バラエティtv

麒麟がくる|3話の動画第3話(2月2日放送分)再放送前に見逃し配信で見る方法

麒麟がくる|3話の動画第3話(2月2日放送分)再放送前に見逃し配信で見る方法

2月2日放送分の麒麟が来るの再放送は来週放送の直前に司会見えません

これでは再放送を見逃したり、テレビ放送後にすぐに見たいケースに困ります

麒麟がくる|3話の動画第3話をいち早く見るには

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

麒麟が来る3話動画/川口春奈/無料視聴フル
 

麒麟がくる(動画3話/川口春奈/ /番組内容

 

加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷明智の荘へ向かう。その胸には戦のあと、父道三(本木雅弘)に毒殺された夫頼純への悲しみがあった。

番組内容
加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷・明智の荘のもとに戻った光秀に会いに、馬を走らせる。その胸には戦のあと、織田方に通じたことを父道三に見破られ、毒殺された夫頼純(矢野聖人)への深い悲しみがあったのだ…

 

麒麟がくる キャスト

 

長谷川博己,本木雅弘,門脇麦,岡村隆史,石川さゆり,尾美としのり,川口春奈,伊藤英明,南果歩,片岡愛之助,高橋克典,

語り
市川海老蔵

 

ここからは、見てない方へのお話になるので

これまでのストーリーについて書きます

麒麟が来る3話動画までのストーリー

織田軍との戦いにも無事に勝利して、美濃に穏やかな日々が戻るのかと思いきや、いや、いや、戦国の世はそんなに甘くありません。ということで、前回のラストで、本木雅弘さん演じる美形の斎藤道三が、主君であり娘濃姫の夫でもある土岐頼武を毒殺してしまいました。さすが、マムシの道三です。邪魔者は消すということでしょう。邪魔な主君を殺して、道三の次なる企みが気になります。今後のストーリー展開から、目が離せなくなって来ました。政略結婚とは言え、濃姫は夫を亡くした若き未亡人となってしまいました。川口春菜さんの濃姫は、かわいらしいですよね。やさしそうな雰囲気が伝わってきます。濃姫といえば、織田信長と夫婦仲が悪くて、道三の娘らしい気が強い女性というイメージがありますが、川口春菜さんの濃姫は真逆ですよね。どちらが本当なのでしょうか。沢尻エリカさんだっら、イメージどおりの美しくて、気の強い、意地悪そうな濃姫になった気がします。濃姫にとっては、川口春菜さんに演じてもらってラッキーだったかもしれませんね。今回も、斎藤道三の悪巧みが炸裂しそうで、期待しています。そんな道三に仕える若き明智光秀が、気にかかります。放送がとても楽しみです。

視聴者評価

毎週楽しみに視聴しています。すでに「麒麟がくる」の魅力にハマっています!特に本木雅弘さん演じる斎藤道三に魅せられています。斎藤道三さんの癖のある性格が詳しく描かれていてなかなか面白いです。長谷川博己さんが道三の悪口をいうシーンにはクスッと笑ってしまいました。明智光秀の知的な役は長谷川博己さんにピッタリだなぁと思います。のちに謀反を起こす繊細で緻密な性格が今から垣間見れる感じが長谷川さんから伝わってくるのですでに光秀になりきっているなと思いました。架空の人物ですが医師の望月と助手の駒がとても良い味を出していますね。これからずっと光秀と共に人生を歩んでいくのでしょうか。二人はきっと光秀の心の支えになるのでしょうね。駒役の門脇麦さんはとても存在感がありますね。決して派手な感じではないのですがとても印象の残る女優さんです。演技力がしっかりとある方だからだと思います。堺正章さんはバラエティの印象の強い方ですが昔は沢山のヒットドラマに出演された方なのでやはり存在感がすごいですね。演技は久しぶりに見るので今回とても楽しみにしていました!戦乱の世の中を光秀がどう生き抜いていくのか!どんな風に描かれていくのか今後も目が離せません!

麒麟が来る3話の評価まとめ

正直、戦国時代が苦手で知識は少ないのですが、第二話から徐々に面白くなってきており、第三話を楽しみにしています。明智光秀というと、本能寺の変で主君である織田信長を裏切り自害させ天下を取り、後に秀吉に失脚させられた人というイメージしかありませんでした。そのため謀反者、悪者という偏ったイメージでした。しかし戦について悩んでいたり、虚しそうだったりととても人間味があり、また頭が良く繊細な人物だったのかもしれないと思い始めています。光秀がどういった人物なのかということや、光秀の視点から見た戦国の世について、これからどのように描かれるのか楽しみにしています。また室町幕府が衰退し、各国の実力者たちの覇権争いが凄まじかったことがとてもわかりやすいです。特に斎藤道三の策略家ぶりがすごいです。美濃の実権を握っていたというのもうなずけます。帰蝶については織田信長の側室であることしか知らなかったのですが、道三に駒のようにいろいろな家に嫁がされるのが不憫に思えました。戦国時代という内乱の時代に、おそらく誰もが平和な世の中を求めており、武将たちが力でもって国を治めようとする死に物狂いのその猛々しさは現代社会に足りないような物のような気もしています。
NHKで放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』の第3話「美濃の国」。
前回の第2話では、隣国尾張からの織田信秀が率いる大軍勢の美濃への侵攻と、それを稲葉山城で迎え撃ち鮮やかに撃退した斉藤道三の戦いが描かれました。いわゆる加納口の戦いあるいは井ノ口の戦いと呼ばれているものです。
更に斉藤道三の娘婿で主君でもある守護土岐頼純の毒殺劇もありました。
今回は、その後の斉藤家の内情を中心に描かれるようですね。
斉藤道三の娘で、主人公の明智光秀の従妹に当たる帰蝶が、父斉藤道三の手で夫を失ってしまい、母の小見の方の故郷である明智荘へ向かうようです。帰蝶が、明智光秀に対して何を語るのかが見どころですね。
また斉藤道三の側室である深芳野と、その深芳野が産んだ長男である斎藤高政たちの関係性も描かれる模様。
深芳野は元々、斉藤道三の主君であった土岐氏の愛妾だったという過去を持っており、斉藤高政が自身の出生に対して疑惑を抱いているようですね。
既に2話までで、斉藤道三との父子関係がぎくしゃくしている様子が描かれていましたが、今後この亀裂がより広がってゆくのだと思います。また、そこに明智光秀がどう関わってゆくのかが興味深いですね。
少なくとも斉藤高政と明智光秀の関係は悪くなさそうに見えましたから。3話ではどのように描かれるか楽しみです

第2話の感想やネタバレ

ついに織田軍との戦い、ということで1週間楽しみにしていました。本木さん演じるマムシこと、斎藤道三。本木さんの迫力のある演技が素晴らしかったです。特に岐阜市民としては金華山のCGがリアルでいつも見ている景色がそのまま戦国時代にタイムスリップしたようでワクワクしました。道三の言葉「戦は数ではない」。こちらが退却して気を許しているように見せ、敵方のスパイが侵入していることも頭においた上で、全員で仕掛けた“道三の罠”により、見事に織田軍が油断していいた所を奇襲。「数ではなく策で勝つ」という道三の軍師っぷりがうかがえて、とてもかっこ良かったです。それこそ、静かに確実に忍び寄り急所に噛みつく、まさにマムシの戦だと思いました。最後のシーンで、道三が茶を振る舞う所作がやはり美しく、また娘婿を毒殺するシーンでは物凄い気迫を感じました。少し残念に思えたのは、物語中盤で明智光秀の伯父にソックリな敵の小大将を討ち取るシーン。演じられていた方が全く同じ俳優さんだったので、ソックリさんだったのか、はたまた伯父さんが実は裏切っていて織田方についていたのかわかりづらく、少し困惑してしまいました。後のシーンでどういった意図だったのかは明確になったので良かったのですが、せめて最初は同じ俳優さん、光秀の顔を映した後、切り替わったところで似ている俳優さんに変わっていれば、意味がわかり易かったのかなとも思いました。。

旅から帰った矢先に織田信秀との戦になり、斎藤道三から旅の費用の肩代わりした代償として、侍大将の首を取って来いと言われる明智十兵衛。
鉄砲も手に入れ、医者も連れてこさせ、ただでは豪胆さ、わざと籠城して織田の軍勢の注意を削ぎ、一気に攻めかかり、美濃の山城を守った知略に感服しました。
織田と足利の謀略も見抜き、マムシの道三と言われた名将の頭角をドラマの中で表してきました。
織田と土岐が縁が深いという道三の言葉に今後の光秀として織田家に仕える流れが見えてきた気がしました。
十兵衛は侍大将の首を取る時に、叔父の顔によく似た侍大将だったため、ためらったと言いました。
戦で人の首を取ることが武士の本懐、誉であるのかと自問自答するような男がなぜ本能寺の変のような謀反に至ったのか、斎藤道三に不満を感じることが本能寺の変への伏線なのか、端々に疑問を感じます。
一話で麒麟はどこにもいない等、市井の人々が困窮したり、戦に巻き込まれたりする姿を見て、穏やかな国を誰かが作らなければならないと言っていました。
心優しく実直で、思慮深く、ただ一時の感情に流されることはないだけにこれからの展開が気になります。
そしてどのように桶狭間の戦いに向かうのかが楽しみです。