アニメ

アニサマ 2019 見逃し配信/再放送12月1日,初回放送/1日目 (NHK)12月1日,氷川きよし,無料視聴まとめ

アニメロサマーライブ2019
アニサマ 2019 見逃し配信/再放送12月1日,初回放送/1回目 (NHK)12月1日,氷川きよし,無料視聴まとめ

 

2019年12月1日22時50分からBSプレミアムで『豪華祭典!アニメロサマーライブ2019~アニソン!プレミアム!見逃し配信/再放送~Vol.1』が放送されます

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめにつきましては

下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめ
 

アニメロサマーライブ2019/アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめ番組内容

 

日本最大級のアニメソングイベント「Animelo Summer Live 2019」(アニサマ)のライブを3週連続で放送!今回は初日の模様をお届け!!

 

アニメロサマーライブ2019 アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめキャスト

 

【出演】
i☆Ris,石原夏織,オーイシマサヨシ,鈴木このみ,スフィア,fhana,三森すずこ,ReoNa,Roselia,伊藤美来,佐咲紗花,渕上舞,逢田梨香子,中島愛,プリンセスコネクト!Re:Dive,鈴木雅之,けものフレンズ,氷川きよし,大橋彩香,如月千早,

【副音声コメンテーター】
豊崎愛生,

【解説】
齋藤光二,

【実況】
塩澤大輔

 

年配のお姉さんたちの王子様イメージが強い氷川きよしさんがドラゴンボール超のオープニング曲を歌うことを知った時はビックリしました。

アニメソングを歌うことも驚きましたが、さらに驚いたのか見た目です。

今までのさわやかな王子様のイメージから360度ガラッと変わって目元に濃いメイクをしたビジュアル系に変身したのは、ファンの皆さんならずお茶の間の皆さんが驚いたはずです。

さらにはドラゴンボール超の曲「限界突破×サバイバー」は頭を振って歌っているから、演歌を歌うのはやめてしまったのかと不安になりました。

その後、テレビに出ているのを偶然見たら、いつもの氷川きよしさんでほっとしました。

新たな氷川きよしさんを見せる曲になったかもしれません。

演歌のイメージがあったので激しい歌を歌うイメージなかったんですが、演歌で培ったおかげなのか声を伸ばす歌いかたをするところが凄いとしか感想が出ませんでした。

最近では、インスタを初めて中性的な写真をアップを取り上げられていましたが今まで演歌で頑張ってきたからこれからは好きなことをありのままの姿で表現してほしいです。

もしかしたらアニサマではさらに違う氷川きよしさんの一面が見れるかもしれないのが楽しみです。年配のお姉さんたちには寂しいかもしれませんが。

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日みどころ

 

アニサマといえばアニソンの祭典として定着した感があります。

そのアニサマが何と地上波で放映されるというのは、アニソンの人気とお茶の間への定着度の高さが現れていると思います。

「アニサマ2019放送直前SP」はアニメをあまり見ない方やアニソンをよく知らない方にも見てもらうために導入としていいのではないでしょうか。

出演者も人気声優の方や人気アニソンシンガーがたくさんいらっしゃるようで、アニサマをもう見たという方やアニソンをよく知っているという方の興味も引ける内容だと思います。

個人的に一番楽しみなのはやはり「JAMProject」。

ドラゴンボールの主題歌で有名な影山ヒロノブさんを中心に、凄まじい歌唱力を誇るアニソン界のレジェンドたちが集まった彼らの楽曲は素晴らしいものばかりで、私も大好きです。

最近では「ワンパンマン」の主題歌が有名ですが、ほかにもいろいろなアニソンを歌っている方々なのでどんな話がきけるか楽しみです。

声優さんの出演者で気になるのは「放課後ティータイム」。

アニメ「けいおん」で一世風靡した彼女たちがアニサマ2019で再結成したとあって、世代の方にはたまらないのではないでしょうか。

メンバー全員大人気の声優さんなので、人気アニメのアフレコ現場や裏話などいろいろな話が聞けそうでトークが楽しみです。

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日ネタバレ

 

  私が日本でのアニソンの文化を誇らしい!と思える点につきましては、やはり、熱血系の歌が非常に多い!と言うことです。

昔小学校の音楽での授業の中で、よく童話や、クラスで一体となって歌唱する曲を音楽の授業の中で学んだことがありました。

アニソンはそんな歌と同様で、「みんなで熱唱することができる!」と言う一言に尽きると思います。

みんなで熱唱して、その曲で普段のストレスを爆発させることができると言うのがアニソンの長所であると思います。

また、小さな時にみんが見ていたアニソンで全員が知っていて熱唱できるのもポイントであります。

例えば30代、40代であれば誰しもがドラゴンボールを見た世代であると思います。

そんなドラゴンボールの話題に華を咲かせながら、知っている全員で大熱唱!と言う流れに持っていくこともできますし、何と言っても歌詞が覚えやすい!と言うことも一つの重要な要素であると思います。

みんなで盛り上がりながら歌詞が覚えやすくて歌いやすいと言う内容は日本のアニソンの特権であると思います。

下手をすれば、国籍をまたいで大熱唱することもできる形になると思いますので、日本だけのファンに留まらずに海外国籍の方々にも日本のアニソンを一緒に熱唱できることに繋がります。

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日みんなの感想

 

日本のアニソンの素晴らしさの文化としまして、お伝えしたい点としましては、ズバリ!メイドカラオケ喫茶等、アニソンで一緒に盛り上がれるお店が東京の秋葉原、大阪での日本橋と言う形で、様々な店舗で日本のアニソンを店員さんやお客さんと一緒に熱唱できる店舗が非常に多いことです!

また、一体感が形成できる点がアニソンの醍醐味であるとも思っております。

日本のアニソン盛り上がれるのは、やはりDAM等のカラオケ店舗で仲間内で映像作品をみながら、大熱唱できるポイントも最高であります!

私は、SNSで様々なオフ会に参加する形でアニソンをオフ会でのメンバーと一緒に熱唱したことがあったのですが、やはりみんなが映像を見て「あっ!このアニメみたい!」と言う気にさせてくれる所もアニソンの長所であると思います。

他の方が歌っているアニソンを見て、勉強して自分自身もそのアニソンを通じてアニメを好きになれる点が最高に共感できるポイントであると思います。

また、アニソンでお酒を飲めるお店も登場しました!

それは、メイドカラオケ喫茶でのナイトでの夜の時間帯と言う形になるのですが、お酒を飲みながら、やがては、疲れてきたならば店舗内のメンバーとアニソンを語り合いながら映像作品での会話に花を咲かせる形になります。

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日視聴者評価

 

「アニサマ」といえば、日本最大級のアニソンイベントですが、今年のアニサマで氷川きよしは、大活躍しましたね。

氷川きよしは、もちろん人気ベテラン演歌歌手ですが、着物ならぬ黒いシースルーのセクシー衣装に妖艶なメイクを施し、アニメソングを熱唱して、一躍、時の人となりましたね。

氷川きよしと言われなければ別人と思うくらいイメージが違いますが、歌唱力は演歌で鍛え上げた素晴らしい歌声そのものなので、めちゃくちゃカッコ良くアニソンを歌ってファンたちを魅了しているんですよね。

アニソンは、大抵歌うの難しい曲調ですが、それも氷川きよしの手に掛けると、赤子の手をひねるより簡単に歌っているように見えるから凄いですよ。

事情を知らない人は、氷川きよしが突然オネエになったと勘違いして、戸惑ってるかもしれませんが、むしろ美しすぎてオネエどころか、もはや美女の領域です。

今年の紅白への出演も決定して、インスタに紅白をイメージしたような真っ白いドレスを身にまとった姿を載せているんですが、完全にウェディングドレスなんですよね。

もういつバージンロード歩いてもおかしくないくらいの花嫁姿に見えるんです。

氷川きよしの魅力は歌唱力や外見の美しさだけでなく、アニサマでのトークも評判になっています。

さらには、氷川きよしは、ケーキ作りの腕前がプロ級で、近所のケーキ屋さんにも氷川きよしのサインが飾ってあるくらいなんですよ。

もはや、氷川きよしに死角無しですね。

 

まとめ

 

氷川きよしさんは有名な演歌歌手で特に端正な顔立ちも伴い、デビュー当時から女性人気が強いですね。

彼は元々は演歌ではなく「ロック」を歌いたいと思ってこの世界に入られたようですね。

最近は自分のやりたい方向の仕事をされていて、元々の歌唱力もありメイクや衣装も「演歌とは全く違う世界」での表現を精力的にされています。

「ゲゲゲの鬼太郎」のオープニングも歌っておられましたね。

あの時はまだ「演歌」が抜けてませんでしたが。デビュー20周年を迎え「自分を解き放った」とおっしゃる氷川さん。特にインスタなどにも様々な衣装を着こなし、メイクもキメて投稿されています。

ちょっと見ただけじゃわからないくらい、女性かなと思ってしまうくらいの美しさと違和感のなさ。

動画投稿サイトでMVも拝見しましたが、本当にビジュアル系ではないのかと思いました。

歌も演歌でもなく「ロック過ぎ」てもいない、まさに彼の「独特の世界」です。

日本人に「なんだか馴染みやすい、キャッチー」なメロディラインですし、「音楽を楽しみ、生きることを楽しんで」いるように見えます。

歌唱力も十分に、話題性も表現力もマシマシなそんな氷川さん、アニソンでも新しいジャンルに挑戦されるんでしょうね。

「ゲゲゲの鬼太郎」の時からバージョンアップされてるのも楽しみです。

 

アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめ「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、アニポ、anitube、kissanime、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アニメロサマーライブ2019アニサマ2019見逃し配信/再放送放送(NHK)12月1日無料視聴まとめ