スポーツ

箱根駅伝 2020 見逃し配信 動画/ネット中継//1月2日/1月3日ライブ配信 再放送

箱根駅伝 2020 見逃し配信 動画/ネット中継//1月2日/1月3日ライブ配信 再放送

 

2020年1月2日7時50分から日本テレビで『★SAPPORO新春スポーツスペシャル第96回東京箱根間往復大学駅伝競走』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

箱根駅伝2020ライブ配信/ネット中継/見逃し配信1月2日/1月3日
 

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走 /番組内容

 

箱根100年。タスキは大正・昭和・平成そして令和へ。96回目の継走を完全生中継▽歴史的大激戦

 

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走 出場大学・チーム

 

東海大学・青山学院大学・東洋大学・駒澤大学・帝京大学・法政大学・國學院大學・順天堂大学・拓殖大学・中央学院大学・東京国際大学・神奈川大学・日本体育大学・明治大学・創価大学・筑波大学・日本大学・国士舘大学・早稲田大学・中央大学・関東学生連合

 

箱根駅伝2020ライブ配信/ネット中継/見逃し配信1月2日/1月3日みどころ

 

毎年お正月恒例の箱根駅伝が今年も放送されるので今から私もドキドキしながら楽しみにしています。
今回は第96回目ということで、すごい歴史のある駅伝なのですが、毎回いろんなドラマが生まれるので、そこが見どころです。

私はマラソンが駅伝が苦手で、学生時代もその授業や時間があると苦痛で苦しかったのですが、この箱根駅伝に出る各大学の選手たちは走るのが大好きで、タスキを繋げるのに全力をかけていてその凄さに驚きます。

大学生たちの本気の走りと熱意がテレビ画面から直接伝わってきて、テレビに向かって頑張れー!とつい叫んでしまいます。

東京から箱根までの長距離をたった2日間で往復するという過酷な駅伝で、その道のりには山の上り下りも含まれていて、その数々の難所を通る時にたくさんのドラマが生まれてきました。

とくに箱根の山のルートの際はその坂道の高低差や気温差が選手たちを苦しめます。

時に選手の体調が思わしくなくなり、倒れてしまい監督の判断で途中棄権する大学チームも出てくるので、その勇姿には思わず泣いてしまいます。

今回も選手たち、監督、周りのサポートする方々、そして沿道の応援に駆けつけた人たち、みんな一体となって箱根駅伝を作っていってくれると思うので私も一緒になって応援したいと思います。2日間じっくりと見たいです。

 

新年恒例の行事にもなっている箱根駅伝も、96回目を迎えました。2日間にわたるテレビ中継をずっと観戦するわけではありませんが、画面に選手たちの姿が映っているだけで正月気分を味わえます。

高低差の激しいコース設定は難所も多く各区間には特徴がありますが、選手たちは一本のタスキに思いを込めて乗り越えます。

駅伝を競技として見ると成績が重要視されますが、箱根駅伝の魅力は目に見えない人間ドラマがあることです。

出場を果たすまでの苦労もありますし、レース中における仲間やライバルに対する思いもあります。

今回も伝統校が多く出場していて、激しいレース展開が予想されます。

そんな中でも、昨年は創部46年で悲願の初優勝を果たした、東海大学の走りに注目しながら応援します。絶対王者と言われた青山学院に勝利して、今年は挑戦者から王者と立場が変わって、どのようなレース運びをしてくれるのか楽しみにしています。

今年も厚い選手層を誇っていますが、学生トップクラスの実力を持つ鬼塚翔太選手に注目しています。

学生として最後の走りになりますが、チームと個人のために全力で悔いのない走りを見せて欲しいと願っています。

レースを楽しみにするとともに、背景の人間ドラマにも注目して今年のスタートを切りたいと思います。

 

箱根駅伝2020ライブ配信/ネット中継/視聴者の声

 

今回の箱根駅伝の見所は、青山学院大学、東海大学、東洋大学の3チームの優勝争いになります。

まず、昨年まで絶対的王者であった青山学院大学は今年も選手層は厚いままですが、出雲駅伝、全日本駅伝共に選手の調子が万全ではありませんでした。

しかし、補欠選手にも力のある選手がいたことや、全日本大学駅伝で2位という結果を残したことから、今年度も優勝争う間違いなしの大学となるでしょう。

次は東海大学についてですが、東海大学は昨年の箱根駅伝において総合優勝をしており、また、最近の全日本駅伝でも優勝していることから確実に優勝争いに加わるチームとなります。

しかし、チームの主力となっている現在4年生の「黄金世代」の調子が良くなく、この「黄金世代」以外のメンバーでどれだけ、他のチームの主力選手にくらいついていけるのかが勝負の鍵を握ると思います。

個人選手の中では東京国際大学のルカ・ムセンビ選手です!まだ一年生のスーパールーキーで、秋の全日本大学駅伝では8区区間賞でまだまだ伸びる可能性を秘めていることから、とても楽しみな選手となります!

あとは個人的に、北海道出身なので同じ出身である東海大学の小松選手を応援しています!

最後は東洋大学ですが、東洋大学は昨年の箱根駅伝では3位でしたが、今年もチームの層が厚いのと西山選手、相澤選手の主力メンバー2人がどれがけレースの流れを作るかが、勝負の決め手となるかと思います。

選手の層が厚いため、青山学院大学と東海大学の2チームでブレーキとなる選手が出た場合に東洋大学が一歩リードできるチャンスがあるかもしれません。

 

 

箱根駅伝2020ライブ配信/ネット中継/まとめ

 

正月の風物詩の一つでもある第96回東京箱根間往復大学駅伝(通称箱根駅伝)がいよいよ1月2日、3日行われますが、今回は優勝候補本命というのが不在であり、戦力・実力が拮抗していてどこが勝つかわからないという楽しみなところもあり最後までもつれる駅伝になるのではないかと楽しみです。

優勝候補にあがるのが、東海大学・青山学院大学・東洋大学の3強をはじめ、ゴールデンルーキーの田澤廉選手がいる駒澤大学、出雲駅伝を制して優勝候補に躍り出てきた國學院大学などそれぞれの大学に特色があってどんなレースプランをしてくるのか楽しみでもあります。

期待の選手としては、東洋大学の相澤晃選手で前回は4区で区間新記録の走りを見せてくれて、今回は2区にエントリーをされているので、昨年の塩尻和也選手を上回る記録を出せるかどうか注目をしています。

また、箱根には特殊区間があり、山の神が降臨するかどうかも注目するとともに、新たなスターがでてくるかどうかというにも注目をしています。

関東地区の天気も良いみたいなので多くの方の応援する姿や日本テレビの中継もこれぞ箱根駅伝という雰囲気を見てみたいと思います。どんな駅伝になるか最後まで予想がつかない箱根駅伝がとても楽しみです。

 
毎年数多くのドラマを巻き起こす箱根駅伝ですが、今年は天候にも恵まれる予想であること、新シューズの効果で全体的にタイムが向上した選手が多いこと、東海大学・青山学院大学・東洋大学・駒澤大学・國學院大學といった5強に挙げられる大学はあるも、どこも戦力が拮抗していることから、例年以上にどこが優勝してもおかしくない状況。

1区から10区まで二日間目が離せない大会になりそうです。日テレの方が本当にどの大学・どの選手もよく取材しているので、走っている選手の思いなどを知ることができ、どの選手も応援したくなり、見ているだけの自分でも箱根駅伝を構成する一員になったような気分になれることも楽しみの一つです。

注目チームとしては東海大学が連覇を達成できるか。「黄金世代」といわれた4年生のラストラン・それに負けじと頑張って来た下級生の融合で、さらなる強さをどこまで発揮できるかが見ものです。

選手としては、駒澤大学の大物ルーキー田澤簾選手に注目です。

区間エントリー時点では補欠に回っている田澤選手が、当日どの区間に入り、どこまでかき回してくれるのか、今から想像するだけでもワクワクしてきます。

2日間あわせて約12時間にもわたる超長時間の番組ですが、飽きる瞬間は一秒たりともないはずです。

 
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走