ドラマ

捨ててよ安達さん 動画 1話/ドラマ/配信/パラビ配信ドラマ(無料視聴)安達祐実/テレビ東京まとめ

捨ててよ安達さん/動画/1話/ドラマ/配信/パラビ配信ドラマ(無料視聴)安達祐実/テレビ東京まとめ

捨ててよ、安達さんですがパラビなどで配信されます

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

捨ててよ安達さん/1話動画1話

 

捨ててよ安達さん/配信/再放送/放送地域/1話パラビ配信ドラマ(無料視聴)

捨ててよ安達さん/動画/第1話あらすじ

テレビ東京
ドラマ25 捨ててよ、安達さん。

4月17日(金) 深夜0時52分スタート

安達祐実が芸歴36年目にして
最初で最後の安達祐実役!
10年ぶりに地上波連続ドラマの主演に決定!

主人公「安達さん」を演じるのは、安達祐実本人。安達さんが女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた “完パケDVD” を始め、様々な“捨てられないモノ” を捨てていきます。
各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開。

ある日、安達さん(安達祐実)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”

という連載企画の相談を持ちかけられる。

その夜、いつものように眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女と「捨てられない
モノ」たちが擬人化して次々に登場し、自分を捨ててほしいとお願いする。
子どもであり母であり妻であり女優である安達祐実のリアルとフィクションが入り混じった、「安達さん」の心を紐解く物語。

放送局
テレビ東京 テレビ大阪 ほか

配信

初回配信日:2020年4月10日スタート 金曜夜11時~

出演
安達祐実
川上凛子 西村晋弥
臼田あさ美 梶原ひかり 片桐はいり 加藤諒 貫地谷しほり
北村匠海 早織 じろう(シソンヌ) 徳永えり 戸塚純貴
松本まりか YOU 渡辺大知 (五十音順)

監督
大九明子 成瀬朋一 林雅貴

脚本
下田悠子 大九明子

捨ててよ安達さん/動画/第1話感想

『捨てよ、安達さん』というタイトルだけで、このドラマの内容が想像できた人はほぼいないと思います。

安達祐実さんが自分自身をドラマの中で演じるなんて、かなり珍しい設定です。安達祐実さんは有名な女優さんですが、年齢不詳な感じも相まって「どこかミステリアス」な雰囲気があります。

「女優の私生活」というだけでも観てみたくなりますが、それが安達祐実さんなら、なおのことです。

38歳にはとても見えない方なので、どんな生活を送っていたらあんなに若く(幼く?)いられるのか、興味津々です。またモノが「自分を捨ててほしい」と訴えかける(夢の中ですが)という内容もあまり思いつかないのではないでしょうか。

むしろ愛着があるモノなら「自分を捨てないで!」という方が多い気がします。

自分はまだ使えるモノを捨てるのに罪悪感があるので、ドラマではどんな理由でモノの方が「自分を捨ててほしい!」と言いだすのかが一番気になっています。

そしてモノが擬人化されることで映像的にも面白そうです。

モノの配役には美形や個性的な男女の俳優さんの名が連なっているので、どの俳優さんがどんなモノを演じるのか、とても楽しみです。

特に片桐はいりさんは何のモノを演じても面白いことになりそうなので、めちゃくちゃ期待しています!

 

この作品は、安達祐実さんが10年ぶりに主演する連続ドラマで、安達さんが演じるのは安達祐実、ご本人です。

彼女の前に、家の中にある捨てて欲しいモノたちが人の姿となって現れるというかなりシュールな設定のフィクションです。

安達さんも本人役というのが初めてのようで、演じる上ではリアルとフィクションの曖昧な部分があり、そこも楽しんでほしいと仰っています。

本人役だけでなくタイトルの題字も彼女が手掛けたもので、作品に対する意気込みが感じられます。そして、捨てて欲しいと安達さんの前に現れるモノには、片桐はいりさんやYOUさんなど超個性派の人が集まりました。

安達さんとの捨てる捨てないの攻防では、相手となる俳優さんたちによって掛け合いのテンポや演出に大きな違いが出て、1テーマで作るオムニバス作品のようにも楽しめそうです。

また、リアルとフィクションが曖昧という意味では、捨てて欲しいモノと安達さんの間にある思い出に実際の話を盛り込むこともでき、他の作品では見られなかった現在の素に近い安達さんが見られるかもしれません。

話の内容は、家に放っておかれたモノを捨てるかどうかという、とても分かりやすく誰でも経験のあるテーマなので、片付けや整理整頓をするような固く考えずに楽しんでください。

 

捨ててよ安達さん/第1話動画/ネタバレ

 

楽しみな所は、安達祐実さんが、本人役でドラマに出演する所です。

物語は、安達祐実さんが、捨てられなかったものを捨ててくというユニークな設定でどんなドラマになるのか楽しみです。

安達祐実さんは、子役の頃から観ていますが、年齢を重ねてもとても若くてかわいらしいですね。
しかも演技も上手なのでこのドラマも本人役をコミカルニ演じてくれそうです。

擬人化したモノが、安達祐実さんに捨ててほしいと夢に出てくるというのが、面白いですね。

モノを演じるのは、豪華俳優という事で物語ごとにどんなゲストが、登場するのかも見どころになりますね。

注目は、片桐はいりさんと加藤諒さんです。

二人とも味のある個性的な俳優なのでどんなモノを演じるのか楽しみです。

松本まりかさんも出演するのも注目です。

いろんなドラマで松本まりかさんを観ていますが、その役柄によってフインキもかえてく所が、すごいです。

声に特徴が、あるのでモノの声を上手く演じそうです。

面白い所は、擬人化したモノ達が、捨ててよ安達さんと呼びかける所です。

それに対して安達祐実さんが、冷静に答えたり熱くなったりする所が、面白いですね。

ユニークな世界観のあるドラマですが、名優達の熱演で面白いドラマになりそうで期待しています。

 

今回のドラマの主演は安達祐実さん。

まずこれがいいですね。

私は安達祐実さんブームの火付け役となった「家なき子」から見ており、「同情するなら金をくれ!」は超流行ったフレーズです。

ですのであの安達祐実さんが主演をするこということで、凄く興味がわきます。

一時的にテレビ等各メディアから遠ざかっていた時期もありますが、最近は主人公の友人・相談役といった形でテレビ業界での露出も増えてきました。

でも主役ってずっと演じてなかったんですよね。

話題性だけでなく実力も伴った安達祐実さんの演技に期待です。

あとドラマの内容も面白そうですね。

安達祐実さんが今まで捨てられなかったものを捨てていくという話なんですが、私自身共感できる出来事が最近ありましたから。

生まれてからずっと暮らしてきた家から引っ越したんですが、その時に思い出の詰まった色々な物を捨てました。

引っ越し先は狭くなるのでもっていけずに捨てたんですけど、この時すごく複雑な心境だったんですよね。

恐らくこのように感じるのは私だけではないはず。

安達祐実さんにしたって、何か思い入れがあるからずっと大事に保存してきたんでしょうし。
どういった気持ちで安達祐実さんは思い出の詰まった品々を捨てていくのか、自分の気持ちと向き合っていくのかに注目して観たいです。

数年前からブームになってる”断捨離”。

これが「捨てよ安達さん」のテーマになってるような気がします。

現在不必要なものでも、思い出の詰まった物や以前お世話になった物ってなかなか捨てられません。

安達さんが捨てられないモノを捨てていくキッカケとなった”自身の大表作の完パケDVD”なんかもその類ですね。

これをキッカケに安達さんはドンドン捨てていくわけですが、その後の展開が面白そう。
なんと擬人化したモノが安達さんの夢の中に出てきて、自分を捨てて欲しいと名乗り出てくるんだそうです。

これって現実にあり得る話ですよね。

大事なものを捨てたことで、他にも捨てるべきものが頭の中に浮かんでくる。

でも思い出の詰まったものだし捨てられない。

そんな自分に踏ん切りをつかせる為、安達さんは無意識にこういう演出をしたのではないかと思います。

大事なものを捨てるという罪悪感を少しでも軽減する為に。

防衛本能が安達さんにそういう夢を見させてるといった感じでしょうか。

ですので、ドラマではあるものの、私や視聴者だけでなくほとんどの人がこういう経験をしてしまう可能性があるわけです。

果たして安達さんは擬人化して出てきたモノとどう向き合うのか。

その結果安達さんんは捨てる事が出来るのか、こういった点が楽しみだなって感じます。

まとめ

 

俳優が本人役でドラマに出るということは珍しくはないと思いますが、大抵そういう場合はゲストとして登場した時とか、ちょい役の場合がほとんどです。

ですが、「捨ててよ、安達さん」では、安達裕美さんが主人公で本人役を演じることが決まったそうです。

このドラマの内容は、モノを1つ捨てる企画の連載を任された安達さんが、擬人化された物と対面して捨てるかどうかの決断をするストーリーのようです。

つまり思い切りギャグ路線のドラマです。

宣伝の動画は何度見ても面白いですね。

普通に生活していて擬人化しているモノが出て来たらびっくりしますよね。

「捨てて」と言っている人が多いようですが、中には「捨てないでー」と泣いている人までいますね。

モノによって早く捨てて欲しいものと、捨てられたくないモノがあるということがわかりました。

私の所有物たちは一体どう思っているんだろうと思いました。

でも物が会話をしてくれたら、捨てる時にちょっと楽になるのでは?とも思ってしまいました。

ギター弾いて唄っている人は一体何の擬人化なのかが気になります。

唄って捨てて欲しいことをアピールするのでしょうかね。

これは面白さが炸裂しているドラマだと思います。

 

子供の頃、安達祐実さんが好きでしたね。

可愛くて本も購入したりしていました。

安達さんは30代なのに10代にも見えるということでも話題になっているのですが、彼女が出演する春ドラマも話題になりそうです。

安達さんは主人公を演じることになりますが、その役が安達祐実という自分の役です。
役はライターの仕事をしている人なのでしょうか。

手放して心地よく暮らす人というテーマで私物を捨てることの連載企画を持ちかけられることから始まるそうです。

そこから物たちが擬人化をして安達さんの目の前に現れるのです。

気になった点は、どうして本人役なのかということです。

本人役じゃなくても充分面白いストーリーだと思います。

恐らくですが、擬人化されているもののなかにはリアルに安達さんと関わりのあるモノも登場するからではないかと思います。

長く芸能活動をしていると、捨てられない思い出の品もたくさんあると思います。

どんなものが出て来るのかが楽しみです。

そして何気に擬人化したモノ役たちも豪華な俳優陣たちが出演されます。

個人的には松本まりかさんが好きなので出演は嬉しいですね。
YOUさんとか深夜ドラマだというのにかなり豪華すぎますし、このドラマはかなり期待出来そうです。

 

捨ててよ安達さん/動画/第1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

捨ててよ安達さん/動画1話(無料視聴)