一は苦労したと思います。

その苦労を今度こそ昇華させて欲しい。ペアは熟成に時間がかかるので、結成初年度ですぐに素晴らしい結果が出るとは思いませんが、
3年後に「日本のペアの種子になったのは三浦・木原ペアだった」と語られるような存在になって欲しいと思います。

三浦璃来選手と、木原龍一選手は、現役のフィギュアスケート選手で、現在ペアを組んでいます。

三浦璃来選手は兵庫県出身で、最初はシングル選手として活動していましたが、2015年に市橋翔哉選手とペアを組むようになりました。

市橋翔哉選手は2017年のメンタートルン杯で優勝するなど、国際的にもその実力を認められた選手です。

その市橋翔哉選手と7月にペアを解消し、直後の8月に新たにペアを組むことになったのが木原龍一です。

木原龍一選手も元々シングルスケーターで、2014年ソチ冬季オリンピック、2018年平昌冬季オリンピックに日本代表として続けて出場するベテラン選手。

4月にそれまでペアを組んでいた須崎海羽選手とのペア解消を発表し、今回三浦璃来と組むことになったのです。

三浦璃来選手はまだ17歳と若いですが、伸び盛りで将来性に満ち溢れた選手です。秘めているポテンシャルは相当なものでしょう。

そんな三浦璃来選手を支え導く相手として、27歳でベテランの木原龍一選手がペアの相手となったことは、より強力なペアの誕生を意味するのではないでしょうか?
今後、2人が国内外の大会への出場で実績を積みつつ、確実に力を養ってゆき、2022年の北京冬季オリンピックで活躍することを願っています。
 
NHK杯フィギュア/動画/2019年11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHK杯フィギュア/動画/11月23日/無料/羽生結弦/男子フリー/ライブ配信視聴