ドラマ

歪んだ波紋 5話/動画/5話/再放送無料視聴/ 12月1日/日曜日の放送見逃し配信

歪んだ波紋 5話動画5話再放送無料視聴/ 12月1日/日曜日放送見逃し配信

 

2019年12月1日にNHKBSプレミアム午後10:00~『共犯者』が放送されます

 
歪んだ波紋 第5話は、12月1日/日曜日/午後4:30~します

 
下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 


歪んだ波紋 /nhk/ 5話~フル無料視聴/ドラマ/

 

歪んだ波紋 /nhk/ 5話~フル無料視聴/ドラマ/番組内容

垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を追う相賀(長塚京三)は、赤西峰子(キムラ緑子)に辿り着く。火事で死んだ峰子は、垣内が記者時代に出した誤報の被害者だった。

番組内容
垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を追う相賀(長塚京三)は、赤西峰子(キムラ緑子)に辿り着く。先頃の火事で死んだ峰子は、垣内が大日新聞記者時代に出した誤報の被害者だった。誤報のせいで峰子は教師を辞めていた。その垣内の誤報のネタ元は相賀だった。己を責める相賀は、垣内のスマホの中に、峰子とのやり取りを見つけ出す。一方、政彦(松田龍平)は峰子が焼死した事件は放火の疑いが強いことを掴む。

キャスト

松田龍平,小芝風花,キムラ緑子,山崎銀之丞,相島一之,竹財輝之助,奥田恵梨華,内山そうた,松山ケンイチ,美村里江,坂井真紀,角野卓造,イッセー尾形,長塚京三

歪んだ波紋 5話動画5話再放送無料視聴松山ケンイチ

 

松山ケンイチさんを最初に知ったきっかけとなった作品は『男たちの大和/YAMATO』でした。

歳は私より年下なのですが、何というか当時20歳過ぎだったにもかかわらず妙な迫力を感じて、印象に残ったものです。
その後、『デスノート』シリーズのL役を好演したことで、一気に世間の注目を集めて、人気若手俳優の仲間入りを果たした感がありましたね。

実は、それ以前にも「ごくせん」にも出演していたそうなのですが、あまり記憶に残っていません。少年時代を経て、成人して風貌の面でも印象深く成長したのかも知れませんね。

以後、いろんな作品で松山ケンイチさんを見かけるようになりましたが、とりわけ彼の演技と魅力を堪能できたのは、2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』でしょう。

複雑な出生の秘密、破天荒な少年時代、権力者として伸し上がってゆく中年期、そして政権を奪取しながら衰退の予感が押し寄せる老年期。

演じるにはかなり難しい歴史上の人物だったと思いますが、脚本の妙に加えて、松山ケンイチさんの好演が光って、名作と言える大河ドラマに仕上がったと思っています。

今後、松山ケンイチさんは、若手俳優から壮年俳優へと変わってゆくことになりますが、どんな渋い役者になってくれるのは楽しみです。

 

歪んだ波紋 5話動画5話視聴者評価

 
面白そうな所は、記者の誤報をテーマに事件が、展開している所です。

世の中のニュースなどを記者の書いた記事で知る事もおおくてその記事の信ぴょう性は、高いと思ってしまう所に今回のような誤報による悲劇の問題が、あると思います。

そして、記者が、あえて虚報を記事にした場合は、記事にされた方は、どうしようもない憤りを感じると思います。

姿を消した桐野の目的も注目ポイントです。

考えがあって虚報を仕掛けたのかやメイクニュースプレスに関わっているのかなど興味深いです。

この事件には、記者の抱える記事に対する責任問題と正義感も絡んでいるようで考えさせられるドラマだと思います。
注目は、桐野役の筒井道隆さんです。
筒井道隆さんというとドラマ「あすなろ白書」で苦学生を演じていた頃が、懐かしいなと思いだします。

落ち着いたフインキの俳優で不思議な魅力もありますね。

今回の物語では、重要なキーポイントになりそうなので桐野の動きに注目したいです。

そして、虚報に悩まされる敦子の今後もどうなるのか注目です。

その虚報を流してしまった政彦も敦子と虚報とどう向き合うのかを考えていかなくては、ならなくなりまっしたね。

記者の持つペンの怖さも感じるドラマです。

 

歪んだ波紋 /nhk/ 5話~フル無料視聴/ネタバレ

 

NHKのBSプレミアムで放送されているドラマ『歪んだ波紋』。

俳優松田龍平さんが主演する、メディアによる「誤報」をテーマにした社会派ドラマです。

2016年の米国大統領選挙てトランプ氏が当選した頃から、世界的にフェイクニュースの存在が取り沙汰され、インターネット上のフェイクニュースに対抗するのは、テレビや新聞などの正規メディアによる取材記事だ、みたいな論調をよく見かけるようになりました。

しかし、そういった正規と称されるメディアも、これまでに数々の誤報を伝え、それに翻弄される被害者を生み出してきた事実は否定しがたい歴史ですよね。

そういった意味で、今回のドラマは、情報を発信するべきプロである記者が誤報を伝えてしまった場合にどうするべきかということを考えさせられる点で、とても意義深いドラマだと思います。

同時に、過去に起きた事件の謎を追うという展開は、サスペンス調でもあり、普通に娯楽としても楽しめるドラマに仕上がっているところは、さすがにクオリティの高い番組を放送し続けているNHKBSプレミアムだなと思います。
出演者も松田龍平さん、松山ケンイチさん、筒井道隆さんなど、実力派揃いですからね。とても見応えがあるなと思いました。
 

歪んだ波紋 5話動画5話再放送無料視聴Juiceについて感想

 

NHKのBSプレミアムで放送されているプレミアムドラマ『歪んだ波紋』。

松田龍平さん演じる新聞記者沢村正彦と、松山ケンイチさん演じるニュースウェブメディアの編集長三反園邦雄の2人を中心に、メディアによる誤報をテーマとしながら、複雑な人間模様を描く社会派ドラマ。
そんな当作品に登場する中島有一郎という記者が、大のアイドル好きで、実際にドラマの中でアイドルグループのコンサートに出かけます。
そのアイドルグループの名前は、Juice=Juice。

このJuice=Juiceは、ドラマの中で創作されたユニット名ではなく、実在するアイドルグループなのです。

舞台上で歌って踊る8人の女の子たちは、実際にJuice=Juiceとして活動しており、メンバーの名前はそれぞれ、金澤朋子さん、高木紗友希さん、宮本佳林さん、植村あかりさん、段原瑠々さん、稲場愛香さん、工藤由愛さん、松永里愛さんと言います。

ハロー!プロジェクトに所属しており、既にデビューから6年が経つ、ある意味ベテランとも言えるアイドルグループです。

実際、ドラマの中でのJuice=Juiceはごく自然にライブコンサートを行っており、いつもファンに対して振る舞うのと同じように演じたことでしょう。

歪んだ波紋 /nhk/ 5話~フルまとめ

 
しぶくてかっこいい松田龍平さん。
映画やドラマに引っ張りだこですが、若い頃は美男子として活躍し、年齢を重ねるにつれて渋さが増して、最近では陰のある役からコメディーまで何でもこなす俳優さんとして活躍中です。

そんな松田龍平さんの出演作に、映画「アヒルと鴨のコインロッカー」があります。

最後まで展開が読めない作品で、松田龍平さんのクールな演技が印象的な物語でした。

一見何を考えているかわからいのですが、実は誰よりも心が温かく、そのギャップがたまらない役です。

そういった役がとても松田龍平さんにぴったりで、見ていてはまり役だと思いました。

バラエティー番組への出演があまりない松田龍平さんなので、実際にどんな感じの方なのか謎なところがあります。

本当はメチャクチャ明るくて、ギャップがあるのかと私生活の松田さんが気になります。

普段どのように生活されているのか、少しでも垣間見たいです。

そして、ドラマでは「獣になれない私たち」に出演され、不思議な空気感に魅了されてしまいました。

他の俳優さんにはない独特の雰囲気があり、それが魅力の松田龍平さん。

これからはバラエティー番組にも少しは出演してほしいです。

そしてこれからも、映画やドラマに大活躍されることを楽しみにしています。
 

歪んだ波紋動画5話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で」みれないときは

下記にて

↓ ↓

 


歪んだ波紋動画5話/nhk/