アニメ

地縛少年 花子くん アニメ/動画/3話2話が無料視聴!見逃し配信再放送

地縛少年 花子くん アニメ/動画3話/2話が無料視聴!見逃し配信再放送
 

2020年1月9日25時59分からTBSテレビで『地縛少年花子くん』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話
 

地縛少年花子くん /番組内容

 

月刊「Gファンタジー」連載中の人気作がアニメ化!願いを叶えてもらうためトイレの花子さんを呼び出す八尋寧々。しかし、現れたのは男の子の幽霊“花子くん”だった。.

番組内容

ねえ、知ってる?この学園に伝わる一番有名な七不思議の噂。 旧校舎3階女子トイレ3番目には花子さんがいて、呼び出した人の願いをなんでも叶えてくれるんだって。 呼び出し方はノックを3回。 それからー 「花子さん、花子さん、いらっしゃいますか?」 「はーあーい……」 自分の願いを叶えてもらうため、花子さんを呼び出した少女の八尋寧々。 しかし、彼女の前に現れたのは男の子の幽霊“花子くん”だった。 第二の怪「ようせいさん」

 

地縛少年花子くん キャスト

 

花子くん:緒方恵美  八尋寧々:鬼頭明里  源 光:千葉翔也  源 輝:内田雄馬  赤根葵:佐藤未奈子 七峰桜:安済知佳  日向夏彦:水島大宙 ほか

 

音楽

 

OPテーマ 「No.7」 歌:地縛少年バンド(生田鷹司×オーイシマサヨシ×ZiNG)

EDテーマ 「Tiny Light」 歌:鬼頭明里

 

地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話ストーリー性

 
あいだいろ先生原作の「自縛少年花子くん」って、月刊「Gファンタジー」に連載中のコメディマンガですよね。

アニメ化されると知り、楽しみにしていました。

都市伝説である「トイレの花子さん」は、誰もが知っていると思いますが、この作品に出てくるのは「花子さん」ではなくて「花子くん」という男の子の幽霊です。

そして、「花子くん」はなかなかのイケメンです。

オカルト好きの八尋寧々は、かもめ学園内で噂になっている、旧校舎三階にある女子トイレに、呼び出した人の願いを叶えてくれるという「花子さん」を呼び出そうとします。

しかし、なぜか出てきたのは男の子の幽霊「花子くん」でした。

そんな出会いから、八尋寧々は「花子くん」の助手になりますが、その日から毎日のようにトイレ掃除ばかりさせられます。

うーん、いくら助手でもちょっとイヤですよね。

寧々が「花子くん」に不審感を募らせていくのは当然のことだと思います。

この二人の関係もなんだか面白いです。助手の寧々は、この先どうなっていくのでしょうか。

気になるところです。

そんなある日、学園で物がなくなる事件が多発します

どうやら、噂の「ようせいさん」の仕業のようです。「ようせいさん」って、何者でしょうか。
 

地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話みどころ

 
 基本的には学校の怪談モノの設定を踏襲しながらも、花子さんを大正時代的な学生服を着た男の子とした点に、独自性がありそうです。

 この作品についてまず第一に期待できそうな点は、その作画です。

線の描き方がより手書きに近いような質感で、ノスタルジーを醸し出すような独特の感覚があります。

最近のアニメはデジタル技術の進歩によって昔よりも表現の幅が増し、逆にこのような温かみのある作画も可能になりました。

このような表現の技法が、作品世界を演出するのにどのように効果的に使用されるのか見てみたいと思わせます。

 また、ストーリーの面でも、この基本設定からは毎話怪異にまつわる事件を解決していくか、それとも王道のバトルものになるかの二つの方向性が考えられそうです。

しかし、作品全体に流れる独特の懐古趣味な空気感というものがあり、巷にありふれた類似の作品とはまた一味違った世界観を描き出してくれそうです。

 近年のアニメはありとあらゆる趣向を凝らした作品が無数に乱立しています。

しかもそのどれもが完成度が高く、市場としては爛熟期にあると言っても良いでしょう。

そのような個性的な作品の一角として、この作品もまた新たに良作の一つに加えられるような予感がします。

 

地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話視聴者評価

 
かの有名なトイレの花子さんを、『自縛少年花子くん』と銘打ったあたり推せると感じました。

古びた校舎のトイレにいるとされる「トイレの花子さん」は地縛霊と言われているゆえ、「自縛少年」とは、かなりユーモアに富んだネーミングです。

しかも、八尋寧々が願いを叶えるために「女子トイレ」で呼び出したのは、少年花子くんです。

別に花子くんという男性がいるとかいないは問題ではありませんが、とりあえず笑いのポイント、つかみは最高だと思います。

このアニメは、ホラーを主題としつつコメディタッチで、設定としては似通った作品があるのは否めません。

しかし特徴的なのは、主人公花子くんと寧々が助手になるという主従関係というのは、メジャー作品ではかつてなかったように感じます。

学園七不思議、そこに現れる気持ち悪い霊たち、かなりありがちで飽きるかもという先入観がありましたが、作品を見て「面白い」に変わりました。

絵のタッチやBGM・効果音がホラーチックながらコメディ的で、怖いと言うより笑える要素が強いからだと思います。

少しばかり感動するシーンもあるようで、話が進むにつれてそのあたりも楽しみです。

 

まとめ

 

日本の文化のひとつでもあるアニメですが、テレビ放送が始まった頃からのものであり伝統があります。

漫画家だけでなくアニメーターという新たな職業も生まれました。

日本のアニメはとても細かいところまで作り込まれおり、映像としてもとてもクオリティーの高いものであると共にストーリーも年齢やジャンル問わず様々なものがあるのが特徴だと思います。

最近ではアニメにご当地を舞台とし地域貢献にも繋げ、日本の良さを改めて伝え観光にも影響を与えているひとつの日本を宣伝するメディアであることは他の国よりも誇れる点です。

職人と呼ばれる繊細なタッチを描くアニメーターの方々と作品の世界観にあうご当地の場所を組み合わせる技術は日本のアニメ界における武器であり特徴であると感じています。

日本のアニメは多様なテーマで描かれているので、日本独自の文化やしきたり、日本語の勉強にもなるので外国の方の参考にしやすく、日本に興味を持ってもらうきっかけとなる面はとても誇れる点であると思います。

日本と言えばアニメと言われることも多いように、今後も日本人のもつ職人気質と繊細なイラスト技術は世界に認められた伝統となっていくと思います。

アニメ作品30分の中にでも作画悪くなってる箇所の少なさやキャラクターの一人一人の動きのスムーズさなど一人のキャラクターを30分間動かす中で、何人ものアニメーターを使っている想像出来ませんでした。

主人公を始めとしてキャラクターデザインを考える人、構成、カラー、動き。

その動きも昔は一つ一つ。

手の指の動き、目線の動きまで事細かく描かれていたことを見て自分が見てる作品はここまでのたくさんの人が携わっていることを知ることが出来ました。

と同時に日本のアニメは原作の良さもそうですが、それだけ一つの動作にもこだわっている職人だと言うことですね。

この技術は日本の宝であると思いますし、海外の人がこれだけ日本のアニメを好きでいてくれるのはこのような職人の本気に感動してアニメにハマってくれているのだと思うと感慨深いです。

 
地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話bilibili、b9pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」
アニポ、anitube、kissanime、bilibili、b9などでないときは

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

地縛少年 花子くん アニメ/動画/2話