ドラマ

スカーレット 56話 動画 56話パンドラ/Youtube/12月3日無料視聴見逃し配信再放送朝ドラ(ドラマ)水曜日

スカーレット 56話 動画 56話パンドラ/Youtube/12月3日無料視聴見逃し配信再放送朝ドラ(ドラマ)水曜日

 

NHK朝ドラマ第10週/水曜日スカーレットドラマ(朝ドラ) 動画第56話12月3日 (動画配信)無料視聴まとめについては、下記記事になります

下記で連続テレビ小説 スカーレット(56話)「好きという気持ち」
初回~全話(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット動画56話12月3日
 

スカーレット/56話/動画/12月3日/Youtube /あらすじ

 

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)の作陶を目撃して胸をときめかせる。その頃、川原家では信作(林遣都)が「お見合い大作戦」なるイベントで喜美子の見合い相手を….

番組内容

喜美子(戸田恵梨香)は初めてデザインした火鉢の試作品を八郎(松下洸平)に見せようと商品開発室を訪れる。すると八郎の作陶を目撃して驚く。八郎は社長の許しを得て、勤務時間の前後に陶芸の練習を重ねていた。目の当たりにした陶芸に心をひかれる喜美子。そして八郎の陶芸への思いを聞くと、喜美子の脳裏にある思い出が浮かぶ。その頃、川原家に信作(林遣都)が来て、「お見合い大作戦」なるイベントで喜美子の見合い相手を…

 

スカーレット/ 12月3日/動画/12月3日キャスト

 

戸田恵梨香,北村一輝,富田靖子,林遣都,松下洸平,福田麻由子,本田大輔,夙川アトム,三谷昌登,久保山知洋,遠藤雄弥,イッセー尾形,語り
中條誠子

 

 

スカーレット56話動画12月3日 感想

お見合い大作戦

八郎(松下洸平)とまた一歩近づいた喜美子(戸田恵梨香)。

56話では遅くなってしまったその帰り道で、信作にバッタリ。

信作(林遣都)は喜美子を訪ねた理由のお見合い大作戦の話を喜美子にもそこで伝えるんですね。

今仕事に夢中な喜美子にお見合いなんてそれどころじゃないって感じですよね。

それに喜美子は自分では気がついてないだろうけど、すでに八郎に惹かれ始めてそうですし。

気乗りしないのは無意識だとしてもそれもありそうな気がしますね。

信楽の結婚適齢期の若者達を集めて、要は集団お見合いってこと。だけど高校でて3年とかでもうお見合いって…今の時代だとかなり早いって思っちゃうけど。

時代もあれば、その土地柄もあるんですよね。男の人も結婚してないと社会的な信用度合いがすごく違ってたりもしたって聞いたことがあるんですよね。

信作はずいぶんとノリノリ。陽子さんがノリ気になってくれたっていってたけど、なんかここまで気合いが入ってたとはちょっとびっくり。

喜美子の両親の了解も得てるって言われるけど、むしろ喜美子の親の常治(北村一輝)が無理矢理のように陽子さん(財前直見)に頼んだんだものね。

八郎も来るってのはちょっと意外です。まだ仕事に就いたばかりだし、あまり結婚願望とかあるようにも見えないかも。

なによりも、喜美子のことが気になってるんじゃないんですか?

喜美子もお見合いに参加するって思ったから来るとかなら良いなって思っちゃうけど。喜美子と同じで八郎も自分の気持ちに鈍感な人?

しかし信作、いつの間に八郎にそんな話を。信作のために盛り上げようと参加してくれるとか?もしかしたら信作はこれから八郎も誘うつもりってだけだったりするのかもしれませんね。

スカーレット動画56話12月3日までのネタバレ

 

お見合いにまきこまれそうだけど

信作(林遣都)持ち込み企画、お見合い大作戦。本人の意思は尊重されず、誰より喜美子(戸田恵梨香)の結婚を望む常治(北村一輝)。喜美子はこの話から逃げられなそうですよね。もうその前に八郎とくっついて欲しい気もしますが、喜美子が自分の気持ちに気がつくのはやはり時間がかかりそうで。

56話の八郎と喜美子があまりにもいい雰囲気で、信作は悪くないけど常治の思うように動かないでと思ってしまいました。

でも逆にこれが起爆剤となって2人がくっつく、という展開もありそうですね。

信作はずいぶんとやる気満々ですね。名付けてお見合い大作戦、信作がやると可愛さすら感じてしまいます。

川原家にもいつも自然に馴染んでますよね。以前常治が喜美子のお見合いを勝手に進めていた時に、信作が長男じゃなかったからなんてチラッといっていたけど、信作がもしも次男だったら本当に常治によって喜美子の夫にさせられていそうですよね。でもそれも川原家に自然に馴染みそうな気もします。

だけど今はやはり八郎と喜美子の進展が楽しみですよね。

陶芸のことを語る八郎が、気がついたら自然と好きになってたと言ったシーン、少しドキッとさせられました。

喜美子と八郎もお互いに、気がついたら自然と好きになっていたとなりそうですよね。もうなっているのかもしれません。

焦らずに楽しみつつ見守りたい2人ですが、そうも言ってられなくなりそうです。

まとめ

人生の師ともなるフカ先生、お弟子さんの1号、2号さんが信楽を去り、喜美子の今後が心配でした。試作品が出来上がりも、素晴らしい出来栄えでした。

火鉢を使わないであろう現代でも、思わずほしくなってしまうような、明るいのにどこか品のあるデザイン。

これからの喜美子の絵付けにも、より力が入っていくのだろうな、と感じ、視聴者として、応援する気持ちにより力が入りました。

また、八郎との関係も、とてもいい感じになってきていて、見ているこちらも、ほんのりのドキドキとハラハラ、そして、このまま一緒になればいいのに、というお節介おばさんの気持ちがもたげてくるのを感じています。

きっとこれから、八郎のことを知っていく中で、陶芸に興味を持ち、喜美子もそれに惹かれていくのかな、と期待しています。

八郎のことは、陶芸の勉強をしてきて、信楽にやってきた人、というくらいの情報しかなかったですが、フカ先生の描かれた絵とのエピソードや、喜美子と話していく中でちょっとずつ知ることができる八郎の人となりに、こちらも共感したり、応援したくなるようなステキな男性だな、と思いました。

喜美子との掛け合いも抜群で、こうしたセリフから、二人の雰囲気がよくなっているところが描かれているのは、朝ドラの醍醐味なのかなと感じます。

松下洸平さんは、以前他局のドラマで見かけて、とても存在感のある方だったので、今回、ヒロインと関わる重要な役として、毎日朝ドラを通してお顔を見られるのが楽しみになっています。顔立ちと雰囲気が役と合っているので、とてもステキな演技をされていることが本当にうれしいです。

一方、父親の常治、母親のマツが、喜美子のお見合い話をはじめたところでは、「本当に勝手な親だな」と呆れずにはいられませんでした。

教育により、女性も仕事をもって働くことが推奨され、子どもでもきちんと教育を受ける権利があると、日本の隅々にまで浸透していく時代は、まだまだ先のことなのかもしれませんが、喜美子の一生懸命さをずっと目の当たりにしてきた身としては、本当に、この父親と母親のせいで、喜美子が不幸になるのは許せないという気持ちでいっぱいです。

ただ、こうした家族の不甲斐ない部分があるからこそ、喜美子のがんばりが引き立っているのも事実です。

周りの、喜美子に対する勝手な期待、思い込み、古い価値観、そうしたものを超えて、きっと喜美子は成長していくのだろうと思います。

これから、幼馴染の信作や照子も、人生の新たな局面を迎えていくでしょう。

結婚や出産、会社の経営や家族の行く末。

波乱万丈ではなくても、それぞれの人生を丁寧に見せてもらうのが楽しみです。

総括

朝ドラは主役がヒロインなので勿論ヒロインを誰が演じるかで大きく左右されたり見てみたいかどうか注目度も変わってくるのですが、ここ数年毎作ではないものの定期的に朝ドラを見るようになって気付いた点はヒロインと密に関わる男性を誰が演じるか、どういうキャラクターの男性なのかも相当ドラマに影響しているということです。

なのでスカーレットでもそういう男性の存在は誰になるのかなと楽しみにしていました。

これまでは林遣都さんだったのですがここにきて林さんの存在を凌ぐほどと思えるのがこの松下さんです。

と言うのはスカーレットで松下さんの事を初めて見たのですが新入社員3人の中で松下さんが最も印象に残りまだその時点で名前すら知らずにいたので、この印象深い男性は誰だろうと、それが松下さんだったというわけです。

雰囲気としては一見大人しめで物凄く派手とか目立つという感じではなかったのですが、演技を見ていくうちにどんどん惹かれるようになり朴訥な好青年ぶりには光るものを感じました。特に絵をご飯の為に売ってしまった事を直接絵を描いた本人の前で謝るというシーンはこれまでのスカーレットの中で最も心を震わせ胸を打たれるシーンとなりました。

ヒロインが信楽での成長を描くというものなので恐らくこれからは舞台も信楽で落ち着くと思いますし、そうなれば松下さんの出演シーンも会社を辞めない限りはこれからも多く重要な鍵を握る人物となりますので、スカーレットにおける最も重要なヒロインのそばにいる男性は松下さんになるのではないかと今の段階では予想しています。

スカーレットドラマ56話 動画12月1 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は
下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレットドラマ56話 動画動画12月3日