ドラマ

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/東山紀之/フル/無料視聴/NHK/1月10日

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/東山紀之/フル/無料視聴/NHK/1月10日

 

2020年1月10日20時からBSプレミアムで『【BS時代劇】大岡越前5 「頑固くらべ茶碗騒動」』が放送されます

 

大岡越前5部/見逃した配信/再放送/1話/2020年、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/東山紀之/フル/無料視聴/NHK/1月10日5
 

大岡越前5 /番組内容

 

ある日、忠相の母・妙が買った仏像の中から大金が出て来て大騒ぎに。元の持ち主の浪人に返そうとするが、頑として受け取らない。やがてその浪人の過去が明らかとなり…。

南町奉行・大岡忠相(東山紀之)は、過去に追放した家臣を探してほしいと南部家当主から頼まれる。一方、北町奉行・伊生正武(高橋光臣)は南部家中のもめ事について調べていた。ある日、妙(松原智恵子)がくず屋から買った仏像の中から大金が出て来て大岡家は大騒ぎに。元の持ち主の浪人・千代田卜斎(片岡鶴太郎)に返そうとするが、卜斎は頑として受け取らない。やがてその卜斎が南部家当主が探している人物だと分かり…。

 

大岡越前5 キャスト

 

東山紀之、片岡鶴太郎

 

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/東山紀之/ストーリー性

大岡越前と言えば時代劇の人気作品である。

色んな有名俳優がやってきたが、東山紀之がまさかここまで時代劇に出るとは思わなかった。

この時代劇の人気作品をやるとはまさか夢にも思わなかったが、最近は名優も少なくなり致し方ないのかもしれない。

この時代劇のストーリーは忠相が南部家当主から、かつて追放した家臣を探して欲しいと依頼を受ける。

そんな中で忠相の母親がくず屋から大仏を買うと、なんと中から大金が出てきた。さっそく前の持ち主の浪人に返そうとするが受け取らない。

実はその浪人が探していた家臣であった。というストーリー。

まあ、もう一方であまり仲のよろしくない北町奉行もこの南部家中のもめ事について調べていたのでわけありのご様子。それもそうだろう、南部家は名門だから余計そうだ。

その家臣であった浪人も志高く清い人なのだろう。だからこそ、その人が離反した理由が気になる。大岡裁きが出るのかと思うと少し気になりますね。

二つのもめ事を解決する事は出来るのか、忠相の腕の見せどころですね。

私も大岡越前が好きなので、また見られるのが嬉しいです。

 
東山紀之さんの魅力を自由に書いてください

東山紀之と言えば何と言っても少年隊ですね。

醤油顔で一世を風靡しましたね

。錦織、植草、東山の3人の中では一番イケメンだった気がします。当時、18歳だった私は懸命に少年隊を追いかけていました。

団扇を持って応援したり、メガホンを持って応援したり、周りの人たちとは話題が絶えないので直ぐに友達になりました。

当時は大阪に住んでいましたが近県で少年隊のコンサートが有れば飛んで行った記憶があります。

また、少年隊3人の歌を聴きたい思いでいっぱいです。

植草とかはトークが上手いのだけど東山は少し恥ずかしそうに話していたのがとても純粋に移りました。

昔の東山の話はこれくらいにして、ドラマに出での話はダンディーな役柄が多いように感じます。刑事の役でも上司ではなくて頭がきれる部下的な役柄が多いですよね。落ち着いた喋り方が何とも言えない独特の雰囲気を出していますね。

トレンディードラマではガラッと変わって透明感のある好青年の雰囲気を漂わせるのでまるで七変化をしているようですね。

ここ最近ではニュースキャスターにもチャレンジしているようで東山のチャレンジ精神はまだまだ続きそうですね。

体の方も自宅にジムの部屋を作るほど鍛えている様なのでまだまだ期待出来そうですね。

 

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/東山紀之/みどころ

 

 

大岡越前5部/見逃し配信/再放送/1話/2020年/みんなの感想

 

「大岡越前5」は東山紀之さんが大岡越前を演じているドラマ。

母親が時代劇が大好きで、見ています。私も「面白いんだ」と思いつつちらほら見ています。

大岡越前は、そこまで夢中で見ていたわけではないものの二枚目俳優が主役を演じることがほとんどで、加藤剛さんが主演のものをよく見ていた気がします。

時代劇のほとんどがそうなのかもしれませんが、毎回、ストーリーが1話完結になっているので見逃しても大丈夫なのがよく、5では片岡鶴太郎が「なにかしでかしそうな予感……」。
片岡鶴太郎さん、モノマネ芸人の「細かすぎるモノマネ」で笑ったばっかりなので、「片岡鶴太郎」さんが「なにかしでかしそう」なのが楽しみでしかないです。

見ているとお笑い番組じゃないけれど「モノマネ芸人に似ている……?」みたいに感じそう。

第5シーズンの大岡越前では、忠相の息子である求次郎くんが子役で出ていて子供がとってもかわいいのも好きです。

ドラマに子役が出ているとほっこりしますよね。

東山紀之さんはジャニーズ事務所所属で少年隊。

私が子供の頃はアイドルとして活躍していました。

その人が立派な「時代劇俳優」になっているのも驚きですが、正統派二枚目なので裁判所での語りもかっこよく見えます。

立派な時代劇俳優さんになったと感じます。

 

まとめ

東山紀之さんが主演をつとめるBS時代劇「大岡越前5」の「頑固くらべ茶碗騒動」が1月10日の20時から放送されます。

東山紀之さんは、昔から時代劇のイメージが強くて、私の中では光源氏を演じられた姿が忘れられません。

この世の人とは思えぬ美しいお姿に、感動すら覚えたのですがカツラがこんなに似合い時代劇がにあう人は他にはいないと思っています。

そんな東山紀之さんの他に、出演者は寺脇康文さん、近藤芳正さん、片岡鶴太郎さんや柄本時生さんなど豪華な顔ぶれです。

他にも金山一彦さんや石井正則さん、山崎裕太さんなど本当にたくさんの俳優さんたちが出演されています。

今回の物語は、仏像の中から大金が出て来たことで大騒ぎになるようです。

その金を元の持ち主の浪人に返そうとするのですが、受け取らず困ってしまいますが、その浪人の過去が明らかとなることでひと騒動起こります。

南町奉行の大岡忠相を演じる東山紀之さんが凛としてシュッとした顔が素敵です。

東山紀之さんからなら、お裁きをうけてもいいくらいです。

気になるのは浪人の過去ですが、いったい何をしでかしたのか?

最近ではすっかり時代劇が減ってしまい寂しいですが、「大岡越前5」を子供とみて楽しみたいです。
 
久々の時代劇です。昔は時代劇が週に何本も放送されていたので懐かしくも思えます。

大岡越前と言えば加藤剛さんですが亡くなられてしまったので、今回は東山さんが演じます。

時代劇は歴史がわかるだけでなく、所作や立ち回りなど身に着けることが難しいので、出来るようになると必然的に一流の役者とみなされます。

是非とも今後も続けていただきたいものです。

さて今回は南部藩に追放した人間を巡るお話です。

昔から何かをしでかすと地方に追放するという風習があり、今に始まったことではありません。

その人物を探していると、大岡家から大金が見つかり、所有者に返そうとする、というとんでもないことが起こります。

所有者は追放されて南部藩に飛ばされた浪人だった、そんなにうまくいくストーリーがあるのかな、とも思いましたが、どうもこの浪人にはそれなりの言い分や過去があるようです。一体どんな人物なのでしょうか。

片岡鶴太郎さんが演じるということで円熟味を帯びた演技が期待できることでしょう。結構重鎮も出演し、重みのあるドラマとなっているようなので、期待できます。

時代劇にあまりなじみのない方々にも見ていただきたいと思っております。

日本の文化も味わっていただきたいです。

私は大岡越前が高校生のときから好きで親の影響でよく見ていました。

今回は東山紀之さんが出るということで東山さんの着物姿を見ることができてニヤニヤして楽しみにしているところと、やっぱりこのかた片岡鶴太郎さんの役者ぶりを拝見できるというところがとても楽しみで待ち遠しいです。

そして坪から大金が出てくるという今それが私の家でおこったら絶対に貯金するだろうなと思うようなことが起こっているのでそこも見所だなと思っています。

あと、女性役のお妙さんも活躍するのでお妙さんの着物姿をよく見て私も上手に着物が着こなせるようになりたいなと思いながら楽しみにしているところです。

大岡越前は結構見いってしまうというか、見ていて楽しいので録画してみたりもしています。

私は東山紀之さんと片岡鶴太郎さん目当てで見てしまうというのもあるのですが今回はないようにも注目しながら推理を解くように見ることができたらいいなと思っています。

結構コナンみたいに推理できるところが魅力的なところだと思っています。

なかなか時間がとりづらいのですがなんとか頑張って見ようと思っています。

片岡鶴太郎さんのどうして坪を受け取らないのかというところが見所だと思っています。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大岡越前5/見逃し配信無料視聴