映画無料ホームシアター

疾風ロンド/映画/動画/無料視聴/フジテレビ/2020年1月7日テレビ放送

疾風ロンド/映画/動画/無料視聴/フジテレビ/2020年1月7日テレビ放送

 

2020年1月7日21時からフジテレビで『映画「疾風ロンド」【地上波初放送!主演阿部寛 予測不能のエンターテイメント】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

疾風ロンド映画/動画//無料視聴/映画
 

疾風ロンド /番組内容

 

原作は、2013年に発表され瞬く間に100万部超の大ヒットとなった、日本を代表するミステリー作家・東野圭吾の長編小説「疾風ロンド」。主人公の医科学研究所員・栗林を演じるのは、その強烈な個性と圧倒的な存在感で観るものを魅了する阿部寛。そして、栗林が命を受けた“ある捜索”をサポートするスキー場のパトロール隊員・根津を関ジャニ∞の大倉忠義が、根津と共に捜索に協力するスノーボードクロス選手・千晶を元AKB48大島優子が演じる。さらに、柄本明、ムロツヨシ、戸次重幸、麻生祐未、生瀬勝久など豪華な俳優陣に加え、志尊淳、濱田龍臣、久保田紗友、望月歩、前田旺志郎など今後活躍が期待される若手俳優が集結。監督は、「サラリーマンNEO」、「あまちゃん」などの吉田照幸。見せ場のひとつ、大迫力の雪上のチェイスシーンは必見!広大な白銀の世界を舞台に、疾風のように駆け抜けるスピード感と、二転三転する予測不能のノンストップサスペンス!

 

疾風ロンド キャスト

 

阿部寛  大倉忠義  大島優子  ムロツヨシ  堀内敬子  戸次重幸  濱田龍臣  志尊淳  野間口徹  麻生祐未  生瀬勝久  望月歩  前田旺志郎  久保田紗友  鼓太郎  堀部圭亮  中村靖日  田中要次  菅原大吉  でんでん  柄本明

 

疾風ロンド/動画//無料視聴/映画ストーリー性

 

映画「疾風ロンド」は日本を代表するミステリー作家の東野圭吾氏の長編サスペンス小説が原作になっている作品です。

この作品ですがなかなか設定的に面白そうに感じます。

というのは主演の阿部寛さんは背が高くてテニスや古武術をやるなどスポーツが得意そうなので、てっきり雪山でプロ並みの腕を持つスキーヤーやスノーボーダーの役なのかと思いきや、研究員でありスキーは上手ではないという設定になっているからです。

そして雪山の中に危険な生物兵器が埋められていることから始まるストーリー展開はやはりどうなってしまうのかという期待が高まります。

スキーやスノーボードが上手な方もいないと作品的に成立しませんが、それは男性アイドルグループ・関ジャニ∞の大倉忠義さん、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーの大島優子さんが演じています。

作品のストーリー展開の予想としては主人公の研究員である阿部寛さんが苦手なスキーでは大倉さんや大島さんの助けを借りながら、生物兵器を無事に処理するという流れになるとは思います。

ただ雪山に危険な生物兵器を埋めるという発想を持つ犯人はかなり危険な性格だと思いますので、最後までハラハラドキドキしながら見られる作品になっていると感じます。
 
東野圭吾と阿部寛の組み合わせというと「加賀恭一郎」シリーズが真っ先に思い浮かぶのですが、「疾風ロンド」は同じ組み合わせでも雰囲気がガラッと変わる映画のようです。

「加賀恭一郎」シリーズは本格サスペンスものですが、「疾風ロンド」は映画のキャッチコピーである「笑撃サスペンス!」の名の通り、ミステリー要素もあり、またコメディ要素もあるようです。

阿部寛はさすがその両方の要素をうまく演じているなぁと予告編から伝わってきます。他の出演者も関ジャニ∞の大倉忠義、元AKB大島優子などなど、豪華俳優陣が集結しているようなのでとても楽しみです。

また、主題歌をB’zが手掛けていることにも注目です。

B’zの二人が実際の原作を読み、登場人物の心理状態や作中のシーンを重ね合わせて主題歌を創ったとのことなので、映画にぴったりの曲になっていることでしょう。

何よりも、「白夜行」「探偵ガリレオ」など数々の名作を生みだし、何本もの作品が映画化・ドラマ化されている超有名ミステリー作家・東野圭吾が原作者であるということは、話のところどころに伏線が散りばめられ、ラストではその伏線が見事に回収されるというストーリー展開が期待できます。

キャストもストーリーもどちらも魅力的な映画なので、今から観るのが楽しみです。

 
東野圭吾の大ヒット小説を映画化した「疾風ロンド」。

宣伝文にあるように予測不能のエンターテインメントというこの映画は、「トリック」や「結婚できない男」など様々な大ヒットドラマで主演を演じてきた阿部寛が主演ですが、それだけで十分に楽しめる作品であろうと予想できます。

上司から理不尽な命を受けてドンドンと追い込まれていく阿部寛さんが演じる主人公。その男らしい風貌とは対照的に、コメディ路線でも視聴者を楽しませてくれる彼がどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

ハリウッド映画の「ダイ・ハード」で主演のブルース・ウィリスさんがテロリストに追い込まれていくにも関わらず見ている側にはなんとなく笑いが生まれる、それと同じように、阿部さんも周りが大騒ぎすればするほど、阿部さん自体の持つ飄々とした雰囲気が視聴者に笑いをもたらしてくれます。今回の映画もきっと阿部さんが視聴者をその飄々とした姿で楽しませてくれるでしょう。

また、脇を固める俳優陣も、大島優子さんや関ジャニ∞の大倉忠義さんなど豪華なメンツをそろえており、原作小説の雰囲気を壊さずにどれだけ視聴者を魅了してくれるのか、そういった点にも注目して視聴したい作品です。

疾風ロンド/動画//無料視聴/映画みどころ

 

東野圭吾さんは阿部さん好きですね。

よく東野圭吾さんの作品に出られてる印象があります。

内容読むまでは東野圭吾そさんと知るよしもなく、スキー場の話なのかな?と軽く思ってましたが、内容読むとサスペンス!

個性的なキャラって阿部さんまんまですね

関ジャニの大倉君もクールな感じですし、大島さんはなんとも言えませんが、観てみたい作品です。
昔はよく東野圭吾さんの作品の本を読んでからファンになり、ドラマや映画観てました。
でも最近観てないのでこれを機にファンになるかも知れませんね。

サスペンス。全く想像がつかないですが、遭難事故と見せかけての殺人とか?
最近色んな脚本家さんが出てきて流行りの脚本家さんとかありますよね。

その中でも東野圭吾さんって長い間描き続けておられますが、ネタとかよく沢山出るな。と尊敬します。
サスペンスものが多いですが簡単な殺人とかじゃなく大きな意味があったり、深い意味があったりと考えさせられる話しが多いですね。

映画好きの私としてはこれまで色んなジャンルの映画を観て来ましたが、記憶に残るのは東野圭吾さんもその1人です。

阿部さんも当たってから長いこと主演も張られているので演技も上手いですし、ベテランさんなので観るのが楽しみです。

まとめ

 

面白そうな所は、原作が、人気作家の東野圭吾さんという所です。
今回の作品は、コメデイ要素もありそうなのでサスペンスとコメデイの両方を楽しめそうです。
スキー場を舞台にK-55をめぐり奔走する栗林の姿が、楽しみです。
この映画の見どころは、登場人物が、スキー場でK-55を捜索する所です。

スキーやスノボードでゲレンデをかっこ良く滑るシーンに注目です。

スノーボードクロスの選手の華麗なスノーボード姿も期待します。

栗林の息子との関係も興味深いです。

この事件に巻き込まれる前は、ウザイと思われていた栗林ですが、事件の後にどう親子関係が、かわるのか注目です。

息子の恋愛もあるそうなのでそこも楽しみです。

面白いのは、テデイベアのぬいぐるみにK-55の場所が、記されている所です。
ゲレンデのどこにテデイベアは、いるのかも注目です。

そして、4日で栗林は、k-55を回収しなければいけないというのも緊張感が、あり見どころですね。

研究所からk-55を持って脅迫した犯人を逮捕できるのかも注目です。

ゲレンデで遊んでいる人たちには、秘密にした状況でk-55を回収しなければいけないのもジレンマですね。

危険な状況であるのにそれを言えない所もこの物語の注目ポイントですね。

1月7日の夜9時から地上波初放送される『疾風ロンド』の映画が今からとても楽しみで仕方ありません。

この映画は、大人気の小説家である東野圭吾さんの小説をもとに実写化されたストーリーなのですが、映画が放映された時も大変話題になっていました。

この映画で主演を演じているのが俳優の阿部寛さんです。

阿部寛さんは今までにも、「結婚できない男」や「テルマエロマエ」の笑わせる系の役をたくさん演じられてきて、見た目のダンディで端正な顔立ちとは真逆のキャラクターをも自分のものにされている凄い俳優さんです。

今回のこの映画の中では、主人公の大学の医科学研究所で主任研究員として働いている栗林和幸を演じられています。

栗林は、一人息子の秀人(しゅうと)と暮らすしがないサラリーマンなのですが、母親はすでに亡くなり、息子と二人暮らしをしています。

息子が14歳になり、言うことを聞かなくなってきた息子の教育に悩みつつも仕事をする毎日でした。

ある日出社した栗林は、実験室内に保管してあったはずの、バイオセーフティレベル4相当の危険な病原体を入れた試験容器がなくなっていることに気づきます。

すぐに生物学部長の東郷所長に報告する栗林ですか、逆に東郷からは、東郷宛に来ていた脅迫メールを見せられ驚きます。

脅迫状には、摂氏10度以上になると破損する仕掛けを施した薄いガラスケースに、研究所で制作した殺人炭疽菌「K-55」を入れて、ある場所に埋めたと書かれていました。

そこで栗林はどこかに埋められたKー55を探す旅に出るのですが、雪山の中をスキーで滑ったりと波乱万丈のストーリーになっています。

今回も阿部寛さんがどんな風に面白く演じられているのか今から楽しみにしていたいと思います。

総括

動画を見たのですが、白銀のゲレンデでスノーボードやスキーで疾走するシーンがとても印象的でした。

出演者の皆さんは、かなりスノーボードやスキーの練習をされたのではないのかな?と思いました。

特に大島優子さんは、スノーボード選手という設定なので、かなり猛特訓を積んで、苦労されたのではないかと思いました。

大島優子さんの滑りにも期待して見てみようと思いました。そして、今回の舞台は雪山なので撮影も凄く過酷だったんだろうなとも思いました。原作はあの有名な東野圭吾さんということで、これは間違いなく面白いだろうなと感じました。

そして、主演が阿部寛さんということなので、更に面白い出来になっていること間違いなしだと思いました!東野圭吾さんは有名なミステリー作家なのですが、この映画では犯人が初っ端から死亡してしまうというところからストーリーが始まるらしいのです。

犯人が最初に死んでしまうというのは、斬新で新しい切り口だな~とビックリしました。

そして、その犯人の遺体から生物兵器を探していくというストーリーらしいです。

この違法な生物兵器とは一体何なんだろうなと思いました。

人質が全国民というところから、この生物兵器は毒ガス?と思いました。本編を見て、謎を解きながら楽しみたいと思います!

疾風ロンド/映画/動画//無料視聴/映画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)

でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

疾風ロンド/動画//無料視聴/映画