アニメ

映像研には手を出すな/見逃した配信/アニメ/ 初回/1話/nhk/無料視聴1月5日放送まとめ

映像研には手を出すな/見逃した配信アニメ/ 初回/1話/nhk/無料視聴1月5日放送まとめ

 

2020年1月5日24時からNHK総合で『映像研には手を出すな!(1)「最強の世界!」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研には手を出すな//1話/アニメ/nhk/無料視聴1月5日放送まとめ
 

映像研には手を出すな! /番組内容

 

芝浜高校の1年生、浅草・金森・水崎の3人は、「最強の世界」を表現するため“映像研”を結成し、活動を開始する。アニメづくりをアニメで描く、青春冒険部活ストーリー。

番組内容
アニメーション制作を夢見る高校1年生の浅草みどりは、同級生の金森さやかとともにアニメ研の上映会へ。すると、カリスマ読者モデルとして知られる水崎ツバメが声をかけてきた。水崎はなぜか黒ずくめの男たちに追われていた。浅草と金森は彼女を助け、男たちを撃退する。そして2人は水崎が意外にもアニメーター志望であることを知る。浅草と水崎の即興での合作が始まり、意気投合した3人の前に「最強の世界」が広がっていく…。

 

映像研には手を出すな! キャスト

 


伊藤沙莉,田村睦心,松岡美里,小野友樹,石塚理恵,冨田泰代,清水理沙,井川秀栄,佐藤愁貴,角倉英里子,越後屋コースケ,岡純子

 

映像研には手を出すな//1話/アニメ/nhk/無料視聴1月5日放送まとめストーリー性

 
映像研には手を出すな!の第一話のあらすじが先程NHK様で流れた一部も交えて紹介致します。

あの国内外で数々の賞を貰っている湯浅正明監督の作品となります。

アニメーション制作を夢見る高校一年生の浅草みどりと金森さやかがアニメ研の上映会へ行く事から物語が始まります。

カリスマ読者モデルの水崎ツバメが声をかけてくるものの、黒ずくめの男たちに追われている意味深な所から物語が動いていきます。

水崎ツバメも読者モデルでありながらも、アニメーター志望という事実が判明します。
そしてその三人が出会う事によって、最強のアニメーションの世界を作り出す物語のスタートラインが始まります。

高校一年生なら、夢を追うのも丁度良い時期ですし、何よりやりたい事をやるという突き進んで行く姿にとても興味が沸きます。

私達に夢を諦めないで、と何かを問いかけるかのように、伝えたいメッセージも込められていて、現代の若者にも、そして子を育てる親達にも伝わると思います。

映像研を設立した三人の脳裏にある最強が果たして、世の中の人々に伝わっていくのか、感動を与えるのか、とても楽しみです。

 

映像研には手を出すな//1話/アニメ/nhk/無料視聴1月5日放送みどころ

 
映像研には手を出すな!」って、月刊スピリッツで掲載中の大童澄瞳先生原作の作品ですよね。ついにNHKでアニメ化されるんですね。

全国のアニメファン待望の作品です。

放送が待ち遠しいです。今回のアニメ化を担当されているスタッフが強者揃いで、意気込みの程が伝わります。

監督は、私が大好きな作品「きみと、波にのれたら」の湯浅政明さん。

キャラクターデザインは「おそ松さん」で有名な浅野直之さんに、音楽はオオルタイチさんが担当されるんですよね。それって、最強過ぎませんか。

内容がアニメ作りに奮闘する女子高校生三人が繰り広げる青春部活ストーリーですから、これをアニメ化せずにどうする、と思っていました。同じ意見の原作ファンは、きっとたくさんいることでしょう。

原作の世界観がアニメの中でどのように活きてくるのか楽しみです。

ちなみに、私は三人の中でアニメに情熱を注ぐ浅草みどりが一番気に入っています。

まずは第一話ですから、今回は高校一年生の仲良しコンビ浅草みどりと金森さやかがアニメ研の上映会で偶然出会ったカリスマ読者モデルの水崎ツバメと意気投合して、三人で映像研を結成するところから物語が展開していきます。三人が目指す「最強の世界」に注目です。

 
アニメーション制作を夢見る女子高生の話のようです。

浅草みどりと、同級生の金森さやかがアニメ研の上映会に行くと、そこにカリスマ読者モデルの水崎ツバメがおり、黒服の男達に追われていたようです。

この黒服の男達とはいったいなんなのでしょうか。

漫画やアニメで良く登場するような、謎の組織に所属するような人物たちなのでしょうか。

それとももっと違う要素を持った人たちなのでしょうか。

ツバメはなぜ黒服の男たちに追われているのでしょう。みどりとさやかはツバメを助けるようですが、どのような手段で黒服の男達からツバメを守るのでしょう。

ツバメがアニメーター志望であることが分かり、“意気投合した3人の前に「最強の世界」が広がっていく…。”とありますが、「最強の世界」とはいったいどのようなものなのでしょう。

3人が思い描く、アニメの中の世界ということなのでしょうか。作品の中でしっかり見せてくれるのでしょうか。

もし見ることができるのならば、大変楽しみです。

黒服の男たちの存在が気になりますが、3人の今後はどのようになっていくのでしょう。

ツバメを守りながら、3人でアニメをつくっていくような展開になるのでしょうか?だとしたら、3人の関係性はどう変化していくのでしょう。

まとめ

このアニメが楽しみだと感じるのは今のアニメ業界に対する問題点を浮き彫りにしてくれるアニメになってくれるのではないかという期待があります。
最近はアニメーターの待遇が悪いという事がかなり認知されるようになってきたこともあってあまりアニメーターに関心がなかったような人もアニメ―ターに関心を持つようになってきました。

もちろん、それだけではな今のアニメに関しても色んな問題点を指摘する事で色んな人がアニメの今後を考えるきっかけになると良いと思っています。
私はアニメに関してあまりに偏った内容ばかりやっていても人気が出ないと思っている方なので昔の深夜アニメみたいにかなり挑戦的な内容をやって欲しいと思っています。

特に私が期待しているのがアニメは原作ものにあまり頼らずにオリジナルアニメを作って誰もがアニメを見ないとその先が分からないようなアニメで面白いものを多く作って欲しいと思っています。そういうかなり突っ込んだ内容をそれぞれのキャラが真面目に議論してくれるような内容だったらかなり嬉しいと思っています。
 

NHKで放送されるテレビアニメ『映像研には手を出すな!』。

個性的な女子高生3人が出会って意気投合し、「最強の世界」を表現するとして“映像研”という部活を立ち上げて、アニメ制作に挑むというユニークなストーリーの作品です。

最初にこのアニメの予告編動画を見た時に感じたのは、劇画調とでも言うのでしょうか? 独特なタッチの絵柄であり、キャラクターデザインですね。

昨今、こういった絵柄のアニメは少ないと思いますので、これだけでかなり惹きつけられる思いがしました。

また、主役となる3人の少女たちのキャラクター設定もかなり面白いものです。

浅草みどりは、自分の考えた「最強の世界」で大冒険するのが夢という、性格もかなり男の子っぽい性格の持ち主。

金森さやかはお金が大好きだけど、その分現実主義者で地に足がついている感じ。

水崎ツバメは両親が役者で、カリスマ読者モデルとして活躍している、華々しい将来が約束された立場でありながら、実はアニメーター志望だという変わった女子高生。

それぞれの個性が際立っている上に、アニメ制作に当たっては上手く補完し合える才能を持っているだけに、3人が力を合わせてどんなアニメが作られることになるのか、その過程も見ることも含めて、楽しみですね。
 
アニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」の制作会社が担当するということもあって、アニメ化が面白そうな作品だと思いました。

アニメーション制作を題材とした作品ということもあり、作品を通してアニメーションづくりの工程やクリエイティブなものを制作する楽しさが見えてくると思うので、創作活動をしている多くの人に刺さる作品なのではとも思います。

第一話は主人公たちが出会う始まりのストーリーにもなっているので、これから続いていくアニメとしての完成度をはかるうえでも大事な回になると思います。

原作の評判が良くても、アニメ化すると見え方が変わってしまうこともありますが、個人的には好きなタッチのアニメだと思うので期待して見たいと思います。

主人公の声には女優の伊藤沙莉さんがつとめるようで、味のある独特の声の魅力がある方だと思うので、彼女が声を当てた主人公がどのような雰囲気になっているのかも楽しみです。
主人公たち3人の高校生が出会うことでクリエイティブの可能性が大きく開けていく様子が今後の楽しみな展開を予感させてくれるような気がするので、青春時代特有のどこまでも広がっていくような希望をうかがわせる第一話になるのではと思っています。

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研には手を出すな//1話/アニメ/nhk/無料視聴1月5日放送まとめ