ドラマ

スカーレット/113話(動画)113話/2月14日金曜日(今日)pandora/youtube/無料視聴見逃し配信再放送

スカーレット(動画) 113話/2月14日金曜日(今日)youtube/無料視聴!(2/14)見逃し配信再放送

スカーレット動画113話/ 2月14日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画113話2月14日
 

スカーレット/動画113話/2月14日youtube/NHK公式あらすじ

 

喜美子(戸田恵梨香)の作品を買いに来たアンリ(烏丸せつこ)は、陶器と会話ができると言い出す。喜美子は奇妙な行動に戸惑いつつも、アンリにひかれていく。実は正体が…

番組内容
喜美子(戸田恵梨香)の作品を買いたいと訪ねてきた謎の女性・アンリ(烏丸せつこ)。売るつもりのない喜美子は法外な値段を伝えて諦めさせようとするも、アンリは現金を持って喜美子の家に通い詰める。食い下がるアンリに対して、喜美子は正直に売るつもりはないと説明。するとアンリは陶器を指でなぞり始め、作品と会話ができると言い出す。喜美子は奇妙なアンリの行動に戸惑いつつも、明るく天真らんまんな態度にひかれていく。


 

スカーレット/113話動画/2月14日 キャスト

 

戸田恵梨香,大島優子,伊藤健太郎,本田大輔,烏丸せつこ,

 

スカーレット113話動画の2月14日ネタバレ

 

八郎さんと再会した時、2人が敬語で喋っていたこと、そしてお互いに気を使っていたことが何か不自然にかんじました。

あんなに愛し合っていて、可愛らしい2人だったのに、あっという間に別れる展開になってしまい残念でした。もっとお互いにぶつかり合えなかったのかなと思いました。

実話では弟子との浮気が大きな理由だったとのことなので、きれいな展開にされているのも少し違和感を感じました。

大島優子が演じる幼馴染とのやりとりはとても自然で、面白いところもあり、見ていて飽きないと感じました。

ただ、幼馴染も姉妹たちもなぜ八郎に対してあんなに優しいのかが疑問です。

お母さんがあっという間に死んでしまっていたのも悲しかったです。

弟子が去ってからは、ストーリーが淡々と進んでいくので、ついていけなくなることが多くなったように思います。

わくわくするような、次が楽しみになるような展開がなくなってしまいました。

しかし、今回の息子が帰って来るシーンはきみこの何とも嬉しそうな表情を見て、心があたたかくなりました。

しかし、2人の友人とのやりとりは、少々わざとらしくそんなに関わりがあったかなと感じました。

これからの展開に期待したいと思います。

 

スカーレット/動画113話の展開について

 

信楽焼の女性陶芸家の草分けで実在の陶芸家である神山清子をモデルとした主人公川原喜美子を演じているのは戸田恵梨香さんですが、その川原喜美子の父親である川原常治を演じているのが北村一輝さんです。

この川原常治という人物、意地っ張りな上にお調子者で、借金を抱えて困窮し、妻と娘らの家族には貧乏な生活を強いることになりました。

その上、苦労をかけまくった娘の喜美子の希望する進路に反対したり、十代田八郎との結婚にも反対するなど、書き出すと本当にろくでもない人物に思えます。

しかしながら、駆け落ちした妻のマツと3人の娘たちをこよなく愛していて、困った人を見捨てておけない人の良さから、どうしても憎めないキャラクターとなっています。

こんな言動だけ見るとひどいのに、憎むことができない愛すべきキャラクターというのは、かなり演じるのが難しいと思います。

普通に発言や行動だけ見ると、視聴者に強い嫌悪感を与えてしまいますからね。

そうした意味で、愛すべき部分も上手く表現しながら演じた北村一輝さんは、俳優としての実力を、この『スカーレット』で遺憾なく発揮できたと言えるでしょう。

『スカーレット』というドラマの魅力の一翼を担った役者さんだと思います

 

スカーレット動画113話の2月14日感想

 

突然喜美子の家にやってきたおばさんは誰なんだと思っていたら、かなりの金持ちでびっくりしました。

喜美子をお弟子さんか、女中かなにかと間違えていたようで、かなり態度がでかいから嫌なやつなのかもと思っていたけど、喜美子が本物の河原喜美子とわかってからはすごく丁寧になってびっくりでした。

本当に河原喜美子の陶芸作品に心を惹かれてやってきたんだなということがよく分かりました。

また、喜美子がはじめて釜焼きを完成させた時の焼き物に目をつけるというところもお目が高いなと思いました。

喜美子が100万なら諦めるだろうと言っていたのはおそらくフラグになるだろうなと思っていたら、やっぱり後日に100万円を持ってきて笑えました。

そこまでしてあの作品が欲しいなんて、喜美子の陶芸作品にはそれほどの価値があるんだなと嬉しかったです。

喜美子が本当に売ることにするのかどうかがとても気になります。

また、ちや子さんが議員さんになったということにもびっくりしました。

とてもぴったりだなと思います。

喜美子はちや子さんのことを昔と変わらないと言ったけど、喜美子も変わっていないと思いました。

人間って年を重ねても本質は変わらないものなんだなと感じました。

 

スカーレット動画113話までの考察

 

武志が出て行き、広い家で食事を一人でとる喜美子の後姿が悲しくて、ちょっと切なくなりました。

また良い人が現れるといいなと思っていると、そこへやってきた謎の年配女性・アンリ。

アンリって名前は何だかハイカラで、本名でしょうか?

派手ないでたちで、いかにもお金もちっぽいですが、そこがまた何だか胡散臭い。

どうか喜美子を罠にかけるような真似はしないでほしいです。

ちや子が、今の地位を捨てて昔に戻れる?と尋ねていましたが、これって何かの伏線でしょうか?

また昔のような貧乏生活に戻ると言うこと?と考えてしまい、怖くて仕方がありません。

それにしてもちや子との2ショットはやっぱりいいです。

昔に戻った感じがして、荒木荘を思い出しました。

雄太郎や大久保さんは出てきたのに、荒木さださんが出てこないのでまた出演があればいいなと思いました。

ちや子さんは市議会議員になられて、本当にとどまるところを知らないすごい女性です。

喜美子も負けじと頑張ってしますが、二人は本当にすごい女性だとつくづく思いました。

アンリは100万円で非売品の作品をかいたいといいだし、これには喜美子もどうするつもりなのか?と次回も見逃せません。

「スカーレット」があともう少しで終わってしまいますが、最後までしっかり喜美子の人生を見守りたいです。

 

総括

 

武志が独り暮らしをはじめて、喜美子はまたひとりになってしまいました。

少し寂しくもありますが、武志の経済観念はしっかり喜美子譲りです。

ちや子さんは市議会議員に当選、喜美子のところに泊まりに来てくれ、沢山話をしました。

ちや子さんは喜美子に新しい風や気力を運んでくれる人。

彼女がいたから、選挙にも興味が持てて行けるようになったと話す百合子と喜美子。

女性の進出が目覚ましい時代背景が読み取れます。

そんな中、喜美子の家に謎の女性が訪れます。

彼女は最初、喜美子を見ても「陶芸家・川原喜美子」とはわからずに不遜な態度。

「昔は自分の実家の今井と言えば戦前は有名だったし、私は神戸に嫁に行く前は、ミス琵琶湖だった」とまで言う謎の女性。アンリという名前のようです。

しかし喜美子が作家と認識するやいなや、態度が変わって「喜美子の作品を欲しい」と言ってきます。

彼女はどうみても「作品を愛して」いるタイプではなさそう。

「売り物ではない」という喜美子にしつこいアンリ。

あまりのしつこさに「100万」と言い返したら、後日本当に100万円を持ってきたアンリ。

元々自分の作品に高値を付けるという概念がない喜美子は100万円にも、その女性にも驚き目を丸くしました。

お金の価値が喜美子と、ここまでかけ離れている人間は今まで見たことが無かったでしょうしね。

彼女はいったい何者で喜美子の陶芸に、どう関係してくるのでしょうか。

あんまり「良い人」には見えないですけれど。

 
スカーレット/動画/113話/2月14日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない

ので

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ113話 動画2月14日