アニメ

うちタマ/アニメ/動画/1話/見逃し配信/再放送/無料アニポ/anitube/b9/kissanime

うちタマ/アニメ/動画/1話/見逃し配信/再放送/無料アニポ、anitube、kissanime

 

2020年1月9日25時10分からフジテレビで『うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~<ノイタミナ>』が放送されます

 

見逃した方/放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

うちタマ/アニメ/放送地域にない時の無料視聴方法
 

うちタマ?! /番組内容

 

1983年にデビューをした「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」 文房具や雑貨で一度は目にしたことがある、おでこにブチがあり黄色い耳をしたみんなのご近所ねこ「タマ」がまさかの擬人化で登場! タマと個性豊かな仲間たちが織りなす癒し系アニメーションの新境地! かわいいってこういうこと!? とある町の3丁目にはある貼り紙が頻繁に貼られていた。そこに書いてあるのはかぎしっぽのねこの絵と「うちのタマ知りませんか?」の文字。 その貼り紙を眺めている少年にはふわふわの耳とかぎしっぽが…!? 3丁目のねこやいぬ達が人の姿で駆け回る!? タマとフレンズのニャンとワンダフルな毎日を覗いてみませんか?

 

うちタマ?! キャスト

 

岡本タマ: 斉藤壮馬  山田ポチ: 小野賢章  木曽トラ: 白井悠介  花咲モモ: 花澤香菜  河原ベー: 内田雄馬  桶谷コマ: 黒沢ともよ  ノラ: 梶裕貴  三河クロ: 梅原裕一郎  野田ゴン: 羽多野渉  倉持ブル: 前野智昭

 

うちタマ/アニメ/ストーリー性

 
うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~<ノイタミナ>は、わたしが子どもの頃に好きでよく見ていた、あのうちのタマ知りませんか?が、まさかの擬人化するということで、かなり衝撃を受けました。

だけど、あの可愛いキャラクターたちが擬人化したらどんなふうに動き出すんだろうかと、とても興味が湧きました。

ビジュアルを見ましたが、みんな上手く擬人化されて可愛くなっていてワクワクしました。

特にタマはカギの形の尻尾がそのままの可愛い男の子になっていて癒されました。

動物の姿のアニメでは、3丁目内をみんなが駆け回って遊んでいたけれど、擬人化するとどんなふうになるんだろうかと気になります。

おそらく二本足で走るんだろうけど、ストーリーの内容はそのままなんだろうかと思いました。

また、動物の姿のアニメでは、少しだけネコたちの中で恋愛模様がありましたが、そのことについて擬人化の世界でも描かれるんだろうかと気になりました。

ネコたちの世界の時よりも、擬人化した分、リアルに恋愛が描かれてキュンとするようなシーンもあるといいなと期待しています。

とにかく可愛くてほのぼのしているのがこのアニメの良いところだと思うので、擬人化してもそこはとても楽しみです。
 
1993年~1994年にかけてTBS系列で放送された「うちのタマ知りませんか?」が、2020年にフジテレビ系列で新たなストーリーで放送される事に強い期待を寄せています。
TBS系列で放送された前作では、原作通りの姿(猫や犬などの動物の姿)で各キャラクターの活躍が展開されましたが、今作では、タマやモモ、トラ、ブルなどのキャラクター達が擬人化され、人間の姿で新たなストーリーが展開される事に深い興味を感じます。人間の姿になった事により、前作とはどのように異なったキャラクター設定やストーリーが展開されるのか楽しみでなりません。

また、前作ではギャグなほのぼのとしたストーリーの中に、「まつりばやし」や「汚れたヒーロー」のような生命の生き死に、人間から動物へ与えられた使命などの現代社会が抱える様々な不条理や課題を訴える内容もありました。

ただただ楽しく可笑しいだけではなく、現代社会が抱える諸問題を明示するストーリーが今作でも展開されるのか、私はその点についても関心を寄せています。

前作では、笠原弘子、椎名へきる、坂本千夏などの名優が各キャラクターを見事に演じましたが、今作において、新たにキャスティングされた若手声優達がどのような演技を見せてくれるのか、その点についても今から楽しみでなりません。

私は先に述べた面白そうな点を考察するために、ノイタミナ版「うちのタマ知りませんか?」の放送を首を長くして待っています。

うちタマ/アニメ/視聴者感想

 
アニメも新作の季節ですが、最近の新作アニメは深夜枠で始まることがほとんどで、新聞のテレビ欄では深夜枠を気にしている私です。

その私の目に飛び込んできたのが「「うちタマ?」でした。
タマといえば猫でしょう。

と、猫好きな私は即反応したのです。

連想したのはポチたまのキャラクターでしたが、調べて見ると私の連想があながち間違いではなかったと判明しました。

しかし違っていたのは、ポチたまが擬人化されているということでした。

そこで私は思わず「さすがノイタミナ」と思ってしまったのです。

かわいい女の子に猫耳がついていたらみんなキュンキュンしてしまうのはまちがいありません。
そしてイケメンも猫や犬とは、見るだけで楽しいに決まっています。

どんなギャグをやってくれるのか、どんな胸キュンシーンをやってくれるのか、わくわくします。

もしかして悲しくなる話もあるかもしれませんが、できるだけ笑顔になる話を期待します。
また、毎回本物の犬猫たちの紹介もあるとのことで、こちらもうんと楽しみにしています。

猫好きにとって新年からこうしたアニメが放送されることは、縁起がいいなとさえ思います。

あと、キャラクターは擬人化されているのでそれぞれに苗字がついているのがおもしろいです。

 

まとめ

 

 

日本のアニメは手書き・2D・3Dなど多様な手法で描かれ、どれも映像の美しさや細やかさなどクリエイターの熱や気持ちが強く込められています。

登場するキャラクターたちには深い設定があり、性格や話し方、内面心理の丁寧な描写には見ている人を強く引き付ける力があります。

視聴者の中には現在の自分とキャラクターの状況を重ね、キャラクターたちに救われる経験をする人もいるほど「セリフ力」や「描写力」に優れています。

日本のアニメで描かれる世界には制限がなく、アニメを見ているあいだ視聴者もその世界に入り込み一緒に体験しているような感覚になる作品が多く、アニメ視聴後に内容の考察や好きなキャラクターについての語り合える魅力をもっています。

音楽や効果音も世界観や描写にマッチしたものが作られ、描写に合わせた音あては絶妙です。

アニメのオープニング曲やエンディング曲にもクリエイターの心意気やユーモアがあふれ、最初から最後まで日本のアニメは人を楽しませる作りになっているのがとても誇らしいです。

世界中に日本のアニメファンがいるのも、作品の水準が高いことのあらわれ。

最初の国産アニメが作られてから100年以上になりますが、長く歴史を重ねられたのはひとえにクリエイターたちの真摯なアニメーション作りの賜物だと思います。
日本のアニメはまず、線が綺麗で絵が全体的に丁寧なところが世界に誇れると思います。

日本人ならではの几帳面さと清潔さが漫画にも現れていて、他国に比べて全体的に雑ではないところがすごいと思います。

主人公や人物以外の背景や小物の描写も外国のアニメに比べて、種類が多くそれぞれ緻密に書いてあり、手抜きしてないところもすごいと思います。

メインの登場人物も外国のアニメより多いところも楽しいところだと思います。

それにより、主人公を取り巻く海外のアニメにはない何重にも複雑な人間関係や心情の葛藤があり、外国のような単純な人間関係ではなく日本人独特の日本人ならではの人間関係の築き方と複雑な感じがアニメにもよく現れていてよくできてると思います。

あとは、アニメの設定が外国人には思いもつかないような複雑で独特なユニークなものが多いと思います。想定外というかそんなばかな、な設定でも面白くなるのは流石だと思います。

日本のアニメは線や、絵の美しさ、繊細さ、緻密さ、も相まって設定もユニークで独特なものがあり、だからこそアニメに引き込まれつい続きが見たくなるものが多いと思います。

あと、漫画家がとても多いので競争が激しいのである程度みんな絵が上手なところも誇れるところだと思います。
ちタマ/アニメ/動画/1話/見逃し配信/再放送/無料アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

うちタマ/アニメ/放送地域