バラエティ

IPPONグランプリ/2019年11月/無料動画視聴/11月30日/22回/千鳥大悟/霜降り せいや/ザコシショウ/まとめ

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/無料視聴まとめ

 

2019年11月30日21時からフジテレビで『土曜プレミアム・IPPONグランプリ』が放送されます

 

IPPONグランプリ/2019年/動画/11月/ 11月30日/無料視聴まとめ

 

↓ ↓

 

IPPONグランプリ//動画/無料視聴まとめ
 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/無料視聴まとめ /番組内容

 

松本人志も興奮の熱戦!最多王者バカリズム&ホリケンに挑むのは初登場・霜降りせいや&ザコシショウ!大悟&アンガ田中も王座を狙う!令和初の大喜利王は誰だ?

番組内容
『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンに松本人志を迎え、大喜利が好きな10名の芸人が、シンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。 今回、初出場となるのは、せいや(霜降り明星)、ハリウッドザコシショウの2人。彼ら以外の出場者は、秋山竜次(ロバート)、大悟(千鳥)、田中卓志(アンガールズ)、千原ジュニア(千原兄弟)、博多大吉(博多華丸・大吉)、バカリズム、堀内健(ネプチューン)、山内健司(かまいたち)の8名で、大悟、田中、山内を除く5名が優勝経験者という実力者ぞろいの大会。 Aブロックは、秋山、博多大吉、堀内、山内に初出場のせいやを加えた5名。Bブロックは、大悟、田中、ジュニア、バカリズムに初出場のハリウッドザコシショウを加えた5名。初出場のせいや、ハリウッドザコシショウの戦いぶりはもちろん、バカリズム、ジュニア、堀内ら、優勝を複数回経験している強者(つわもの)たちの回答からも目が離せない。また、観覧ゲストとして、梶裕貴、草刈民代、白濱亜嵐、ファーストサマーウイカも出演。令和開幕戦となる今大会で、令和初の王者となるのは果たして!?

 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/無料視聴まとめ キャスト

 

大会チェアマン
松本人志 

出演者
(50音順) 秋山竜次(ロバート)、せいや(霜降り明星)、大悟(千鳥)、田中卓志(アンガールズ)、千原ジュニア(千原兄弟)、博多大吉(博多華丸・大吉)、バカリズム、ハリウッドザコシショウ、堀内健(ネプチューン)、山内健司(かまいたち) 

観覧ゲスト
(50音順) 梶裕貴、草刈民代、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ファーストサマーウイカ

 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/無料視聴まとめストーリー性

のIPPONグランプリは、大喜利でもなくモノボケでもなく、IPPONという新しいジャンルを築いた番組で、出場する芸人の頭の柔らかさ、発想の独創性などが試される非常に面白い構成となっています。

11/30放送の回では、王者バカリズム、ホリケンの出場が決まっており、この2人を見るだけでも大変価値のある時間になると思います。

バカリズムは持ち前のシュールさで、出題に対し様々なアンサーを導き出すのが特徴で、毎度毎度面白い回答が繰り出され、バカリズムの頭の柔らかさに圧倒されます。

なかでもフリップに絵を描いての回答を十八番としていて、今回もどのような絵が発表されるのか楽しみです。

次にホリケンも注目で、ホリケンは普段ひな壇にいるときは、騒いではしゃいで他の出演者を困らせたりする場面も多く、変な人だなぁという印象をお持ちの方も多いかも知れませんが、なかなかどうしてこのIPPONグランプリでは、ホリケンのその独創性が唯一無二の輝きを放っていて、回答を見る度に感動すら覚えるそのボケを創出できるのは、ホリケンの才能だと見ていて感じます。

中でもランダムに選ばれた写真にコメントするお題で特にその独創性が発揮され、爆発的とも言えるそのボケの面白さはもはやIPPONグランプリ名物と言っても過言ではないと思います。

今回もどのような独創的な回答を繰り出すのか、非常に楽しみです。

そして今回初出場となる霜降り明星のせいやですが、彼はまだ年も若く、感性も豊かなため、今回のIPPONグランプリの注目株の一人だと言えます。

普段は新しいツッコミスタイルを生み出した相方の粗品が注目を浴びがちですが、せいやは笑いに貪欲で、チャンスがあればここぞとばかりに掴みに行くハングリー精神が旺盛なため、IPPONグランプリでも期待できます。霜降り明星の面白さはせいや、粗品が合わさっての面白さだと感じており、せいやの魅力を十二分に発揮できるかも注目したいところです。

他にもアンガールズ田中も、最近ではお笑い評論家的なコメントも数多くしており、笑いの研究に余念がない芸人のため、IPPONグランプリでもその研究、努力の成果が発揮できるか楽しみな芸人の一人です。

博多大吉も飄々としていながら、発する言葉の面白さに定評があることから、IPPONグランプリでも安定した面白さを発揮しています。

このように、非常に才能に溢れた芸人たちが集い、1つのお題に対し様々なアプローチで回答をしていく様は、このIPPONグランプリしか見られません。

 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/みんなの感想

「IPPONグランプリ」は、数あるお笑い大会の中でも、一番面白い大会だと思います。

コントとは違って、選ばれしお笑い界の精鋭たちが、己と向き合って、ひたすら発想力をフル回転させているのを観るのは、かなり醍醐味があります。

しかも、司会が松本人志なので、出場者たちのお笑いを松本の目線で説明してくれたりするので、副音声を聞きながらお笑いを観ているような気持ちになります。

なにより松ちゃんが、ネタに爆笑したりするので、松ちゃんのツボが分かるのも地味に嬉しいものです。

「IPPONグランプリ」が、最も他の大会と異なっているのは、出場者が、その場で出されたお題に、その場で答えなければならないところです。

基本的に事前準備ができないので、緊迫感と臨場感に溢れた「IPPONグランプリ」だけのネタを観ることが出来るので、見逃すわけにはいかないんです。

大体、芸人さんたちは、ネタ作りに長い時間を要して練習を積み重ねて、観客に披露していると思いますが、「IPPONグランプリ」に限っては、どんなお題を出されるのか分からないので、芸人さんたちは、内心とても緊張していて、本来の実力を発揮できない人も出てくるんですが、それもまた、この番組の持ち味にもなっているので、土壇場に強い芸人さんを知ることができます。

あと、面白いのは、出場する他の芸人からの笑いのポイントをゲットしないと、「IPPON」は取れないんですが、このポイントを取るのが、コツが必要なんです。

その場の空気とか、ネタの流れによって、笑いの種類が変化していくので、何を言ったらウケるのかを、その場で瞬間的にキャッチできないと、ベテラン芸人だろうと見事にスベっちゃうんですよね。

一度「IPPON」を取ると、流れを掴んで同じ芸人さんが、立て続けに取り続けたりすることもあって、それも最高に面白いんですよ。

何が面白いのか、聞かれても上手く答えられないけど、ツボにハマっちゃうと、その芸人さんが喋っただけで、爆笑しちゃうんです。その感覚がすごく、気持ちいいんですよね。

芸人さんも、ツッコミの人よりボケの人の方が出場者に多い気がするのも面白いです。

多分、頭が良い悪いとかよりも、感性や、瞬発力に強い天才肌の芸人さんが、向いてるのが、この大喜利だと思います。

今回は、もう常連になっている、ロバートの秋山や、バカリズム、そして前回優勝したホリケンが、優勝争いに食い込んできそうですね。

霜降り明星の、せいやが初登場するらしいので、売れてる流れに乗ってどこまで行けるのかも見物だと思います。

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日みどころ

半年ぶりにIPPONグランプリが帰ってきて嬉しいです。

短時間の間に競争で面白い解答を考えるのってなかなか難しいですよね。

大喜利は向いている芸人さんと向いていない芸人さんがはっきり分かれて面白いです。

初登場の霜降り明星のせいやさんはかなり若手ですがベテランで大喜利慣れしている人たちの中、どうなるか楽しみです。
霜降り明星といえば粗品さんも前回、初出場しましたが、コンビのどちらも大喜利できるなんてスゴイです。

初登場の人はだいたいド緊張していてこちらまでハラハラしてしまいます。

ハリウッドザコシショウさんも今回初出場ですが、こちらは大喜利をしているイメージがないので、どんなことになるか見当もつきません。

ひどい解答も出てきそうで心配でもあります。

やはり決勝常連のバカリズムさんやホリケンさん、秋山竜次さん、千原ジュニアさんたちが出場するので安定して面白そうです。

ちょっといつもより豪華メンバーばかりなのでは?と思うほど手堅い人ばかりな気がします。

本当は麒麟の川島明さんとバナナマンの設楽統さんとオードリーの若林さんが出て欲しかったのですが、今回名前が出てないので次回に期待します。

今現在すでにIPPONグランプリ公式からツイッターで大喜利が出題されているので、話題に上がっていて面白い答えが期待できそうです。

芸人さんたちはその場でどんな解答したのか気になります。

毎回、チェアマンの松本人志さんの答えと、視聴者からの答えがとても面白くて見応えがあります。

芸人になったほうがいいのでは?という解答もあってびっくりします。

面白かった解答は後からツイッターに上がって何度も見かけたりして、視聴者と一体になっている感じのする番組です。

見ていて笑い転げた解答も、すぐネットに上がっていて、うんうんやっぱりね!という感じです。

リアルタイムで放送を見ながらツイッターを見ていると、視聴者同士で盛り上がっていつも楽しいです。
出演者の中で期待したいのは、千鳥の大悟さんとかまいたちの山内さんです。

二人とも芸人として大好きなのですが、これまであまりいい成績ではなかったので今回の大喜利も頑張って欲しいです。

さらに観覧ゲストも楽しみなメンバーです。

梶裕貴さんは人気声優さんであまりバラエティ番組に出ていないので嬉しいです。

ファーストサマーウイカさんは最近よく見かけますが、とても面白い人なので観覧席から引っ掻き回してくれそうです。
 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/ネタバレ

毎回面白くて楽しみにしているIPPONグランプリですが今回注目してるのがアンガールズの田中卓志です。かなり売れても色々な番組に出ているし、正直そういう番組は若手に任せたらというのにも出ていていつ見ても謙虚さを感じるのが田中です。

どんなお笑いをさせても面白いしIPPONグランプリでも毎回センスあるところ見せつけるし楽しみにしたいです。今回も面白い田中を見せて欲しいし優勝してもらいたいし応援したいです。

千鳥の大悟も最初出たときはあまり大喜利得意じゃないのかなと思ったんですが徐々に能力の片鱗をやはり出してきたなと感じています。元々ロケの上手さやスタジオでのVTRトークなどは天才的な才能を感じていました。

ただ大喜利は上手くないタイプかなとも思っていたんですが流石大悟は実力あるなと大喜利でも感じてきているんで今回も大悟には期待しています。ロバートの秋山竜次に関しては答えが浮かんでなくても話し方でなんとか乗り切るところがすごいなと感じます。

ある意味言い方ひとつで状況を跳ね返して笑いを取る能力は計り知れないなと思います。

秋山竜次の役になりきった笑いを見れるのも楽しみの一つです。

今回もいつものような面白いIPPONグランプリを期待しています。

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日視聴者の評価

今回のIPPONグランプリも豪華なお笑い芸人が揃っていて間違いなく面白くなるメンバーだなと感じました。チェアマン松本人志の的確な解説が今回も楽しみです。初めて参加する霜降り明星せいやとハリウッドザコシショウの大喜利の解答に関して松本人志がどんなコメントをするのか興味あります。

せいやに関しては正統派のお笑いでセンスがあるんで松本人志がどういうジャッジをくだすのか楽しみです。

ただ問題児ハリウッドザコシショウがいつもと同じような破天荒なお笑いをした場合に松本人志がどんなコメントをするのか気になります。

松本人志が呼ぶんじゃなかったとか、誰が呼んだんだとかいうコメントをしそうだなと思います。かまいたちの山内も売れたいという意志が伝わってくるし頑張って欲しいです。

何でも出来るタイプの山内なんで大喜利も上手いですが周りもレベルかなり高いですし食らいついて優勝目指して欲しいです。

とにかく瞬間的な発想で答えないといけないから見ていて芸人の緊張感が伝わってくると共に芸人の凄さがわかります。

よくあんな一瞬で答えれるなと尊敬してしまいます。今回のIPPONグランプリもまたいつもと同じように笑わせてもらいたいです。
 

IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/優勝者は?

 
IPPONグランプリで注目されているのは初出場の霜降り明星せいやとハリウッドザコシショウの2人でしょうがいつも観ている私としては千鳥の大悟さんの活躍に注目しています。

写真で一言での彼のセンスには毎度笑わせられるだけでなく驚かされます。

よくあれだけ短い時間であの発想がでてくるなと関心しきりです。

今年10月25日の回ではルーレットで止まった犬の写真を見て放った一言は最高でした。田舎あるあるだけに

個人的にはまた決勝でバカリズムさんと当たってバトルしてほしいですね。

あとネプチューンのホリケンさんはいつもぶっ飛んだようなボケをかましますが時に冷静に狙い澄ましたようなボケを発するので油断はできません。

合間に挟まれる松本チェアマンの考えたボケも最高だし、一般の方の投稿したボケも結構面白い。

大悟さん以外ではやはり千原ジュニアさんや博多大吉さんの安定感のあるボケも楽しみです。

今回アンガールズの田中卓志さんも出るようですが個人的にはあまり活躍している印象がないのでがんばっていただきたいですね。

IPPONグランプリが今回で何回目になるのか数えていないので分かりませんが最近はこういったネタ番組が減ってきたように思えるので今後も長く続いて欲しいですね。

まとめ

 

まずこの番組には2通りの楽しみ方があります。

1つは普通に視聴者として番組を楽しむということですが、もう1つは番組方法前に一般人の回答として自分が大喜利をすることです。

番組はいつも2時間ぐらいの枠で行うのですが、一般人の回答で面白かったものは番組のチェアマンである松本人志さんに紹介されます。

番組内で行われる大喜利ですが、他の大喜利番組と決定的に違うのはボタンの早押しがあることです。
出演者たちは10名おり、それをA,B2つのブロックに分けて5人づつで戦うのですが、回答するにはまずボタンの早押しに勝つ必要があります。

そしてお題のパターンですが、文章問題、写真で一言、メロディのない歌に歌詞をつける、動画でアフレコ、かるたの読み札などのパターンがあります。

文章問題でも例えば「そこそこの嘘をついてください」など独特なものがあるので、この番組の面白さの特徴の1つです。

あと写真で一言のお題ではいくつかの写真があって、回答者がボタンを押してストップした時の写真で一言を言います。

この写真で一言だけは早押しではなくて回答者全員に公平に回答権が回ってきます。

あとかるたの読み札のお題も絵とひらがな1文字からどんな発想で笑いに変えるかの面白さがあります。
この5人の回答者の大喜利の得点は別のブロックにいる5人がお互いに審査しあう方式です。

人間にはそれぞれ笑いのツボというのがありますが、2時間の中でかならずどこかの場面では笑えるようになっている楽しい番組です。

 
IPPONグランプリ/2019/11月/動画11月30日/無料視聴まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)
 

↓ ↓

IPPONグランプリ//無料視聴まとめ