ドラマ

ヘチ 王座への道/4話/動画/4話/再放送/見逃し配信nhk bs無料視聴/12月1日2019年

ヘチ 王座への道/4話動画/4話/再放送/見逃し配信nhk bs無料視聴/12月1日2019年

 

2019年12月1日21時からBSプレミアムで『ヘチ 王座への道』が放送されます

 

ヘチ 王座への道/再放送/4話/動画nhk bs/無料視聴/12月1日2019年につきましては

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヘチ 王座への道/動画再放送/4話/nhk bs/無料視聴/12月1日2019年
 

ヘチ 王座への道/動画/4話/nhk bs/無料視聴/12月1日2019年 /番組内容

 

朝鮮王朝の王子イ・グムが、正義を求める仲間と公平な世を目指す不屈の闘いの物語。延ニン君(ヨニングン)ことイ・グムは、弟を守るためにつらい選択をする。.

番組内容

老論(ノロン)派の重臣ミン・ジノンの政治力を思い知らされた延ニン君(ヨニングン)ことイ・グム。王位継承者候補である弟の延齢君(ヨルリョングン)ことイ・フォンを守るため、共に王族の悪事を暴こうとした司憲府(サホンブ)のハン・ジョンソクを窮地に追い込んでしまうことに。事情を知らないパク・ムンスは、イ・グムのよそよそしい態度に戸惑う。一方、王の粛宗(スクチョン)は、イ・グムを次期王にしたいと考えていた。

 

ヘチ 王座への道 キャスト

 

チョン・イル…金本涼輔,クォン・ユル…森山智寛,コ・アラ…平井祥恵,パク・フン…浜田賢二,チョン・ムンソン…内田岳志,ペ・ジョンファ…北西順子,イ・ギョンヨン…菅生隆之ほか

 

ヘチ 王座への道/再放送/4話/nhk bs/視聴者評価

 

スクチョン王の息子の話と言えばトンイを思い出しまた、主演のクム役は太陽を抱く月の陽明君を演じた方。そして放送話数24話。気の短い自分でも十分見ることのできる話数だったので見ることを決めました。

韓国の身分制度は王子であっても影響していたのだと文化を感じることができるし、これが事実であればやるせない気持ちで生きる気力もなくなるのではと可哀そうにと毎回見るたびに思います。

内容が身分の低い扱いを受けた王子が王に上り詰めるまでの道のりのドラマのせいか映像が地味なのが少し残念。

11/24放映を見るとスクチョン王はクムを大事に王位にふさわしいと思っていることが分かり今後の王と重臣たちの攻防戦が期待できます。

どうしても違和感があるのは女性の武官がいること。この時代に身分制度が厳しい国で女性が活躍できたのだろうかと疑問に思いますがドラマですからフィクションでもいいかと割り切ってみることにしました。

これまでに見たは恋愛が必ず絡んでストーリーのメインになっていますがヘチはそうならないことを期待します。

(若干はあってもいいんですけどね)

スクチョン王がどンな状況でなくなりクムがフォンをどのように守りながら王になっていくのか期待しています。

ヘチ 王座への道/再放送/4話/nhk bs/みんなの感想

 
身分の低い母から産まれて王になった等のドラマチックなエピソードを持ちながらも、主役として取り上げられることはほとんどなかった若き日の英祖・ヨニングンの冒険物語です。

王の子とはいってもあまりに母の身分が低いため、王族の末席にも加えられず、忘れ去られたような扱いを受けていたヨニングンは、自らも争いに巻き込まれないよう、敢えて田舎を放浪したりしています。実はそういう知恵の回る非常に聡明な王子であったため、余計に自分の立場が微妙だということを知っていたのでしょう。

ところが、王位(物語が始まった時点では、世継ぎの王子の座)争いに巻き込まれてしまいます。ヨニングンは、自分が王になろうなどというつもりはありませんが、異母弟のヨルリョングンは人格に優れ頭脳明晰のため信頼しているようです。

そのライバルのミルプングンがひどい殺人鬼で、あまりの非道さにヨニングンは悪事を暴く手伝いを始めます。その中で数々の仲間と出会い、危険な目に遭い、陰謀に巻き込まれながらも世直しの旅に出るようです。世を欺くためという意味もあるのでしょうが、ヨニングンは優男のような外見です。

最終的には仲間となる登場人物たちも、ヨニングンのことを最初は信用ならない遊び人だと思っています。数々のを観てきましたが、ヨニングンのような出自の王子が王になるにはかなりの陰謀を乗り越え、苦労することが予想されます。

パク・ムンスはヨニングンの味方としてかなり重要な人物であることがわかりますが、今のところは科挙を10回以上も落ちているという設定です。

主人公の味方が、あまりに勉強ができないのもいかがなものかと思っていましたが、2人の出会いも替え玉受験がきっかけですので、試験じたいにも不正があるという展開になるようです。

このドラマには華やかな女性があまり登場しなさそうなのですが、男勝りのヨジという密偵のような女性が美人なのでいずれロマンスにならないかと期待しています。

ヘチ 王座への道/4話再放送/ /まとめ

 
NHKで放送される「ヘチ ~王座への道~」で、主人公のイ・グムを演じるチョン・イルさんがドラマの魅力を語っています。

ドラマ中のキャラクターの中で、自身が演じるイ・グムは特に魅力的なキャラクターなので、そこを中心に見ると楽しめると言っています。

魅力的なキャラクターとのことですが、王のスクチョンの次男で、朝廷から軽視されているイ・グム、

名家出身ですが貧しい家庭に育ち、男気と情熱に溢れる熱血漢のパク・ムンス、
腐敗している司憲府の中で女性ながら活躍しているエリートで、多言語を操り武術にも優れるヨジ、

町のごろつきでありながら、義理人情に厚く、村人たちからの人望もあるタルムンあたりが人気キャラクターでしょう。

また、チョン・イルさんはヒロインらとの恋愛も見どころだと言っています。

身近なところでは、イ・グムの正室のソ氏がいますが、どこかパッとしない女性で、やや地味目といっていいでしょう。

イ・グムの側室のチョホンですが、男女の関係ではなく、イ・グムが面倒をみるために側室という形をとっています。

そしてイ・グムの一緒に闘う仲間であり、ビジュアルも整っているヨジもいます。

三者三様の女性がまわりにいますが、これらの女性との関係も、注目ポイントかもしれません。

総括

 
には、日本のドラマにも欧米のドラマにもない魅力があり、飽きずに観ることができます。まず、魅力のひとつとして、「登場人物のキャラクターがはっきりしている」ことがあります。主役だけでなく、脇役もキャラ付けがはっきりしているので、わかりやすく楽しいです。いい人は思い切りいいひと、意地悪キャラはとても意地悪です。

そして、は「ストーリーの展開が早い」です。いろいろな事件が起こり、ストーリーがドラマチックに展開していきます。展開が早いので見逃せません。毎回驚くような展開があり、観ていてとても楽しいです。

さらに、は大抵の場合、「結末が意外」です。ドラマは観ていると後半、だいたいのラストの予想がつくことが多いですが、は予想を裏切る結末になることが多いです。

いろいろとラストを予想しながらも、その予想を上回る展開がある待っているので、最後まで楽しんで観ることができます。

欧米のドラマとは違い、同じアジア人なので似ているところもありつつ、でもやはり文化が違う韓国のドラマは、親しみを感じながらも意外性を楽しんで観ることができます。特に結末は楽しみなので、最後まで飽きずに観続けられます。

 

ヘチ 王座への道/動画第4話再放送/4話/nhk bs/無料視聴/12月1日2019年/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヘチ 王座への道/再放送/4話/nhk bs/無料視聴/12月1日2019年