NHK

スカーレット 動画/101話1月31日(101回)100話/1月30日Pandora/youtube朝ドラ/無料視聴見逃し配信木曜日/再放送

スカーレット 動画/100話Pandora/youtube/1月30日朝ドラ/無料視聴見逃し配信木曜日/再放送

下記で連続テレビ小説 スカーレット連続テレビ小説 スカーレット(100話)「涙のち晴れ」pandora/youtubeで、テレビ本編がみれない時は

初回~全話(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ100話動画1月30日
 

スカーレット/動画100話/1月30日/Youtube /あらすじ

 

八郎(松下洸平)の反対を押し切り喜美子(戸田恵梨香)は三回目の窯焚きの準備を始める。家を出る八郎(松下洸平)。事態を知った照子(大島優子)が喜美子を叱りつけ…

番組内容
八郎(松下洸平)の反対を押し切って、喜美子(戸田恵梨香)は三回目の窯焚(た)きの準備を始める。あきれた八郎は武志を連れて家を出る。照子(大島優子)が押しかけ、喜美子を叱りつけるも、炎にひかれた喜美子の意志は変わらない。見守るマツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)の気持ちも複雑。喜美子は二回の失敗を踏まえ修正点を見いだしどうにか窯焚きにこぎ着ける。だが二週間後、三度失敗。ショックを隠せない喜美子は…

 

スカーレット/100話動画/1月30日 キャスト

 

戸田恵梨香,富田靖子,大島優子,松下洸平,福田麻由子,水野美紀,

 

スカーレット100話動画の1月30日ネタバレ感想

 

念願かなって

空気はかなり緊迫していった、ラストが怒濤の99話。
だけど百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)がやっと、ここにきてやっとこ結婚することを川原家にきて伝えることができましたね。
桶の中に長かった~!と叫ぶ信作が笑える。でも何度も断念してきて、本当に長かったですからね。良かったね。

百合子が穴窯失敗して落ち込んでいる時に辞めようかとも言い出したけど、役割の話を始める信作。

喜美子(戸田恵梨香)にとって信作の役割を聞かれた百合子が、笑われることとこたえてました。

百合子、昔からよく2人のことみてきてたんだよね。落ち込んでる喜美子を笑わせられるのが信作でもあるのかも。

気もまぎれそうですもんね。あきれられること、アホやなって思われることなんて。

でもそこまで言った百合子に、お~いってコツンてやるふりする信作。そんなやりとりが面白いし可愛いです。しかもそのすぐ後には、ようわかってるやんけっていってナデナデ。百合子も信作もニコってしてて可愛いなぁ。

信作、本当に百合子が可愛いんだなぁ。
百合子も信作を好きになってくれて嬉しい。

結婚の挨拶、たぶん二人で打ち合わせたりなんなら練習もしたかもしれないけどもうグッダグダ。信作らしくてみてても可笑しくなってきちゃいますよね。

その後に喜美子が泣き出したところでも、わからへんそうですと伝えてて笑えましたし。
信作出てくると、場の空気がこうなるからホッとしました。

最後に戻ってきて喧嘩してないか確認してきたと思ったら、次は紅白の予想。しかも百合子にも紅って言われてて去っていくとか。

結婚の挨拶はまた日を改めなくて良かった。まさか喜美子と八郎(松下洸平)があんなことになるとは思わないもんね。

スカーレット動画100話1月30日 ネタバレ

 
最近の「スカーレット」は、喜美子と八さんの仲が気になって仕方ないところでした。ふたりには仲良くしていて欲しいので、なんとなく気持ちが離れたり、小さな衝突を起こす二人の様子を、ほんとうにはらはらして観ていました。

そして、とうとう喜美子と八さんが決定的にぶつかり、八さんが子どもを連れて出ていってしまいました…。悲しいです。

喜美子は、芸術家として、妻として母として、そして働く女性として、とても一生懸命でまっすぐなところが魅力的です。

でもそのまっすぐなところ、陶芸への気持ちの強さが、時には周囲とぶつかってしまったり、孤立してしまう原因になるのかもしれません。

そんな喜美子に、優しくて穏やかな旦那さんはぴったりだと思います。

出ていってしまったようですが、これからの展開で戻ってきてほしいです。

夫婦なかよく、家族なかよくしていく中で、笑っている喜美子の表情がまた見られることを期待しています。

そのためにはまず、喜美子が陶芸で納得のできる作品を作ることが大切なのかもしれません。

個人的には、穴窯や陶芸よりも、喜美子夫妻の関係の方が気になってしまいますが、これからも喜美ちゃんを応援しつつ、幸せな展開を願いながら観ていきたいと思います。
 

スカーレット100話動画出演者キャストまとめ

 
1月29日水曜日の放送では最初は昨日の不穏な場面が全くなかったので、拍子抜けしたのですが、その後は割と落ち着いてみていられました。

その落ち着いてみていられた場面は他の兄弟たちが結婚する挨拶などでしたが、関西人の設定からなのか、それとも関西人とは関係ないのか知らんけど、挨拶が芝居臭くて、その挙句にとちってしまったので、だったら最初から芝居臭いのなんかやるなよといった感じでした。

そのカップルが消えた後に、主人公夫婦がミカンの剥き方の方向を知らなかったとか言っていましたが、昨日の不穏な場面がそのまま消えるとは思わなかったので、いつかその問題は出てくるだろうと思っていたら後半あたりになって、その問題が再発したので、やはり来たかという印象でした。

結局お互いがそれぞれの主張を変えることができずに関係が悪化していく一方で、また昨日のようにイラつくのかと思っていたら、旦那のほうが子供を連れて出ていくと宣言して出て行ったのには驚きました。

その際に出て行ったと言っていた女性ナレーターの声を聴いて、まるで30年か40年ほど前のドラマみたいな印象を感じました。

そしてあきらめきれない主人公は山から細切れの木材などを拾い集めている様子が最後に描かれていましたが、そんな細切れの木材などで果たしてうまく燃焼してくれるのかなとも思っていたりしました。
 

総評

 

喜美子が2度目の穴窯をやろうとしたときの八郎が反対していたのを見て、私もそうだなぁと思いました。今でも15万円は大金なのに、当時で考えると本当に大変な金額だと思います。さらに薪を増やすのに25万円なんてもし私が夫から言われたら確実に反対します。

確実に成功するかも分からないことに投資するというのはなかなかできません。

しかも、成功したとしても無名の喜美子の作品が売れるか分からない未知の世界で許すはずがありません。私も八郎の意見に賛成で金賞を取ってから確実にやった方が絶対これからの生活においても安定できていいと思います。

男で生まれてきた方が良かったって言っていましたが、いやいや、まず女性初の金賞で名前を出してからだったら、男も女も関係なくないですか。たけしのお金にも手を出すなんて、本当にあり得ません。

子どものために貯めてきたお金を親の夢で使うなんて絶対にしてはいけないことだと思います。

もっと喜美子は親としての責任と八郎との生活のことを考えていくべきです。

独身で子どもも居ない生活でしたら、どんなに夢を追いかけても良いと思いますが、1人ではなく、家族のために今どうするべきかしっかり考えなければいけないと思いました。

 
喜美子の穴窯にかける情熱が凄く伝わりました。

しかし、やはりそう簡単に上手くいくわけでもなく失敗してしまいます。

めげるわけでもなく、勉強をし直してどんどん先に進もうとする喜美子は偉いと思います。

しかし、全ての貯金を使ってまで進もうとするのには大丈夫かな?と思わざるを得ませんでした。

理論では分かっていても、やはり上手くいく保証はない訳だから、息子の為に積み立てたお金も穴窯に使うというのはやり過ぎだと思いました。

八郎もそう思っているみたいなので、一度冷静になって考え直して欲しいと思います。

そして、女だから陶芸家として認められないというこの時代の風潮に凄く疑問を感じました。

才能があれば男も女も関係ないと思うのに、厳しい時代だったんだな~と思いました。

穴窯にいくらお金をかけたところで、売り物にならなければ赤字になるばかりだし、まずは金賞を目指してから、という八郎の言葉に納得しました。

しかし、喜美子は作品を売る為に金賞をとるという考えにどうも納得がいかないようで、ここでも亀裂が生まれてしまいます。

とことん、喜美子は天才肌なのだなと感じました。

喜美子を応援してあげたいけれど、今は八郎の言うように現実を見て行動した方がいいと思いました。

スカーレット/ドラマ/100話 動画1月30日 1/30 pandora 100話、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は
下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレットドラマ100話 動画1月30日