NHK

スカーレット106話(動画) 106話/2月6日/伊藤健太郎106回(2/6)20200206見逃した方へ無料再放送配信/第18週/

スカーレット106話(動画) 106話/2月6日/伊藤健太郎106回(2/6)20200206見逃した方へ無料再放送配信/第18週/

スカーレット動画106話/ 2月6日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画106話2月6日
 

スカーレット/動画106話の展開について

 
大阪から戻ると喜美子は息子・武志に八郎との別居について話して聞かせました。

息子と同じくらい八郎を愛していることを知り、武志は安心します。

穴釜に没頭して八郎と言い合いしてしまい別居しているのだが、どちらの家も行き来していいと伝え、息子を強く抱きしめました。

借金をして穴釜を続ける喜美子でしたが、八郎との別居が信楽で噂になり仕事が回って来なくなっています。

窯業研究所の柴田と芸術家ジョージ富士川の会話を思い出し、灰が煙突に抜けないよう通風口を煉瓦で塞ぎ、粘土の配合も変えて試作を重ね、次第に手応えを感じ始めて来たところでお金が尽きました。

そんな時、絵付け小皿の大量注文を受けます。同時に女の弟子が止辞めたことと八郎の別居が同時期だったため噂になっていることを知らされます。同情であっても前金での注文はありがたく、喜美子は仕事を受けました。

一方、八郎も柴田から女の弟子が原因で喜美子と別居したと噂になっていることを聞かされます。柴田は意地を張らず別居を解消するように言いますが、八郎の様子を見て、元に戻らないつもりなら信楽を離れ京都の窯業研究所に移るよう勧めます。

百合子と信作の結婚式の写真に収まるのを躊躇う八郎がどんな決断をするのか、心配でならないサニーの忠信でした。

男社会の陶芸の世界で喜美子が自分らしく生きることが八郎との別れに繋がるのでしょうか?対比的な子供服の内職をして喜美子を見守る母の姿も丁寧に描かれ、女性の生き方に一石を投じています。

スカーレット/動画106話/2月6日youtube/NHK公式あらすじ

 

穴窯での窯焚きを成功させた喜美子(戸田恵梨香)。昭和53年、40歳の喜美子は女性陶芸家の草分けとして活躍。高校2年の武志(伊藤健太郎)に信作(林遣都)が届け物を

番組内容
穴窯での窯焚(た)きを成功させた喜美子(戸田恵梨香)。昭和53年、40歳になった喜美子は女性陶芸家の草分けとして活躍している。喜美子の作品は高値で売れて借金を返済。暮らしはだいぶ豊かになっている。武志(伊藤健太郎)は高校2年になって、そろそろ進路を決める頃ある日マツ(富田靖子)が旅行に出かけ、喜美子が武志と二人で過ごしていると信作(林遣都)がきて喜美子に中身を言わず武志に届けものを渡して去っていく


 

スカーレット/106話動画/2月6日 キャスト

 

戸田恵梨香,伊藤健太郎,富田靖子,林遣都,福田麻由子,

 

スカーレット106話動画の2月6日ネタバレ

 

草間さんとの再会

草間さん(佐藤隆太)が久々に川原家へ。

前に来たのは東京にいる直子(桜庭ななみ)を連れてきてもらった時でしたよね。

最近喜美子(戸田恵梨香)は好きな人達に久々に会えてますね。

マツ(富田靖子)が手紙を書いているようなシーンがあったけど、あれは喜美子のためを思って草間さんに宛てたものだったわけだ。

八郎(松下洸平)はちょうどそこに居合わせたけど、挨拶だけして早々に帰ることに。この別居と夫婦の距離が微妙ですよね。

妻がお世話になってますとか言える立場でもないし、父親だけど自分の家に帰ってくとか。

夫婦の問題だけど、こうするべきだみたいな口出しはきっと草間さんはしない人でしょ。

喜美子としても変に気を使われたりしないで済むのも気楽かもしれませんね。

ただ八郎と草間さんて気が合いそうじゃないかなってイメージがあるからなんとなくもっと早く出会っててほしかったような。

喜美子は草間さんに穴窯のことなどを説明して、今取り組んでいることなども伝えていくんですね。草間さんは人の話をしっかり聞いてくれる人だから、喜美子の話も興味深く真剣に聞いてくれるはず。

慶乃川さん(村上ショージ)の話しもでるかもしれませんね。この穴窯があるのは彼の資料がなければできなかったこと。

草間さんは慶乃川さんの話を聞いて、慶乃川さんも嬉しそうだった。
子供の喜美子にも、作品をけなしたことがどう悪いかをきちんと教えてあげていましたっけね。

喜美子は今ならあの時の慶乃川さんの気持ちがよく分かるでしょうね。

106話の動画伊藤健太郎さんのみどころ

 

タケシ役ということです

ジョージに鼻を押されて「うー!」と可愛らしく笑っていたタケシから、明るく元気の良い少年のタケシ。

今まで可愛らしく画面に存在していたので、その可愛らしさは残して大人になって欲しいです!

あの可愛いタケシがどんな大人になるのやら、、、「クソババア!」とかは絶対言わない男になっていて欲しい!!!

伊藤さんの外見からは少年らしさも感じられるので、期待を裏切らないと信じています。しかし、どうやら難しい役どころになりそうですね。

史実とは違い全てオリジナルと公式は言っていますが、、、これまで割と史実に沿ってきたので、タケシも明るく元気、だけではなくなっていくと思います。

そこをどう表現してくれるのか、演技力抜群の戸田恵梨香さんに引っ張られて良い演技が出てくるといいですね。伊藤さんの他の出演作品を見たことはありませんが、朝ドラに出ているイケメンにはハマりがちなので、完全に外見の判断ですが、青年タケシが素敵な役どころで、伊藤さんの演技も素敵だと好きになりそうです。

ちなみに好きになるとすると竹内涼真以来です。

伊藤さん、私へのときめきを楽しみにしています。

出演開始はもうすぐということなので、可愛らしい少年タケシを心に焼き付けながら伊藤さんをお待ちしています。

 

スカーレット動画106話の2月6日感想

 

 

喜美子は穴窯をやめるどころか続ける決意をしてしまったので、八郎との関係がどうなってしまうのかがとても心配です。

今のところ、喜美子も八郎も離婚するという考えには至ってはいないけど、このままじゃいけないということも理解していると思います。

特に八郎は、京都に来ないかという声までかけられているので、もし行ってしまったらもう関係の修復は難しいだろうなと感じました。

また、せっかく三津が取り返しのつかないことになる前にと喜美子たちの元を去ったのに、八郎と三津が不倫をして出て行ったなんて噂が立っていてショックです。

喜美子の小皿の注文の話も、不倫されて可哀想だからということで注文をしたいということだったし、なんだか悲しかったです。

でも、この注文を喜美子が受けたことにとても驚きました。

いつもの喜美子なら、女の意地とプライドで断りそうなものだけど、快く引き受けたということは、よっぽどお金に困っているし、精神的にも弱ってるんじゃないかなと感じました。

借金してまで穴窯を続けること、八郎との関係にヒビを、武志に寂しい思いをさせてまですることなんだろうかと疑問です。

最後にちらっと草間さんが現れたことにびっくりしました。

もしかして喜美子と八郎の仲を取り持ってくれるかもと楽しみです。
 

スカーレット動画106話までの考察

 

穴窯を続けることで喜美子と八郎の意見が合わず、別居することになりました。

喜美子は火の流れや土の配合などを比較し、理想の焼き色に近づく希望が見えています。

しかし、資金が足りない上に、別居のうわさが広まって仕事がまわってこなくなりました。

答えが見えていない新しいことをやるには、時間もお金もかかるというのは現代社会でも同じですが、結果が出るかどうかわからないものを続けるというのは資金面でもまわりの理解でも苦労するのだと思い知らされました。別居のうわさが三津が弟子を辞めたことと一緒にされるというのも、残酷であり、うわさにはよくあることでもあり、つらくなりました。

一方、大野家では陽子の具合がよくないということで、心配になりました。

百合子と信作の結婚を早く見たいのですが、なかなか進まずもどかしさを感じます。

八郎に研究所での空きがあるという話がきましたが、八郎は信楽を離れてしまうのでしょうか。仕事がこなくなった喜美子に、立花さんが絵付け皿の依頼を持ってきてくれました。

立花さんは喜美子に理解のある人ですが、喜美子の作品を評価しているのはもちろん、女性陶芸家を応援したいという気持ちもあるのだろうと思います。

今回の依頼で資金を得て、今度こそ穴窯を成功させて欲しいです。

 

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ106話 動画2月6日