ドラマ

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2019年12月1日9時からテレビ朝日で『仮面ライダーゼロワン12/1』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送
 

仮面ライダーゼロワン 第13話/動画 13話12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送 予告動画

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送 /番組内容

 

第13話「ワタシの仕事は社長秘書」 新たなプログライズキーで或人はゼロワンシャイニングホッパーに変身、ドードーマギア改に立ち向かう。しかし簡単にその力をラーニングされ圧倒されると、イズを守るため攻撃を受けとめ、変身解除に追い込まれる。新たなキーがドードーマギア改にも通用せず、しかも或人は自分を庇って傷だらけに。責任を感じたイズは「私は社長秘書失格です」と自らを責める。

 

仮面ライダーゼロワン キャスト

 

仮面ライダーゼロワン/飛電或人(ひでん・あると):高橋文哉 仮面ライダーバルカン/不破諫(ふわ・いさむ):岡田龍太郎 イズ(いず):鶴嶋乃愛 仮面ライダーバルキリー/刃唯阿(やいば・ゆあ):井桁弘恵 迅(じん):中川大輔 滅(ほろび):砂川脩弥 福添准(ふくぞえ・じゅん)副社長:児嶋一哉飛電是之助(ひでん・これのすけ):西岡徳馬 飛電其雄(ひでん・それお):山本耕史 ザットの声:日高のり子 ナレーション:山寺宏一

◇ゲスト
ワズ・ナゾートク:辻本耕志 祭田ゼット:吉田快

 

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送あらすじ感想ネタバレ

 

どんどん強くなっていく暗殺ちゃん。それは仲間だった滅や迅の手におえない程にまで。

自分の意思を持ち行動するヒューマギアの暗殺ちゃんは気になる存在ですが、ついに13話ではそんな暗殺ちゃんとの決着がつくときが!ヒューマギアとしても彼は非常に興味深い存在でしたが、もしかして或人が彼を倒せるようなことがあればそれは勿体ないとさえ思えてしまいます。データも、キャラとしても。

暗殺ちゃんはどんな道をたどることになるのでしょう。

社長秘書イズの決断

13話ではイズに大きくスポットがあたる話になりそうですね。これまでクールだったイズにも葛藤などがみられるかもしれませんね。

仮面ライダーゼロワンに、可愛さや癒し、笑いももたらす優秀な社長秘書ヒューマギア。ゼロワンになくてはならないヒロイン!
それなのに予告でのイズがさよならを告げていて。そこにはどんな意味が込められているのかとても気になります。

社長秘書としてイズがどんなことを自分で考えて決断するのか。

13話ではイズが怒っているかのように感じられる描写もありましたが、やはりイズにも徐々に自我が芽生えだしてるように思えます。

それが今後どうストーリーに意味をもたらすのかも注目ですね!

頼もしいワズ

イズの兄のワズ、すごいですね!大活躍でした。つかみどころのない名探偵、キャラも良いですね。

警察が来たときに、バレずに或人にだけコンタクトをとるのも便利だし優秀。とても頼もしいヒューマギアでした。
それにしても或人の自称爆笑ギャグの傑作集、動画の際正数が少なくて笑えます。

これは不破さんみたことあるのでしょうか。知らなかったら是非みてほしいです。窒息してしまいますかね。

もしかしたらあの閲覧数、不破さん一人でみた回数だったりして…。

飛電インテリジェンスの社長に抜擢されたり、あんな形で記者会見をすることになったりあったので、話題になった人だけにもっと視聴数が高い動画もあっても良さそうな気もしますが、そこはさすがの或人。

福添副社長の児島さんも、コジマだよ!ならぬ福添だよ!が飛び出しましたね。

滅からの提案<>

これまで敵対し続けてきた滅だけど、ここにきて或人に提案をしてくるという13話。

今の状況を考えると暗殺ちゃんを倒すために一時休戦して協力して戦おうという内容が予想できますね。

それぞれに暗殺ちゃんが脅威になってしまっていますし。滅や迅は強いし暗殺ちゃんのことを分かっているので力を合わせれば力の面では頼もしいですよね。

人類を滅亡させようとするテロリストと飛電インテリジェンスが今協力するのは世間から飛電はテロリストとつながっていたと思われてしまいそうで心配でもあります。

だけど或人なら、沢山の人やヒューマギアを守るためには、それしか道がないのならとやむを得ず提案にのることを選びそうですね。

ここまで強くなって暴走する暗殺ちゃん、A.I.M.Sも戦う上で力を貸してくれることになるかもしれません。5人のライダーがひとつの敵に向かって協力して戦う展開だとしたら熱過ぎますね。

新たなプログライズキーを手にいれたけど

必死に警察の操作から逃げて新しいプログライズキーを手にできた或人でしたが、ワズが胸騒ぎを覚えたり、いざ使おうとしたときにはマンモスキーの方を或人にすすめたのはふせんになりそうですよね!そんなワズを否定して新たなプログライズキーをすすめたイズ。ワズの名推理ぶりをみた後にあのワズの感じをみるともう不安しかありません。

ピッカピカのバッタはどんなパワーなのか楽しみでもあります。本来ならここではシャイニングホッパーの活躍を純粋に期待したいところ。

暗殺ちゃんはさらに上手で或人たちを手こずらされる予感。或人達がどうやって止めるのでしょう。

 

前回からのまとめ

 
仮面ライダーゼロワンでは、謎の組織・ZAIAが登場します。

今回の話は前回の話の続きであり、俳優・大和田が、「俳優型ヒューマギアと演技をしていても芝居に厚みが感じられない」と話して、舞台の降板を話したことから始まります。俳優・大和田に対し、或人は、「会社のイメージアップも大事ですが、自分はヒューマギアに助けられたことがあります。」と懸命に説得を行い、徐々に大和田も心境の変化が現れます。しかし、その時に俳優型ヒューマギア・エンジが滅亡迅雷.netによってマギアへと暴走させられてしまいます。

そこにエイムズの刃がバルキリーへと変身して撃退したことにより事なきを得ますが、俳優型ヒューマギア・エンジは新たな個体となります。ドラマの中止もやむなしと考えていた頃、俳優の大和田が、ドラマの降板の話を取り消し、ドラマの続行が決定します。その理由として、大和田は「社長さんはヒューマギアに助けられたと言っていた。私も芝居に助けられたことがある。」と言って、或人の熱意ある説得に心動かされたからでした。

ドラマの続行の最中にエイムズの刃から話しかけられた或人は、刃からザイアの社長と会ってほしいと言われます。

そこで或人は、ザイアの社長から、「飛電インテリジェンスを売ってほしい」と持ち掛けられ、さらに、「迷っているならば、早めに決断した方が良い。」と言われ、意図が分からず困惑します。ドラマの制作現場に戻った或人は、暗殺型ヒューマギアが俳優の大和田を撃ち、倒れているところを目撃します。絶対に許さないとして或人は、滅亡迅雷netの滅に立ち向かいますが、相手の強さに圧倒されてしまいます。

またニュースでは、飛電インテリジェンスのヒューマギアが人を撃ったという放送が流れ、警察が飛電インテリジェンスに押し寄せたところで話は終わりますが、或人はザイアの社長がこのことを予見していたのではないかと疑問に思い、その狙いは何なのかということに脅威を感じます。

以前からもエイムズの刃が話す謎の男の描写が頻繁に出ていましたが、今回はその謎の男が所属する組織も明らかとなりました。果たしてザイアの社長の目的とは何なのかという点が次回も気になるところです。

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日までのみどころ

当初のみどころからするとキーワードを述べるのであれば「漫画家と情熱」でしょうか。今回の大物漫画家による舞台がお話でした。

初期の頃は下手だけど情熱的に絵を描いていてすばらしかったとアルトはいっていたが、今はAIのアシスタントが複数いるために自分が書く必要はなくなり、だらけてしまった。

確かにヒューマギアが書く漫画の線は繊細だが、決められた法則でしか書かないため情熱が見えない。

そして大物漫画家はヒューマギアは物としか扱っていないので、代用品を発注するのは断るような内容でしたね。

確かにだらける気持ちは分ります、どこでも自動化や機械がやってくれる、行政的にいえばICT活用やRPAなど人間がやらなくても簡単にできる方策が生み出されています。

もはや人間にとってAIは脅威なのかもしれません、仕事を奪われる意味では。今回は大物漫画家でいえば実質社長さんですから立場は違いますが、漫画家を目指してまずはアシスタントからする漫画家の卵からすればAIは別の意味で敵となるのでしょう。

そして10年後に未来では実際の職場でこうなるのでは?と思うと怖くてたまりません。ドラマのストーリーとは思えないリアル性があるなってのが今回の感想です。
 
言えば芸能人がやるパターンも増えてきましたが、棒読みしすぎてよく出演できるよな
芸でいえば出演できるレベルじゃない、忖度だなって視聴者は思いますが、感情を込めるのが難しいAIにできるのでしょうか。

おそらく監督はカットカットそうじゃない、というのではないかと思っています。

リアルの現場でもかなり指導が厳しいとリアル声優さんは述べていましたからね。

もしかしたら今度は「感情」を秘書イズはラーニングするのかもしれませんね。

公式の紹介ではヒューマギア声優は大人や子供、男性の声、さらには動物の鳴き声までできる超万能型ですか、すごいですね。

もう超一流レベルじゃないですか。リアルでいえば女性ならできますよね、本当に女性声優は万能型ですごいと思います。

男性の声はどうしても低いので女性の高い声をだせというのは声質的に無理ですからね。

そして公式では発表されておりませんが、重大発表があるとありましたね。最後に述べた「息子」この意味は一体なんでしょうか?

常にまっとうなストーリーと思わせておいて何かしらの驚きがありますが、今回は特に予想だにしない展開だったように思います。

まあ早くも来週主人公の第2強化形態が出るみたいですから(即CMでネタバレしてましたね、勘弁して)、そこに向かっての絶望の谷底なのでしょうね。

まず驚きその1は、前回大和田伸也さんと親交を深めた暗殺ちゃんが、人の心に触れてエラーを起こしたり、
彼がヒューマギアだと知った大和田さんもまた、機械が役者をする事を見直すようになった…などといういつもの心温まるゲスト編かと思いきや、
全て「滅」の手の平の上で全く救いのない状況になってしまった事。

その後の戦闘も含めて滅の恐ろしさが際立っていましたね。

驚きその2はベールを脱ぎたてほやほやZAIAの社長によるいきなりの買収勧告、そして警察の介入と、単刀直入というか何というか最後まで目まぐるしい展開で、
もはや或人は周り全てが敵みたいな感じになってしまいました。あてになるのはイズと不破くらいか?

滅亡迅雷を倒すとか以前に自分の会社が倒れる寸前で、どう切り抜けるのかがまったく読めません。

そして、迅は滅に対してふてくされてみせたりと、常に人間くささをむき出しにしています。
これは言うまでもなく、或人がどう理想を掲げていようと、ヒューマギアに自我がめばえ、そしてそれが悪い方向に向かう可能性は
現状確かに存在していることの証拠であり、
或人は今後その分かれ道に立って苦しむのだろうなと今から心配になっています。

(無料視聴できます)
仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は
下記にて
 

↓ ↓

 

仮面ライダーゼロワン 13話/動画 13話/12月1日/無料視聴/見逃し配信/再放送