NHK

スカーレット112話 動画 2月13日/pandora /youtube/無料視聴!(2/13)見逃し配信再放送

スカーレット112話 動画 2月13日pandora /youtube/無料視聴!(2/13)見逃し配信再放送

スカーレット動画112話/ 2月13日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画112話2月13日
 

スカーレット/動画112話/2月13日youtube/NHK公式あらすじ

 

見知らぬ女性アンリ(烏丸せつこ)が喜美子(戸田恵梨香)を訪ねてくる。作品を30万で売ってほしいと頼まれた喜美子だが。一方、ちや子(水野美紀)が市会議員になって…

番組内容
武志(伊藤健太郎)が一人暮らしを始めて、喜美子(戸田恵梨香)はまた一人に。そこに見知らぬ女性・アンリ(烏丸せつこ)がやってくる。勝手に穴窯をのぞくアンリを不審に思い、身構える喜美子。アンリは作品を30万で売ってほしいと願い出る。売るつもりがない喜美子は100万でなければ売らないと吹っかけてみるが後日、アンリが現金を持参して…一方、市議会議員になったちや子(水野美紀)が喜美子の家に一晩泊まることに。


 

スカーレット/112話動画/2月13日 キャスト

 

戸田恵梨香,福田麻由子,伊藤健太郎,水野美紀,烏丸せつこ

 

スカーレット112話動画の2月13日ネタバレ

 
スカーレットは、月日の流れが非常に早いなぁと感じるドラマなのですが、第19週を見ていても、まさに「光陰矢の如し」ということをひしひしと感じています。

一家の花であった、優しくも芯があった母が突然亡くなったことをさらっと描いたことにびっくりしました。

その後、武志が大学を卒業するところまでポンと飛んでいたけれど、その月日を思わせる演出が随所にあって、主人公だけでなく登場人物の心の機微を描く繊細なドラマだなと思います。

ドラマの柱の1人、ハチさんが川原家を訪れた際に、よそよそしさの中に以前のようなため口での話し方も混ざり、夫婦だった二人が距離感を探る感じがお互いの変化と月日の流れを実感させてるんだなぁと感じました。

ハチさんが川原家を去る際、追いかけない喜美子の後ろ姿に、ウルっと来ました。

また、ハチさんの思い、武志とハチさんのたぬきそばの話から、喜美子もハチさんも武志を大切にしてきたことが武志本人に伝わっていて、わが子もこんな風に心が優しい子になってほしい、と武志を見るたびに思わずにいられません。

武志が信楽で陶芸を学ぶ研究所の先生、やんちゃになった照子の息子と、来週以降に色々川原家にかかわってきそうだなぁという新しい展開があり、こちらも楽しみです。

 

スカーレット/動画112話の展開について

 

林遣都の大野信作が良い役だと思います。

最初から、今までの中で常に喜美子に対して重要な役どころだと思います。

喜美子が辛い時の励まし役で照子と二人で素敵な親友やくだと思います。

喜美子が結婚後は特に、八郎との関係上も重要な役でした。

妹の百合子と結婚したことでさらに親密になったとは思うけど、八郎と喜美子が離婚したことによって、たけしと八郎をつなぐキーパーソンになっていると思います。

たけしにとって八郎はやっぱり父親として大切な存在。

それをわかっている新作は八郎の親友でもあるから、たけしとの間も取り持っていて素敵な役どころだと思います。

また、百合子と結婚するときもなかなか喜美子に言い出せなかったところもかわいかったです。

親友だからこそ、言いたかったのだろうけど、言うことが怖かった。

そんな描写もとても良かった。百合子との結婚ができたことはホントにみていて嬉しかったところです。

彼に対して一喜一憂してしまうところもこのドラマの見どころのひとつになるほど重要な役どころなんだと思います。

このドラマの主人公はもちろん喜美子なんだけど、信作の役割もかなり大きなものだと思っています。

これから最終回に向けてたけし、喜美子、八郎との関わり方がとても楽しみにしています。

 

スカーレット動画112話の2月13日感想

 
マツが季節外れのニットを編んでいたのはなんでなんだろうかと不思議だったけど、あの世で夫に見つけてもらうためだったなんて感動でした。

しかも、ニットを完成させたとほぼ同じ時に、あの世へ旅立つなんて、もう心残りなんて何もない良い亡くなり方だなと感じました。

きっと天国で夫婦二人仲良く過ごせると思います。

また、八郎と喜美子が10年以上ぶりに再開したことにはドキドキしました。

だけど、お互いにすごく丁寧語でよそよそしくしゃべっているのがすごく変に感じました。

もうこの二人の関係は終わってしまっていて、その溝はもう埋まることはないんだということをひしひしと感じました。

喜美子が留守番女のことを新しい女だと勘違いしたあの日、留守電にくしゃみがメッセージとして録音されていたのかと笑えました。

しかも、くしゃみだけで八郎は喜美子だと気付いていたのかと嬉しかったです。

喜美子が必死に自分じゃないと焦って否定しているのがおもしろかったです。

ふたりがもう元に戻ることはないんだろうけど、こうして会って話ができたことで少しは気持ちの整理ができたんじゃないかなと思いました。

いよいよ武志も大学を卒業して帰ってきたし、これから親子二人の生活が楽しみです

 

スカーレット動画112話までの考察

 

大学に無事合格した武志は、京都に出発しました。

武志が喜美子に「大学に行かせてくれてありがとう」というシーンには涙が出そうになりました。

武志は喜美子が学校に行きたくても行けなかった過去をおそらく知っていると思うので、自分のやりたいことを後押ししてくれたことに感謝しているのだと思いました。

母・マツが三姉妹のそろった縁側で理想の死に方を話すのに覚悟を決めていましたが、2/11の放送でマツが亡くなったことがわかり、またそれが詳しく描かれなかったのに驚きました。

さらに驚くことに、八郎が喜美子と再会をしました。

八郎は武志と再会したときの様子を喜美子に話しますが、お互いに他人行儀でとてもつらかったです。

留守番電話に喜美子のくしゃみが録音されていたことに触れた八郎に、一瞬だけ空気がゆるみましたが、去っていく八郎を見つめる喜美子の表情がなんとも言えず、見とれてしまうものでした。

八郎に対する愛情を思い出したのか、武志を支えてくれた感謝なのか、それとも我を通したことに対する謝罪なのか、いろんな感情を含んだ表情で、そんな表現ができる戸田さんの演技力を改めてすごいと思いました。

武志は、大学を卒業し信楽に戻ってきましたが、今後の進路がどうなるのか気になります。

総括

 
信楽焼を一生懸命作る主人公役に戸田恵梨香がとても合ってると思います。

戸田恵梨香は派手じゃなく、元気で清楚で可愛い女性なので、主人公のイメージにピッタリです。

福田麻由子も久しぶりに見た気がします。

子役で活躍して、その後何をしてるのかと気になっていたので、今も女優を続けていて良かったです。

福田麻由子の演技は自然体でけっこう好きなので、これからもどんどん活躍してって欲しいですね。

大島優子はAKB独立後、初めて女優として成功したアイドルとして名を馳せてますね。

遂に朝ドラに出るまでになったかと思うとなんだか感慨深いものがあります。

元アイドルということもあり、お嬢様役にもピッタリですね。

今回舞台は滋賀ということで、観光大使の西川貴教も出演が決定しました。

初の朝ドラ出演にドキドキの様子ですが、世界的な芸術家という風変わりな役なので、楽しんで演じてもらいたいですね。

西川貴教が出ると、ストーリーに味が出るので実はけっこう楽しみにしています。

川原喜美子を取り巻く環境が新しくなり、これからどんな風にストーリーが展開していくのかワクワクしています。

新しいメンバーも加わった新しいスカーレットも楽しんで応援していきたいです。

 
スカーレット/動画/112話/2月13日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない

ので

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ112話 動画2月13日