スポーツ

全日本フィギュア/ネット中継/配信&/2019/見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送/

全日本フィギュアスケート選手権2019(全日本フィギュア)/2019/ネット中継/配信&見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送/

 

2019年12月20日19時からフジテレビで『全日本フィギュアスケート選手権 男子ショート』が放送されます

19日は女子選手の活躍もいいですね

 

見逃した方や見逃し配信放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全日本フィギュア/2019/ネット中継/配信&見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送/
 

全日本フィギュアスケート選手権2019 /番組内容

 

羽生結弦、宇野昌磨、高橋大輔。日本のフィギュアの歴史を作った3人の英雄が、令和の初代王者を目指し代々木で激突する。オリンピック2連覇で4年ぶりの全日本出場となる王者・羽生。全日本3連覇の宇野、そして今大会を最後にアイスダンスに転向する高橋はこれがシングル最後の戦いとなる。レジェンド3人がそろう最後の戦いが、いよいよスタートする。見逃せない男子ショートを生中継でお伝えする。

 

全日本フィギュアスケート選手権2019 出演者

 

キャスター・リポート・インタビュー
宮司愛海(フジテレビアナウンサー)  三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)  内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー) 

解説
本田武史 

実況
西岡孝洋(フジテレビアナウンサー)

 

全日本フィギュア/2019/ネット中継/配信&見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送/ファンの声

作シーズンから絶好調である紀平選手が優勝するんじゃないかと、個人的には予想しています!

やっぱり勢いがあるので、チャレンジャーとして昨年の優勝者である坂本選手を追いかけるには良い関係かと思います。

17才に成長した紀平選手はメンタル的にも成長しているんじゃないかという期待もしています。

女子フィギュアは過酷なスポーツになります。

氷という鉄並みに固い場所で飛んだり跳ねたりするわけですから、どうしたって故障もたまってきます。

若さがある紀平選手のほうが、身体的にもコンディション的にも余裕があるような気がしています。

もちろん坂本選手のディフェンデング・チャンピオンとしてのモチベーションも高いと思いますので、集中力は互角のものになるような気がします。

演技の順番としては紀平選手が坂本選手よりも先になるので、プレッシャーを与えるためにもパワフルな演技をしてくれるものと期待するのです。

女子フィギュアの主役たちは、やっぱりこの紀平選手と坂本選手になると思います。

初出場の14才の千葉選手などもいるので、シンデレラ誕生となる可能性も楽しみにはなります。

中学生の選手ですか、いきなり急成長ということもあるかもしれないのです。

フィギュアスケートは若さも大きな武器になります。

 

本田真凜選手のファンなのでがんばってほしいと考えています。

笑顔がステキなスケーターなので、応援しています。

本命としては連覇を狙う坂本花織選手か、17才で勢いのある紀平梨花選手が対抗馬といった形にはなるのだと思います。

紀平選手は勢いと若さがあるので、チャレンジャーとしては最強の心理状態で大会に挑めるのではないかと考えています。

浅田真央ちゃんが引退してから、日本女子フィギュアとしてはカリスマがいないような感じになってしまっているので、紀平選手など若い選手に期待したくもあるのです。

作シーズンから今シーズンの序盤までのトータル的な成績では、若干、紀平選手がリードしているようにも感じられる成績ですので、どっちが勝つかは本当にわかりません!

冬が深まり本格的にフィギュアスケートのシーズンが到来し、女王の座をめぐっての争いも本格化していきそうです。

世界選手権などの優勝も狙える紀平選手や坂本選手に注目が集まってくると思いますが、個人的には本田真凜選手に女王になってほしいなあと勝手に考えています。

女子の戦いは複雑化しているので、予測するのが本当に楽しいのです!

誰が優勝するのかを予測するのが、今大会においての最大の楽しみです!

 

ツイッターの個人ファンの声を無断で引用する違法性まとめ

 
最近、メディア露出をしている人で、雑誌や本を書いている人で自分に関連するツイッターを本に掲載している人がいます。

以前に、経済関連、ビジネス関連で自分のツイートを自分の本に載せている人、または、ツイートをまとめて本にしている人がいますので、それ自体は悪いことではないと言えるでしょう。

ツイッター社の規約では、ツイートの利用は必ずツイッターAPIを通じで出力するようにといわれています。

これはどういうことかというと、
1アプリ作成のときには、ツイッターのデータ操作は、エンジニア登録の上、正式なツイッターAPIで出力したデータでないといけない、また、ツイッター社の決めるフォーマットに準拠しているということ
2 本に掲載する場合は、ツイッターアプリやツイッター社の提供するアプリケーションの形式に従うこと
という規則があるわけです。

最近、それらの規則に違反したデータを本にしている人がいるということを聞きます。
それはどういうことかというと、他人の書いた文章を、切り貼りして、もとの意味を変えて本に載せているということです。

本の作者や、出版社は「これは引用の範疇である、他人の権利を侵害していない」と、行ってますが、短文とはいえ、自分の書いた文章の意味を改竄されているというのは、場合によってはそのツイートをもとに「あなたはこういうことを書いているではないか」と、その本を見せつけられ、それがもとで仕事や人間関係に支障が生じる場合があります

全日本フィギュア/2019/ネット中継/配信&見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送遺法道サイトの危険性

 
個人ブログでの肖像権侵害は大きな社会問題となっています。例えば、旅行先で撮った写真に全然知らない人が写っていたとします。

それを個人のブログでそのままあげてしまうとその人の肖像権を侵害していることになります。

ここで重要なのがその人のブログを被害者側が見ている可能性は低く直接的な問題にはなりにくい点です。そのため多少知らない人の顔が写っていてもそのままブログにあげてしまう人が多いのが現状です。そこでブロガーは仮にそういった写真をアップするなら、どのような場合肖像権の侵害になるかを知っておく必要があります。

具体的には被写体の同意があること、映っている人物が特定できない程度には写真がぼやけているもしくはモザイク処理などで加工されているなど様々な条件があります。

一方で撮影者側としては表現の自由があるので一概に写真撮影を禁止にしろというわけにもいきません。

だからこそ、どこまでが許されるのか許されないのかという境界線が曖昧になりがちです。

ただ、一つ言えることは、被写体側が肖像権の侵害だと訴えてきた場合、撮影側が言い返すことは困難のように思えます。

特にその写真によって被写体側が社会的活動で何かしらの不利益を被った場合はなおさらです。

だからできる限りブログに写真をあげる側は細心の注意を払い人物が特定できるような写真を避けて未然にそういったトラブルを予防するしかないのではと思います。

全日本フィギュア/2019/ネット中継/配信&見逃し配信/羽生結弦/紀平梨花/再放送/Youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)では見れません
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全日本フィギュアスケート選手権2019